【薬剤師の転職成功法則】体験談からわかる転職に成功した薬剤師の共通点とは
q

転職した人の体験談が聞きたい薬剤師

転職した人の体験談を聞きたいです。

転職歴のある薬剤師の話を聞くことで、私も転職に成功できるかなと思って。

確かに転職した薬剤師の体験談を聞くのは良いと思います。参考になる部分もあるでしょう。

ただ、条件も状況も異なる体験談を聞いても、あなたの役には立たないかもしれません。

私は今までに何人もの転職した薬剤師を見てきましたが、転職を成功させた薬剤師にはある共通の法則があることがわかりました。

あなたは転職を成功させたいですか?

あなたが転職を成功させたいなら、これから紹介する薬剤師の転職成功法則を試してみてください。

pharma

希望通りの職場が見つかり、あなたは幸せになれます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
転職に成功した薬剤師の共通点と、転職を成功させたい薬剤師がやるべきこと。この2つを知って行動を起こせばあなたの転職は成功して、その結果幸せになります。

転職に成功した薬剤師のある共通点【転職の成功法則とは】

転職に成功した薬剤師のある共通点【転職の成功法則とは】

今まで数多くの転職をした薬剤師を見てきましたが、転職に成功している薬剤師にはある共通点があることがわかりました。

これから転職をするあなたのために、転職の成功法則とも言える薬剤師の共通点を紹介します。

厳しい中でも転職に成功する薬剤師の特徴
転職に成功した薬剤師の特徴・共通点

  • 薬剤師転職サイトを利用した
  • 薬剤師転職サイトの担当者と頻繁に連絡をとっていた
  • 転職の目的がはっきりとしている
  • 転職先を決める基準がはっきりとしていた
  • 思考が前向き
  • コミュニケーション力が高い
  • 素直である
  • 得意分野を持っている薬剤師
  • 勤務地を柔軟に選択できる薬剤師
  • 変化に対応できる薬剤師

薬剤師転職サイトを利用した

薬剤師の転職成功法則の1つ目は薬剤師転職サイトを利用しているということ。

転職に成功した薬剤師の9割以上は薬剤師転職サイトを利用していました。もはやこれから転職するなら薬剤師専門の転職サイトの利用は必須です。

オススメ薬剤師転職サイトランキング

\薬剤師の保有求人数最大/

≫登録前にマイナビ薬剤師をもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\薬局見学にも同行してくれる!/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

\メールと電話で簡単に転職できる/

≫登録前に薬キャリAGENTについて詳しく知りたい方はこちら

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。

※オススメは2社以上への登録。複数の薬剤師転職サイトに登録して効率的に転職活動をすることが常識となりました。

≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

ここだけの話ですが、薬剤師転職サイトに登録するときに希望の転職時期を『なるべく早く』にしておきましょう。

担当者の本気度が変わります。

転職希望時期が早ければ早いほど好条件の求人紹介が優先されるので、転職の成功確率がさらにアップします。

薬剤師転職サイトの担当者と頻繁に連絡をとっていた

薬剤師の転職成功法則の2つ目は、薬剤師転職サイトの担当者と頻繁に連絡をとっていたことです。

直接面談で希望を伝えるのはもちろんですが、その後の電話やメールでもやりとりを頻繁に行っていたとのこと。

転職サイトの担当者は連絡が付きやすい薬剤師には安心して求人を紹介できますし、こまめに連絡をくれる薬剤師は仕事ができる人が多いと判断され、安心して企業側に紹介できるとのこと。

詳しくは、≫薬剤師転職エージェントの担当者が売り込みたくなる薬剤師の特徴にまとめました。

薬剤師転職サイトの担当者を味方につけることが転職成功の最も大きな秘訣です。

転職の目的がはっきりとしている

薬剤師の転職成功法則の3つ目は、転職の目的がはっきりしているということ。

なぜ、転職するのか。何のために転職をするのか。

その目的がはっきりしていればしているほど、その目的が果たされる職場へ転職を決めますので、転職後の満足度は高まります。

転職先を決める基準がはっきりとしていた

薬剤師の転職成功法則の4つ目は、転職先を決める基準がはっきりとしているということ。

転職の目的と意味合い的には近いですが、転職先に何を求めるかがはっきりしていてブレないことが大事です。

年収アップを求めるのか、働きやすい環境を求めるのか、通勤のしやすさを求めるのか。

転職先に何を求めるのかをあなた自身がわかっていないと、良い求人には巡り合えません。転職成功のためには、転職先に何を求めるのかという基準をしっかりと決めておくことが重要です。

