薬剤師の転職活動はいつから始める?【今からスタートすべき4つの理由】
q

転職活動はいつから始めるのがよいかわからない薬剤師

転職活動はいつから始めるのが良いでしょうか。

転職活動を始めるのに良い時期ってあるのでしょうか。

pharma

転職活動を始める時期はいつが良いのか気になる薬剤師も多いでしょう。

ボーナスや有給休暇の日数との兼ね合いで、タイミングを計っている方もいるかと思います。

結論は、転職を考えているなら今すぐ転職活動をスタートすべきです。

その4つの理由を説明します。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
転職活動を始めるのに良い時期はまさに今。

転職をしたいと思ったらすぐに活動を始めるべきです。

好条件の求人が出るタイミングを知ることはできませんから、事前に準備をして待ち構えておくことが重要です。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリに登録することで転職活動の最初の一歩を踏み出せます。

薬剤師は入社してからどのくらいで転職して良いのかを知りたい方はこちらをどうぞ。


正しい転職の手順・方法はこちらをご覧ください。

転職活動はいつから始めるのが良い?今すぐ始めるべき4つの理由

薬剤師の転職活動は今すぐスタートすべきである4つの理由について

転職活動はいつから始めるのが良いか。その答えは今です

理由は4つあります。

 今すぐ転職活動を始めるべき4つの理由

  • 転職しないという選択肢を残しておくため
  • 他の薬剤師に好条件の求人を取られないようにするため
  • 転職先を比較検討する時間を十分にとるため
  • 今の職場から確実に退職するため

転職しないという選択肢を残しておくため

他の薬局の求人の条件を見ているうちに、「今の薬局の条件はそんなに悪くないのでは?」と気づく場合もあります。

早い段階でそれに気づければその後の転職活動は不要です。

今の職場に残るという選択肢を残しておくためにも在職中の今から転職活動を始めておきましょう。

次の職場がなかなか決まらないといった理由で、退職から次の職場の入社までの間に空白期間(ブランク)ができてしまわないためにも、早めに転職活動をスタートすることが大切です。

他の薬剤師に好条件の求人を取られないようにするため

薬剤師の求人は日々刻々と変化しています。


昨日出ていた求人が、今日になって募集を終了してしまったということも珍しいことではありません。

あなたの希望条件にピッタリの求人を見つけたとしても、他の薬剤師に先を越されてしまったらその時点でアウト。

基本的に、良い条件の薬局は薬剤師が辞めることが少なく、求人が出ることは稀です。

仮に薬剤師の求人が出たとしても、応募する薬剤師が殺到してしまいすぐに募集を終了してしまいます。

好条件の求人が出た時点ですぐに応募することができるよう、今すぐ転職活動をスタートしてその準備をしておきましょう。

転職先を比較検討する時間を十分にとるため

転職を成功させるためには、転職先をじっくりと比較検討する時間を確保することが重要となってきます。

仕事をしながら転職活動をする方が多いと思いますが、どうしても時間的な制約が生まれてしまいます。

少しでも早いうちから転職活動を始めておけば、十分な時間を確保できるでしょう。



また、早めに転職活動を始めておくことで多くの情報を集めることも可能です。


転職を後悔している薬剤師のほとんどは比較検討を十分に行わなかったことが原因です。

転職で後悔しないためにも、今のうちからなるべく多くの求人情報に触れ、様々な角度から比較検討できるようにしておきましょう。

今の職場から確実に退職するため

今の職場に迷惑をかけないためにも、退職の申し出は早めが肝心です。


そのためにも今すぐ転職活動をスタートさせましょう。

退職の申し出は早めが良いといっても、転職先が決まる前に言う必要はありません。


転職先を決めて、内定をもらってから退職の申し出をすれば大丈夫です。

法律上では14日前に退職を申し出れば辞められるとされていますし、就業規則では30日前までに申し出れば良いとなっているところも多いでしょう。


ただ現実問題として、来月末で退職したいと伝えてもすぐに退職できることはできないでしょう。

それは、1か月程度ではあなたに替わる薬剤師の補充ができないからです。

都心など薬剤師が充足している地域や薬剤師が余っている薬局ならすぐに退職できるかもしれません。

しかし、薬剤師不足の薬局だと多くの場合、もう少し長く働いて欲しいと退職日を延長して欲しいと言われてしまいます。

迷惑をかけないためにも、退職希望日の2-3か月前には退職の意向を伝えましょう。

早めに転職活動をスタートしておけば、退職交渉で嫌な思いをすることが避けられます。

早めの退職の申し出は、双方にとって良いことばかりですから。

今すぐ転職活動を始めるべきということは理解できた。

ではまず何からやるべきか。

それは、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリアポプラス薬剤師などの薬剤師転職サイトへの登録です。

おすすめの薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。


薬剤師の転職活動の流れの詳細はこちらの記事にまとめました。

薬剤師の転職活動スケジュール

薬剤師の転職活動スケジュール

薬剤師の転職活動スケジュール

  • 【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに登録する
  • 【転職3-6か月前】担当のコンサルタントとの面談(電話・オンライン)
  • 【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう
  • 【転職3-6か月前】紹介してもらった求人に応募して見学や面接に行く
  • 【転職2-3か月前】比較検討をする
  • 【転職2-3か月前】内定をもらう
  • 【転職1-3か月前】今の職場に退職を申し出る
  • 新しい職場へ出勤

