薬剤師の転職はいつから始める?【今からスタートすべき3つの理由】
q

転職活動をいつから始めれば良いかわからない薬剤師

転職活動はいつから始めたら良いでしょうか。

転職活動を始めるのに良い時期ってあるのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師の転職はいつから?今すぐ始めるべき4つの理由
  • 転職活動のスケジュール
  • 薬剤師が転職するのに最適な時期
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:転職活動を始めるのに良い時期はまさに今。転職をしたいと思ったらすぐに活動を始めるべき。その理由は後述します。好条件の求人が出るタイミングを知ることはできません。事前に準備をして待ち構えておきましょう。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリに登録することで転職活動の最初の一歩を踏み出せます。

薬剤師はいつから転職して良いのかを知りたい。


転職活動はいつから始めるのが良い?今すぐ始めるべき4つの理由

転職活動はいつから始めるのが良いか。その答えは今です

理由は4つあります。

 今すぐ転職活動を始めるべき4つの理由

  • 転職しないという選択肢を残しておくため
  • 他の薬剤師に好条件の求人を取られないようにするため
  • 転職先を比較検討する時間を十分にとるため
  • 今の職場から確実に退職するため

転職しないという選択肢を残しておくため

他の薬局の求人の条件を見ているうちに、「今の薬局の条件はそんなに悪くないのでは?」と気づく場合もあります。

早い段階でそれに気づければその後の転職活動は不要です。

今の職場に残るという選択肢を残しておくためにも在職中の今から転職活動を始めておきましょう。

次の職場がなかなか決まらないといった理由で、退職から次の職場の入社までの間に空白期間(ブランク)ができてしまわないためにも、早めに転職活動をスタートすることが大切です。

他の薬剤師に好条件の求人を取られないようにするため

薬剤師の求人は日々刻々と変化しています。


昨日の求人と今日の求人は同じではありません。
あなたの希望条件にピッタリの薬局から求人が出ていても、他の薬剤師が入社してしまって募集が終わってしまったらあなたはその薬局に入社不可。

良い薬局は基本的に薬剤師が辞めないので求人が出ることがまれであるばかりか、すぐに薬剤師からの応募が集まってしまうため、求人が出ている期間がものすごく短いです。


(長い間募集している薬局が良くない薬局というわけではありません。結婚や出産を機に薬剤師が退職したり、新規開局により薬剤師が不足したりといろいろ理由があります。)

薬剤師が不足している薬局は確実に減ってきています。

pharma

私が勤めているチェーン薬局でも同じ状況です。

好条件の求人が出たときにもすぐに対応できるよう、今から転職サイトに登録して転職活動をスタートさせておく必要があります。

転職先を比較検討する時間を十分にとるため

今から転職活動を始めることで、転職を決めるまでの時間を十分に確保しましょう。


早めに転職活動を始めておけば多くの情報が集まりますし、比較検討に多くの時間を使えます。


転職を後悔している薬剤師のほとんどは比較検討を十分に行わなかったことが原因です。

転職で後悔しないためにも、多くの求人情報に触れて様々な角度から比較してください。

今の職場から確実に退職するため

今の職場に迷惑をかけないためにも、退職の申し出は早めが肝心です。


早めが良いといっても転職先が決まる前に言う必要はありません。


内定をもらってからで大丈夫です。

法律上では14日前に退職を申し出れば辞められるとされていますし、就業規則では30日前までに申し出れば良いとなっているところも多いでしょう。


ただ現実問題として、来月末で退職しますと言われても、ほとんどの薬局では困まってしまいます。


1か月程度では次の薬剤師の補充はできないからです。他薬局からの異動の調整も1か月ではほぼ無理です。

都心などの薬剤師が充足している地域や、人材が豊富な薬局ならまだ良いですが、薬剤師不足の薬局だと業務に支障をきたしてしまいます。

退職希望日の2-3か月前には退職の意向を伝えましょう。

1か月で次の薬剤師を採用しないといけない。これは現場にとって大きな負担です。それをやるのが上司の仕事だろうと思われるかもしれません。
確かにその通りなのです。

でも薬剤師業界は本当に狭いです。あの薬剤師は○○薬局にいて××だったという話はすぐに広まります。特に悪い話はすぐに。

まっさらな状態から1か月で希望通りの転職先を探せますか?