思考が前向き

薬剤師の転職成功法則の5つ目は、転職に成功した薬剤師の思考が前向きだということ。

転職活動をしていても、なかなか希望通りの求人が見つからないこともあると思います。期待して職場見学に行ったものの、違和感を感じて帰ってくることもあるでしょう。

そんな時にも、次はきっと良い職場が見つかると前向きに考えていると自然と見つかるものです。

  • 結局どこの薬局も同じじゃないか
  • 転職サイトの担当者は全然仕事をしてくれない
  • どこも変な職場ばかり

このようなマイナス思考で転職活動を行うと、職場見学に行っても悪い面しか目に入らなくなってしまいます。せっかく良いところがあるのに、思考がマイナスになっているために見えないのです。

もしマイナス思考に陥ってしまっていると感じたら、思考を前向きに変換してみましょう。

職場の良い面が見えてくるはずです。

コミュニケーション力が高い

薬剤師の転職成功法則の6つ目は、コミュニケーション力が高いということ。

コミュニケーション力が高い薬剤師は、転職サイトの担当者とも意思疎通がしっかりとできるので希望通りの求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

薬剤師の仕事内容はモノから人へと大きく変わりました。薬局で必要とされるのは調剤が上手い薬剤師ではなく、患者さんや他職種とのコミュニケーションがしっかりとれる薬剤師。

患者さんとの関わりがより重要となってきています。服薬指導だけでなく、薬を渡した後のフォローアップもしなくてはなりません。

対面でもオンラインでも、人対人のコミュニケーションがしっかりとれる薬剤師は今後も必要とされるでしょう。

コミュニケーション力が高い薬剤師はどの薬局からも好条件で内定が出るので、転職に成功しやすいのです。

コミュニケーションスキルが高い薬剤師こそが好待遇で迎えられます。

激動の調剤薬局業界となったとしても、今のうちから生き残れる薬局の中に入り、コミュニケーションスキルをしっかり磨いておけば必ずや生き残れるはずです。

要は、薬剤師の採用を絞っている薬局であっても、この薬剤師なら採用したいと相手に思わせることができればこちらの勝ちです。

pharma

うちの薬局でも同様で、コミュニケーション力が高い薬剤師を優先的に採用しています。

素直である

薬剤師の転職成功法則の7つ目は、転職に成功した薬剤師はみなさん素直だということ。

素直だから成功したのか、成功する人が素直なのか不明ですが、これは共通しています。素直な薬剤師は薬剤師転職サイトのエージェントにとって求人を紹介しやすい薬剤師です。

詳しくはこちらにまとめました。

≫薬剤師転職サイトのエージェントが売り込みたくなる薬剤師の特徴

素直な薬剤師を紹介すると、どこの薬局でも喜ばれます。当然素直な薬剤師の元には良い求人がどんどん紹介されますので、結果的に転職に成功するのです。

さらには、年齢が若い、知識が豊富、やる気がある、向上心がある、人当たりが良い、クセが無い薬剤師は転職を成功させている可能性が高いです。

pharma

転職をするなら1年でも早い方が良いです。

得意分野を持っている薬剤師

薬剤師の転職成功法則の8つ目は得意分野を持っていること。

例えば、ある薬局では薬剤師はそれほど不足していないものの、これから在宅医療に力を入れていきたいと考えていたとします。

その薬局に、「在宅にめっぽう強くて、経験豊富な薬剤師がいるのですが、面接しませんか?」という話があったらどうすると思いますか?