この転職活動のスケジュールは、現在仕事をしていて職場にはまだ辞めることを伝えていない薬剤師向けのものです。

今日から転職活動をスタートさせれば、余裕をもっても3か月程度で転職できます。

現在仕事をしていない薬剤師や、すでに退職の話がついている薬剤師であれば1か月もあれば転職は十分可能です。

【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに登録する(今日:転職活動1日目)

薬剤師の転職活動は、薬剤師転職サイトへの登録からスタートします。


今や転職する薬剤師の約9割は薬剤師転職サイト経由。薬剤師の転職には必須です。


求人を紹介してくれるだけでなく、給与交渉や薬局見学・面接の日程調整、面接同行のサービスをすべて無料で受けることができます。


薬剤師転職サイトの選び方はこちらにまとめましたが、下記4つの薬剤師転職サイトならどれも実績十分です。

薬剤師転職サイトをどこにするかはさほど重要ではありません。迷ったら複数登録することも可能です。

比較検討に時間をかけるべきは薬剤師転職サイトではなく、転職先をどこにするかです。

【転職3-6か月前】担当のコンサルタントとの面談(電話・オンライン)(転職活動1~5日目)

薬剤師転職サイトに登録すると担当者から連絡が来ます。ここで自分の希望・要望を再確認しましょう。


転職をするかしないかという決断はまだ先です。

良い職場があれば転職しますというスタンスで大丈夫。

まずは自分の理想、条件をしっかり形作っていきましょう。

【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう(転職活動1~5日目)

担当のコンサルタントに自分の希望を伝えると条件に合った薬局を複数紹介してもらえます。


必要に応じて、知りたいことや質問をコンサルタント経由で聞いてもらいましょう。

【転職3-6か月前】薬局見学をする(転職活動7~45日目)

気になる薬局があったら、薬局見学を申し込みます。

薬局見学の申し込みや日程の調整は、薬剤師転職サイトのコンサルタントが全て行ってくれます。

【転職3-6か月前】比較検討をする(転職活動14~60日目)

気になる薬局をじっくりと比較検討します。

検討中にも新たな求人が出てくることもありますので引き続き情報を集めましょう。


ここが一番重要です。


なるべく多くの情報を集めてじっくり比較してください。


情報収集と比較検討をおろそかにしてしまうと必ず後悔します。

【転職2-4か月前】紹介してもらった求人に応募する(転職活動14~60日目)

比較検討の結果の上位2~3社程度に応募します。

履歴書などの必要書類を用意しましょう。


【転職2-4か月前】面接を受ける(転職活動21~60日目)

面接の日程調整も担当のコンサルタントがしてくれます。

面接が不安な方は、面接同行も可能な場合がありますので相談してみましょう。

【転職2-3か月前】内定をもらう(転職活動21~60日目)

内定をもらった会社と今いる職場を再度比較検討し、転職をするかどうかの決断をします。


転職をするという決断に至ったら、転職先に入社の承諾書を提出しましょう。

【転職2-3か月前】今の職場に退職を申し出る

転職先が決まったら、いよいよ今の職場へ退職の申し出をします。


すんなり退職できれば良いですか、引き留め工作をしてくるところも。

でも大丈夫です。

退職交渉についても担当のコンサルタントに相談できますので是非活用しましょう。

新しい職場へ出勤

新たな職場へ出勤します。

こちらで準備しておくものなどもしっかり確認し、初日からしっかり働けるよう準備をしておきましょう。


転職活動のスケジュールはこのようなイメージです。

薬剤師が転職するのに最適な時期とは

薬剤師が転職するのに最も良い時期はいつだと思いますか?

ボーナスをもらった後でしょうか。

それともキリよく4月でしょうか。

答えは、あなたが転職して違う職場で頑張りたいと思った時。

かつ、あなたの希望通りの条件の求人が出たときです。

pharma

「ボーナスもらった後でしょう!」という声が聞こえてきます。

今の職場でボーナスをもらってから転職することのリスクもあります。

q

希望条件に近い求人はいつ出やすいのでしょうか?

pharma

わかりません。だからその求人がいつ出ても良いように、今から転職活動を始めておくのです。

迷っているなら早い方が良い。

転職をしようと思いながら何もせず、毎日を過ごす。


自分の考えと行動が一致していないと心が疲れてしまいます。


転職をしようと思った時が転職活動を始めるのに最適な時。


まずは一歩踏み出してみませんか。

別に紹介された薬局に転職しなくたって良いのです。


転職することをやめても良いのです。


転職しないという選択肢は残っていますので何も不安なことはありません。他の薬局の話を聞きつつ、今の薬局の条件と比較して納得してから転職を決めればよいのです。

薬剤師の転職活動はいつから始めるべき?(まとめ)

薬剤師の転職活動はいつから始めるべき?(まとめ)

薬剤師が転職するのに最適な時期とは、自分が希望する条件を満たす求人が出たとき。

でもその求人がいつ出るのかは誰にもわかりません。

転職の時期よりももっと重要なのは、どこに転職するか。

条件を満たす求人が出たらすぐに紹介してもらえる状況を作っておきましょう。

そのためにも今から薬剤師転職サイトに登録して情報収集を始め、転職コンサルタントとしっかり連絡を取り合っておくことが重要です。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリアポプラス薬剤師の4つが実績十分の薬剤師転職サイトです。