きついですよね。

退職交渉で嫌な思いをしないためにも、早めに転職活動をスタートさせましょう。退職日まで余裕がある早いうちに退職の申し出ができれば双方にとって良いことばかりです。

今すぐ転職活動を始めるべき理由はわかった。とりあえず、情報収集を始めようと思ったら、マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリリクナビ薬剤師の4つが実績十分の薬剤師転職サイトです。

薬剤師の転職活動スケジュール

薬剤師の転職活動スケジュール

  • 【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに登録する
  • 【転職3-6か月前】担当のコンサルタントとの面談(電話・オンライン)
  • 【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう
  • 【転職3-6か月前】紹介してもらった求人に応募して見学や面接に行く
  • 【転職2-3か月前】比較検討をする
  • 【転職2-3か月前】内定をもらう
  • 【転職1-3か月前】今の職場に退職を申し出る
  • 新しい職場へ出勤

このスケジュールは、現在仕事をしていて職場に辞めることを伝えていない薬剤師向けの設定です。今日から転職活動をスタートさせれば3か月程度で転職が可能です。

現在仕事をしていない薬剤師や、すでに退職の話がついている薬剤師であれば1か月もあれば転職は十分可能です。

【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに登録する(今日:転職活動1日目)

薬剤師の転職活動は、薬剤師転職サイトへの登録からスタートします。


今や転職する薬剤師の約9割は薬剤師転職サイト経由。薬剤師の転職には必須です。


求人を紹介してくれるだけでなく、給与交渉や薬局見学・面接の日程調整、面接同行のサービスをすべて無料で受けることができます。


薬剤師転職サイトの選び方はこちらにまとめましたが、下記4つの薬剤師転職サイトならどれも実績十分です。

薬剤師転職サイトをどこにするかはさほど重要ではありません。迷ったら複数登録することも可能です。

比較検討に時間をかけるべきは薬剤師転職サイトではなく、転職先をどこにするかです。

【転職3-6か月前】担当のコンサルタントとの面談(電話・オンライン)(転職活動1~5日目)

薬剤師転職サイトに登録すると担当者から連絡が来ます。ここで自分の希望・要望を再確認しましょう。


転職をするかしないかという決断はまだ先です。良い職場があれば転職しますというスタンスで大丈夫。まずは自分の理想、条件をしっかり形作っていきましょう。

【転職3-6か月前】薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう(転職活動1~5日目)

担当のコンサルタントに自分の希望を伝えると条件に合った薬局を複数紹介してもらえます。


必要に応じて、知りたいことや質問をコンサルタント経由で聞いてもらいましょう。

【転職3-6か月前】薬局見学をする(転職活動7~45日目)

気になる薬局があれば実際に薬局見学をします。

【転職3-6か月前】比較検討をする(転職活動14~60日目)

気になる薬局をじっくりと比較検討します。

検討中にも新たな求人が出てくることもありますので引き続き情報を集めましょう。


ここが一番重要です。


なるべく多くの情報を集めてじっくり比較してください。


情報収集と比較検討をおろそかにしてしまうと必ず後悔します。

【転職2-4か月前】紹介してもらった求人に応募する(転職活動14~60日目)

比較検討の結果の上位2~3社程度に応募します。

履歴書などの必要書類を用意しましょう。


【転職2-4か月前】面接を受ける(転職活動21~60日目)

面接の日程調整は担当のコンサルタントがしてくれます。面接が不安な方は面接同行も可能な場合がありますので相談してみましょう。

【転職2-3か月前】内定をもらう(転職活動21~60日目)

内定をもらった会社と今いる職場を再度比較検討し、転職をするかどうかの決断をします。


転職をするという決断に至ったら、入社の承諾書を提出します。

【転職2-3か月前】今の職場に退職を申し出る

ここからが一番大変なことも。


すんなり退職できれば良いですか、引き留め工作をしてくるところもあります。

退職交渉についても担当のコンサルタントに相談できますので是非活用しましょう。

新しい職場へ出勤

新たな職場へ出勤します。

転職活動のスケジュールはこのようなイメージです。

薬剤師が転職するのに最適な時期とは

薬剤師が転職するのに最も良い時期はいつだと思いますか?

ボーナスをもらった後でしょうか。

それともキリよく4月でしょうか。

答えは、あなたが転職して違う職場で頑張りたいと思った時。
かつ、あなたの希望通りの条件の求人が出たときです。

pharma

「ボーナスもらった後でしょう!」という声が聞こえてきます。


今の職場でボーナスをもらってから転職することのリスクもあります。

q

希望条件通りの求人はいつ出ますか?

pharma

わかりません。だからその求人がいつ出ても良いように今から転職活動を始めておくのです。

迷っているなら早い方が良い。

転職をしようと思いながら何もせず、毎日を過ごす。


自分の考えと行動が一致していないと心が疲れてしまいます。


転職をしようと思った時が転職活動を始めるのに最適な時。


まずは一歩踏み出してみませんか。

別に紹介された薬局に転職しなくたって良いのです。


転職することをやめても良いのです。


転職しないという選択肢は残っていますので何も不安なことはありません。他の薬局の話を聞きつつ、今の薬局の条件と比較して納得してから転職を決めればよいのです。

 まとめ

薬剤師が転職するのに最適な時期とは、自分が希望する条件を満たす求人が出たとき。

でもその求人がいつ出るのかはわからない。
転職の時期よりももっと重要なのはどこの薬局に転職するか。

条件を満たす求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちから薬剤師転職サイトに登録して情報収集を始め、転職コンサルタントと連絡をしっかりと取っておきましょう。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリリクナビ薬剤師の4つが実績十分の薬剤師転職サイトです。