普通の薬剤師なら断ろうと考えている薬局であっても、在宅医療にめっぽう強い薬剤師なら採用したいので是非面接をとなるわけです。

このように強みや特徴のある薬剤師なら厳しい転職市場であっても関係なく、好待遇で転職を成功させています。

勤務地を柔軟に選択できる薬剤師

薬剤師の転職成功法則の9つ目は働く地域を変えることができること。

勤務地域を少し広げるだけで求人が見つかることもめずらしいことではありません。

隣の県に引っ越すことさえできれば年収50万円アップの求人が見つかるのもよくあること。

転居を伴う異動ができる薬剤師はどの薬局でも欲しがる人材です。

変化に対応できる薬剤師

薬剤師の転職成功法則の10個目は、変化に対応できることです。

新型コロナウイルス感染症の流行により、調剤薬局業界はものすごいスピードで変化しました。

ではそんな変化の大きい調剤薬局業界で生き残れる薬剤師とはどういう人でしょうか。生き残る薬剤師とは、急な変化にもしっかりと対応できる薬剤師です。

昔はこうだったと、何かしら理由をつけて変化に対応しない(できない)薬剤師は確実に絶滅します

転職を成功させたい薬剤師がやるべきこと

転職を成功させたい薬剤師がやるべきこと

これから転職する薬剤師が転職を成功させるためにやってほしいことを、私も含めた転職経験者に聞いてまとめました。

薬剤師が転職を成功させるために絶対にやるべきこと

  • 薬剤師転職サイトへ登録する
  • 薬剤師転職サイトの担当者と頻繁に連絡を取る
  • 転職の目的や転職先への希望を明確にしておく
  • プラス思考で転職活動を行う
  • 薬局見学や面接ではたくさん話しかける
  • 選択肢を多く持つ(視野を広げて転職先を探す)
  • 口約束は絶対に避けること
  • 最終決断は時間的にも精神的にも余裕があるときに行う
  • 自分の直感を信じる

薬剤師転職サイトへ登録する

薬剤師転職サイトへの登録は、転職をした全員が『したほうがいい、するべき』と言っています。

仕事をしながらの求人探しや、職場見学、面接の日程調整をするのは大変です。それを全て無料で代行してくれるのですから、使わないのは損です。

費用は一切かかりませんので、リスクはありません。

当サイトで最もオススメしている薬剤師転職サイト

\薬剤師の保有求人最多級/

\薬局見学にも同行可能!/

※どちらも登録から転職まで完全無料&プライバシーマーク取得で個人情報保護も万全です。

まずはこの2社に登録して転職活動をスタートさせましょう。ほぼすべての求人にアクセスできるので、好条件の求人を見落す心配はありません。

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細

複数の薬剤師転職サイトに登録して転職活動をするのは常識となりました。
≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

薬剤師転職サイトの担当者と頻繁に連絡を取る

担当者と頻繁に連絡をとってください。そして、あなた自身のことを積極的に開示していってください。

あなたはどんな薬剤師なのか、何が得意で何が不得意なのかを薬剤師転職サイトの担当者に知ってもらいましょう。

あなたがどんな薬剤師なのかがわからなければ、どの求人があなたにふさわしいのか担当者は判断できません。

≫転職サイトの担当者が売り込みたくなる薬剤師の特徴

あなたのことを担当者に知ってもらうほど、紹介される求人はあなたの希望に近いものになります。また、あなたの強みを薬局側へ売り込んでくれますので、好条件で採用される可能性が高まります。年収の上乗せも期待できます。

pharma

変な薬剤師を企業側に紹介してしまうと転職サイトの評判が落ちてしまい、以後求人を載せてくれなくなってしまうとのこと。

紹介してくれてありがとうと薬局に言わせるくらいの薬剤師になりましょう。

転職の目的や転職先への希望を明確にしておく

なぜ転職をするのか、転職をする目的をはっきりとさせておきましょう。

年収アップなのか、働きやすさなのか。今の会社以外ならどこでもよいという消極的な転職は確実に失敗します。

とはいえ、あなたの希望が100%叶うような理想の転職先は無いかもしれません。あまりにも理想が高すぎると、その理想に届かない部分だけが気になってしまい、いつまでたっても転職先が見つからないということもあるでしょう。

条件には妥協も必要です。ただし、どこまでなら妥協できるのか、これだけは譲れない条件は何なのか。

希望条件には優先順位をつけておくことがオススメです。

≫転職の目的や希望条件の優先順位についての考え方についてはこちらにまとめました。

プラス思考で転職活動を行う

マイナス思考の状態で薬局見学に行ったとしましょう。その薬局の悪い面しか見えてきません。○○は無い、●●も無いといった思考になっているときは危険です。「無いもの」ばかりに目が向いてしまっています。

本当は「あるもの」「あったもの」もたくさんあったはず。マイナス思考の状態だと良いところが目に入ってきません。見えてこないのです。

マイナス思考の状態で転職活動をするのはやめましょう。

プラス思考の状態で薬局見学に行くと不思議なことに、良い面も悪い面も両方見ることができます。

どんな精神状態で見学に行くかで、同じ薬局でも見え方が全く異なるのです。そのくらい精神状態は大切なこと。

プラス思考の状態で転職活動を行ってください。

薬局見学や面接ではたくさん話しかける

薬局見学や面接ではあなたの方からたくさん話をしましょう。人は話してみないとわからないことが多いのは経験上ご存じだと思います。一見怖そうな患者さんだけど話をしてみると違ったという経験は薬剤師なら何回もあるのではないでしょうか。

