【薬剤師のダブルワーク】正社員と掛け持ちOK?パートと派遣どっち?
q

ダブルワークしたい薬剤師

もっとお金が欲しいので正社員と掛け持ちで働きたいと考えています。

薬剤師はダブルワーク可能でしょうか?

ダブルワークをするときの注意点を教えてください。

  • 休みの日は暇なのでもう少し稼ぎたい
  • 奨学金の返済があるのでもっと稼ぎたい
  • 経験を積みたいので他の薬局でも働いてみたい

あなたもこのようなことを考えたことはありませんか?

実は、ダブルワークをしている薬剤師は結構います。

pharma

言わないだけであなたの周りにもダブルワークをしている薬剤師がいるかもしれませんよ。

本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)

Instagramのフォローもお願いします!
ストーリーズでは内容の濃い情報を発信中≫ ファマディー

全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
【私が薬剤師採用のために連絡を取っている≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く100人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
公務員や管理薬剤師を除いて薬剤師のダブルワークは基本的に可能です。

ただし、双方の勤務先の就業規則で副業が認められている必要があります。

もしダブルワークをするとしても本業に影響がない程度にしておきましょう。

うちの会社はダブルワーク禁止・・・。でも稼ぎたい方はこちらの記事をどうぞ。≫薬剤師にオススメの副業

ダブルワークが禁止されている薬剤師

ダブルワークが禁止されている薬剤師(公務員薬剤師・管理薬剤師・就業規則で禁止されている薬剤師)

ダブルワークが禁止されている薬剤師

  • 公務員薬剤師はダブルワーク禁止
  • 管理薬剤師は原則ダブルワーク禁止
  • 就業規則で副業が禁止されている薬剤師はダブルワーク禁止

公務員薬剤師はダブルワーク不可

公務員は国家公務員法第103条および第104条や、地方公務員法第38条により、副業が禁止されています。

公務員薬剤師は残念ながらダブルワークをすることはできません。

管理薬剤師は原則ダブルワーク不可

管理薬剤師はダブルワークが原則禁止されていますが、薬事と関係ないものや、学校薬剤師や市町村が運営している休日夜間診療所等に付随する薬局など事前に許可を得ているものであればダブルワークが可能です。

