薬剤師派遣の今後はどうなる?派遣で生き残るために必要な知識や能力とは
q

薬剤師派遣の今後が不安な薬剤師

派遣薬剤師の働き方はとても良いなと思っているのですが、今後は厳しいと言われました。

本当ですか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師派遣の今後
  • 派遣薬剤師の需要が減少していく中で、生き残るために必要な知識や能力
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
全国に500店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、薬剤師の転職に役立つ情報を書いています。

転職に失敗する薬剤師をゼロになるまで書き続けていきたいと思います!

詳しい自己紹介

結論
薬剤師不足の解消が進むことにより、いわゆる普通の薬剤師の派遣需要は今後も減少していくでしょう。ですが、ある知識や経験、能力がある薬剤師の派遣需要は増加していくはずです。

薬剤師派遣の今後

薬剤師の需要と供給のバランス

派遣薬剤師の今後は厳しいです。


こちらにまとめましたが、薬局が派遣薬剤師の依頼をするのは、薬剤師が不足している緊急事態のみ。


薬剤師不足による緊急事態が起こらなければ薬剤師の派遣要請は行われません。



薬剤師の総数としては、今後数年間は需要と供給が均衡している状況が続くことになるが、長期的に見ると、供給が需要を上回ることが見込まれている。
・薬剤師総数の観点では、今後、現在の水準以上に薬剤師養成が必要となる状況は考えにくい。

平成30年時点での推計ですので、現在ではすでに供給が需要を上回っていることは間違いありません。この中には、地域での偏在も考えられるため・・・との記述もあります。


薬剤師の地域偏在が解消されてしまったら、派遣薬剤師の需要はほとんど無くなってしまうでしょう。

pharma

薬剤師が充足していれば、どこの企業(調剤薬局やドラッグストアなど)だってお金をかけてまで普通の薬剤師を派遣してもらおうとは思いませんね。

今後、派遣薬剤師の需要は薬剤師の充足と共に減少していき、その傾向は続いていくでしょう。

ちなみに、単発派遣ならまだまだ需要があります。


派遣薬剤師として生き残るために必要な知識や能力、経験とは

薬剤師として様々な知識や経験が豊富

派遣薬剤師の需要は減少していくと書きました。


しかし、全ての派遣薬剤師の需要が減少するわけではありません。


需要が減少するのはいわゆる普通の薬剤師の派遣です。

 派遣需要が減少していく普通の薬剤師とは

  • 調剤経験がある
  • 一通りの薬の鑑査や服薬指導ができる

一言で言えば、調剤薬局で普通に働くことができる薬剤師です。

調剤薬局で普通に働けるだけでは、派遣薬剤師としての需要は無くなってしまいます。

では今後需要が高まる派遣薬剤師とはどんな薬剤師なのでしょうか。

普通の薬剤師と優秀な薬剤師、どっちを派遣して欲しいか

それは、
薬剤師が充足していても企業が派遣して欲しいと思える薬剤師です。

具体的には、特別な知識や能力、経験がある薬剤師です。

 こんな知識が能力がある薬剤師なら今すぐ派遣して欲しい!

  • 薬剤師教育担当の知識と経験があり、新人薬剤師や若手薬剤師の指導ができる薬剤師
  • 派遣期間中に営業活動を行い、処方せん獲得や在宅施設獲得などの実績を残せる薬剤師
  • 薬局の設計から什器・調剤機器の選定まで新規開局のアドバイスができる薬剤師
  • 第三者目線薬局内の問題点を洗い出し、改善点を挙げて改善までサポートできる薬剤師
  • 調剤事故、調剤過誤の防止のための立案、実行ができる薬剤師
  • 電子薬歴の導入時に、メーカー並みの知識があり他の薬剤師に教えることができる薬剤師
  • 自社のECサイトの売上を増加させるためのサポートができる薬剤師
  • 個人薬局や中小薬局向けに経営支援・管理ができる薬剤師
  • 薬剤師の採用活動の支援ができる薬剤師
  • 新たな収益モデルを構築できる薬剤師
  • マーケティングができる薬剤師
  • 薬剤師のキャリア形成支援ができる薬剤師
  • 薬局経営をしていた薬剤師
  • 薬局M&Aの経験のある薬剤師
  • 人事部や経理部の経験がある薬剤師

コンサルができる薬剤師

pharma

ほぼコンサルですね。

自社の薬剤師だけでは知識や経験が足りないという時に、こういった能力を持った薬剤師の派遣をお願いすることは十分あり得ます。


薬局の薬剤師に求められる業務や能力は今後ますます変化していくでしょう。


それに対応していくためには外部の能力や経験を活用していくという場面が増えていくはずです。


『コンサル』ができる薬剤師の派遣需要が今後増加していくのは間違いありません。

普通の派遣薬剤師の需要は減り続け、時給も下がります。


しかし、コンサルができるような、特別な知識や能力のある薬剤師の需要は高まり、時給も上がります。


あなたも『コンサル』ができる薬剤師を目指しませんか。

コンサルができる薬剤師になるにはまずはキャリアアップ。


ずっと調剤だけでは薬剤師として限界が来るかも。

 今の職場(薬局・ドラッグストア・病院)でキャリアアップできないと感じたら

まとめ

  1. いわゆる普通の薬剤師の派遣需要は減少。時給も低下傾向に
  2. コンサルができるような能力・知識・経験のある薬剤師の派遣需要は今後増えてくる
  3. 派遣薬剤師として生き残るためには、他の薬剤師が持っていない能力や知識で差をつける必要がある