これは薬局見学でも同じこと。どんな人と一緒に働くことになるのかを知ることは大変重要です。こちらから積極的に話しかけてどんな人なのかを知りましょう。

事前に話をしてどんな人なのかを掴んでおけば、転職後に人間関係で悩むことは大幅に減らせます。

その薬局が働きやすいかどうかは管理薬剤師によるところが大きいのは間違いありません。管理薬剤師がどんな人かを見るのも大事ですが、それと同じくらい大事なのは一緒に働く同僚です。

管理薬剤師は異動ですぐに変わることもありますが、同僚はずっと変わらないかもしれません。これは、転勤可能な人が昇進しやすい制度となっている薬局が多いからです。

薬局見学は最低でも2回。曜日や時間帯を変えて見学をさせてもらうのが理想です。曜日や時間帯が変われば、また違った風景が見えてきます。

1回目の見学で見逃した点も、2回目に再度確認できるという利点もあります。

選択肢を多く持つ(視野を広げて転職先を探す)

良さそうな薬局が見つかったけど、3社の中からどこに決めようかと迷っているとします。

頭の中は3択になってしまっていると思いますが、本当に3択で良いのでしょうか?

あなたが求めている理想に近い薬局は、その3つ以外の所にあるかもしれません。

別にその3つの中から決めなくたって良いのです。4つ目の選択肢が答えかもしれません。転職をしないという選択肢もあります。

希望に近い求人が思うように紹介されない場合には、別の転職サイトに追加登録をしましょう。複数の薬剤師転職サイトに登録することは全く問題ありませんし、むしろ複数の薬剤師転職サイトに登録するメリットは多いです。

≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

口約束は絶対に避けること

契約条件や休みの取りやすさ、残業の有無などを確認すると思いますが、給与や条件の提示は文書でお願いしましょう。

pharma

個人薬局のワンマン社長ほど口ばかりで適当な人はいません(超個人的偏見)。

口約束は絶対に避けてください。後で言った言わないの水かけ論になって終わりです。そうならないためにも契約内容はしっかりと文書で提示してもらいましょう。

契約には、薬剤師転職サイトのコンサルタントなどの第三者に立ち会ってもらうのも良い方法です。

最終決断は時間的にも精神的にも余裕があるときに行う

とにかく早く今の薬局を辞めたい、今すぐにでも他の薬局で働きたい。そんな状態で転職活動をしていると、『もうどこでも良いから早く決めてしまいたい』という感情になりがち。

どこを見学しても今の会社よりも良く見えてしまうのですから、そう思うのも当然です。

しかし、これは転職に失敗してしまう典型例。

自分の希望に合ったところでないと、近いうちにまた不満が溜まるでしょう。転職を繰り返して得する事はほとんどありません。

今の職場より良いところに転職するのはもちろんですが、もっと良いところがあるはずです。

転職の最終決断は、時間的にも精神的にも余裕があるときに行いましょう。

焦りは禁物です。

自分の直感を信じる

転職活動を続けていると、どこに転職したらよいのか迷い過ぎて、訳がわからなくなってしまうこともあります。

pharma

どの薬局が自分に合っているのか、どこが一番得なのか、考えすぎてわからなくなることも多々ありました。

そんな時には、自分の直感を信じて、えいやっ!と決めるのも必要です。

直感が当たっていることって、結構多くないですか?

薬剤師が転職をして一番良かったこと

転職に成功した薬剤師に聞いた、薬剤師が転職をして一番良かったこと

転職に成功した薬剤師に、『転職をして一番良かったこと』を聞いてみました。

転職をする目的が違いますので、良かったことは人それぞれですが、共通しているのは転職によって幸せになったということです。

転職に成功した薬剤師が転職をして一番良かったこと

  • 前職よりも年収がアップした
  • 高度な教育を受けられるようになった
  • 安心して仕事ができる環境になった
  • 教育研修システムが良くて勉強になる
  • 嫌な人間関係を断ち切れた
  • 通勤が楽になった