就業規則でダブルワークが認められていたとしても、管理薬剤師が他の薬局で薬剤師の仕事をすることはできません。

≫管理薬剤師ができるダブルワーク

就業規則で副業が禁止されている薬剤師

薬剤師はダブルワークが可能ですが、就業規則で副業が禁止されていればやめましょう。最悪クビになる危険性があります。

本業だけでなく、ダブルワークする際には双方の就業規則の確認が必要です。

薬剤師がダブルワークをするメリットは収入アップとスキルアップ

薬剤師がダブルワークをするメリットは収入アップとスキルアップです。

薬剤師がダブルワークをする主なメリットは2つあります。

1つは収入の増加、もう1つは経験の増加です。

2つの仕事を同時に行うことでより多くの経験を積むことができます。新たなスキルや知識を学ぶこともできるでしょう。

薬剤師がダブルワークをするメリット

  • 収入が増える
  • 経験を積める
  • 気分転換になる

収入が増える

ダブルワークすれば働いた分だけ収入が増えます。

収入が増えれば生活に余裕ができるでしょう。奨学金の返済を早めても良いでしょう。

≫薬剤師が副業で稼ぐ方法【月3~5万円の副収入】おすすめの副業8選

経験を積める

別の会社の薬局で働くことはあなたにとって大きな経験となるはずです。会社が違えばやり方や方針も全く異なります。

pharma

私は2回転職をしていますが、会社によって薬局の中は全く違います。

転職をせずに他社の薬局で経験を積むことができるのは大きなメリットです。

気分転換になる

薬剤師がダブルワークをするメリットは収入アップとスキルアップだけではありません。気分転換ができるのも大きなメリットです。

いつもとは違う人間関係の中で仕事ができるのは気分転換につながります。

もし働きやすそうだったら転職をしてしまっても良いでしょう。

薬剤師がダブルワークをする最大のデメリットは本業に悪影響を与えること

薬剤師がダブルワークをするデメリット

薬剤師がダブルワークをするデメリットもあります。最大のデメリットは本業に悪影響を与えること。

ダブルワークをして本業に悪影響を及ぼして評価が下がってしまったら本末転倒です。

ダブルワークをする際には本業に悪影響の無い範囲で行いましょう。

薬剤師がダブルワークをするデメリット

  • 体力的、精神的な負担
  • 納税手続きが煩雑になる
  • やり方が違うので戸惑う

体力的、精神的な負担

休みの日に別の会社で働くのですから当然体力的、精神的な負担は増えます。

ダブルワーク先が忙しい職場だったら疲れがたまってしまうでしょう。

上手にダブルワークをしていくなら職場選びも重要なポイントです。

納税手続きが煩雑になる

納税は年末調整だけで完結しますが、ダブルワークで2か所から給与所得があると確定申告が必要となります。

ダブルワークをすると納税の手続きが少し煩雑になることを知っておきましょう。

やり方が違うので戸惑う

会社が違えば薬局の中は全く違います。やり方が全く違って戸惑うこともあるでしょう。

レセコンや薬歴ソフトが違うので操作方法を覚える必要に迫られることもあるかもしれません。

これを経験を積めると思えるならダブルワークをオススメしますが、負担と感じるならオススメできません。

薬剤師がダブルワークをする際の注意点

薬剤師がダブルワークをする際の注意点

薬剤師がダブルワークをする際にはこの3点について守りましょう。

薬剤師がダブルワークをする際の注意点

  • 本業に悪影響を及ぼさないこと
  • 双方の勤務先がダブルワーク可であること
  • 確定申告を忘れないこと

本業に悪影響を及ぼさないこと

ダブルワークによって疲れがたまり、本業に影響を与えてしまうことの無いように注意が必要です。

体調を崩して休みがちになったり、仕事の効率が下がって評価を下げたりしては本末転倒です。

本業に悪影響を与えない範囲でのダブルワークにとどめましょう。

  • 勤務する曜日をきっちり分ける
  • 同日に2か所で勤務する場合には、勤務時間に余裕を持っておく

こうしておけば、双方に迷惑をかけることもありませんし、自分にも余裕ができますね。

双方の勤務先がダブルワーク可であることを確認する

ダブルワーク不可・禁止

本業はダブルワーク(兼業)を認めているでしょうか。

就業規則上、ダブルワークが不可となっていたら、その時点でダブルワークはできません。

また、ダブルワーク先も副業を認めていないといけません。ダブルワーク可の求人を探しましょう。

ダブルワークによる収入は確定申告が必要

ダブルワークでの収入は原則確定申告が必要

給与を一か所のみから得ている薬剤師は年末調整で税金の支払い額が調整されます。しかし、ダブルワークをして得た給与については年末調整をすることはできません。

年末調整できるのは本業のみ(給与が多い方)。ダブルワークの収入については、原則確定申告が必要となりますので覚えておきましょう。

薬剤師におすすめのダブルワークは単発派遣

薬剤師におすすめのダブルワークはずばり単発派遣です。

薬剤師のダブルワークに単発派遣がオススメな理由

  • 時給が高い
  • 1日から勤務可能
  • 都合の良い時だけ派遣で働ける

≫単発派遣に関する詳細はこちら

派遣先は主に調剤薬局で、投薬と薬歴記入の業務がメインとなります。

単発派遣でダブルワークをするには、まず薬剤師派遣会社への登録が必要です。

薬剤師派遣会社へ登録してから派遣就業の流れ

  1. 薬剤師派遣会社に登録する
  2. ダブルワーク可の派遣求人を探してもらう
  3. 良い求人が見つかったら派遣会社と派遣契約を結ぶ
  4. 派遣先で就業する

派遣会社に登録をすると当日もしくは翌営業日に電話連絡が来ますので、ダブルワークをしたいという希望を伝えましょう。

働ける日時や曜日を派遣会社と相談しながら、勤務可能な求人を紹介してもらえます。

ダブルワーク可能な求人を豊富に持っている薬剤師派遣会社に登録しておくと、派遣される回数が増えるので収入が増加しやすくなりオススメです。

 単発派遣でダブルワークするのにオススメの薬剤師派遣会社

1日から働ける単発派遣求人多数!
関東・関西への派遣は時給2,800円保障!
60歳以上の薬剤師にもオススメ!
エキスパート薬剤師なら管理薬剤師並みの好待遇

\ダブルワークにも最適/

≫ファル・メイトの詳細

【薬剤師のダブルワーク】正社員と掛け持ちOK?パートと派遣どっち?(まとめ)

薬剤師のダブルワークには単発派遣がオススメ

薬剤師ダブルワークのまとめ

  • 薬剤師のダブルワークにおすすめなのは単発派遣
  • 本業がダブルワーク可能かどうかをまず確認
  • 本業に影響を与えない働き方ができるように薬剤師派遣会社に相談して就業先を決めましょう