前職よりも年収がアップした

転職で年収がアップした薬剤師は非常に多いです。病院薬剤師から薬局へ転職した人は全員年収がアップしていました。

私も調剤薬局から調剤薬局への転職ですが、年収がアップしました。

私の過去の年収推移はこちらにまとめてあります。

高度な教育を受けられるようになった

今の会社は(大手調剤薬局チェーン)研修システムが整っています。前の2社(小規模チェーン薬局、個人薬局)とは比べ物になりません。

1社目は小規模チェーン薬局でしたが、親会社が薬局とは無関係だったこともあり、研修は使えないものばかりでした。

教育研修システムが整っていてキャリアプランも複数あるので、長く働きつづけることができる薬局です。

教育研修システムが充実しているのかどうか調べた方法。

今後のキャリアプランもしっかり確認しました。

安心して仕事ができる環境になった

個人薬局では社長(薬局開設者)の意見が色濃く反映されます。社長の一存ですべてが決まることもしばしば。

少しくらいの不正はそのまま続けるなんてところも少なくないようです。

一部の調剤薬局チェーンでは処方せんの付け替えなどの不正を行っているものの、コンプライアンスがしっかりしていて安心して働けるのは、組織がしっかりしているチェーンの調剤薬局ならでは。

いかに前職の個人薬局が適当だったかを強く実感しました。あのまま働き続けていたら大変なことになっていたと思います。

嫌な人間関係を断ち切れた

前の会社で人間関係に悩み、転職をしてきた薬剤師の話です。転職により、嫌な人間関係を断ち切れたのが一番大きいと言っていました。

お局様が薬局内を牛耳っており、管理薬剤師も手を焼いていたとのこと。

≫薬局内にお局様がいて困っている方向け対処法

転職をすれば、嫌な人間関係をきれいさっぱり断ち切ることができます。もう会うことはないでしょう。

通勤が楽になった

今までは片道1時間以上かかっていた通勤時間が、転職をしたことで片道15分に。自由な時間ができて時間的にも精神的にも余裕ができたとのことです。

心の余裕を手に入れることができるのは最高の生き方につながります。勉強しても良いですし、趣味に充てても良いでしょう。

pharma

常に余裕がある状態なら、仕事にも力が入ります。

【薬剤師の転職成功法則】転職に成功した薬剤師の共通点(まとめ)

【薬剤師の転職成功法則】体験談からわかる転職に成功した薬剤師の共通点とは(まとめ)

転職に成功した薬剤師の共通点

  • 薬剤師転職サイトを利用した
  • 薬剤師転職サイトの担当者と頻繁に連絡をとっていた
  • 転職の目的がはっきりとしている
  • 転職先を決める基準がはっきりとしていた
  • 思考が前向き
  • コミュニケーション力が高い
  • 素直である

そして、あなたが転職を成功させたいなら、これからやるべきことは以下の通りです。

薬剤師が転職を成功させるために絶対にやるべきこと

  • 薬剤師転職サイトへ登録する
  • 薬剤師転職サイトの担当者と頻繁に連絡を取る
  • 転職の目的や転職先への希望を明確にしておく
  • プラス思考で転職活動を行う
  • 薬局見学や面接ではたくさん話しかける
  • 選択肢を多く持つ(視野を広げて転職先を探す)
  • 口約束は絶対に避けること
  • 最終決断は時間的にも精神的にも余裕があるときに行う
  • 自分の直感を信じる

転職による失敗や後悔を防ぐには、マイナビ薬剤師ファルマスタッフアポプラス薬剤師薬キャリなどの薬剤師転職サイトを利用が必須です。

転職をしようと思ったら、スタートは早く切るべきです。

後回しにすると好条件の求人は他の転職活動中の薬剤師のものになってしまうだけでなく、毎年1万人近くの新薬剤師が誕生するからです。求人が減ってしまう前に登録を済ませましょう。

\薬剤師求人数最大級!/
\どの業種にも強い/

≫登録前にマイナビ薬剤師をもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\聞く姿勢を重視!/
\じっくり相談したい方も安心/

≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

※登録も利用も完全無料です。

登録順に求人紹介がスタートしますので、登録を後回しにすると好条件の求人は別の薬剤師のところへ。

今ここで2社への登録を済ませておきましょう。

あなたの人生は確実に変わります。

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ


薬剤師転職サイトへの登録が不安な方は、薬剤師転職サイトのメリットとデメリットを知ってください。

≫薬剤師転職サイトのメリットとデメリット

pharma

転職に失敗すると辛いです。本当に辛いです。自分が嫌になりました。後悔ばかりでした。そうならないように間違った方法で転職活動をしないようにしてください。

≫正しい薬剤師の転職活動の方法(手順)

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。