薬剤師が転職で年収ダウンする原因と対処法【避ければ年収アップ】
q

転職で年収ダウンするのが心配な薬剤師

転職で年収100万円ダウンとか150万円ダウンしたという話を聞きますが、なんでそんなに年収が下がっても転職するのでしょうか。

どういう場合に転職で年収ダウンしてしまうのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が転職で年収ダウンする原因
  • 薬剤師が転職で年収をダウンさせないためには
  • 年収ダウンでも満足度が高まる転職の方法
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:薬剤師が転職をきっかけに年収がダウンしてしまうこともありますが、それは給与交渉で避けられる可能性があります。損をしない転職をしましょう。年収だけがすべてではありません。年収ダウンの転職でも満足度が高まればその転職は成功です。

薬剤師が転職で年収ダウンする原因

薬剤師が転職をすると、通常は年収がアップします。


ですが、一部の薬剤師は転職によって年収がダウンしてしまう場合があります。


転職によって年収がダウンしてしまう場合はどのような時なのか、そしてその対処法をまとめました。

 薬剤師が転職で年収ダウンしてしまうのはこんな時

  • 転職前の年収が相場よりも大幅に高い
  • 管理薬剤師から一般薬剤師として転職
  • 年収が低い業種への転職
  • 雇用形態を変えた
  • 薬剤師が充足している地域への転職
  • 薬剤師免許を活かさない仕事への転職
  • 必要な能力・スキルが無い(調剤未経験など)
  • 転職回数が多すぎる
  • 面接で自分の弱みを見せすぎた
  • 給与交渉をしなかった
  • 定年間近での転職

転職前の年収が良すぎる

製薬会社のMRなどで転職前の給料が1,000万円を超えているような薬剤師が、病院や薬局、ドラッグストアに転職したら年収はダウンします。


今までの給料が良すぎたのです。


薬局薬剤師で年収1,000万円も可能ではありますが、そんな求人はなかなか見かけなくなりました。

年収がダウンしてしまうのが確実であっても、年収ダウンの幅を抑えることは可能です。




管理薬剤師から一般薬剤師として転職

転職前に管理薬剤師をしていた薬剤師が一般職として転職をした場合、年収がダウンしてしまうことが多いです。


少なくとも管理薬剤師手当の分は年収が下がってしまうでしょう。


会社によっては管理薬剤師手当以外に基本給の部分でも一般職と差をつけています。


そうなるとボーナスの支給額も大幅ダウンとなってしまいます。

もし、管理薬剤師経験が豊富であれば対処法があります。


それは、いずれ管理薬剤師になるという約束をして管理薬剤師待遇で転職をすること。


今すぐはポストはないものの、数か月後に管理薬剤師のポストが空くなどの条件に当てはまれば、こういった交渉も十分可能です。


このあたりは交渉になりますからマイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの転職エージェントに頼むのが良いでしょう。

年収が低い業種への転職

例えば30代の薬剤師の年収を業種別に比べてみます。


最も年収が高いのが製薬会社MRで、年収がすでに1,000万円を超えている場合も少なくありません。


次がドラッグストアで年収500~600万円。そして、薬局が450~600万円、病院が400~500万円と続きます。


病院薬剤師がドラッグストアや薬局へ転職すればほぼ確実に年収がアップする一方、製薬会社MRがドラッグストアや薬局に転職するとほぼ確実に年収がダウンします。

製薬会社MRから薬局への転職の場合、「前職の年収を考慮」と求人に書いてあったとしても、MRの年収はほぼ考慮されません。


逆に、ドラッグストアから薬局、病院から薬局の場合は、年収ダウンとなってしまわないよう同額での転職が可能な場合も少なくありません。

雇用形態を変えた


正社員からパートに雇用形態を変えて転職する場合も年収ダウン必須でしょう。


逆に、正社員から派遣薬剤師への転職なら年収アップの可能性があります。


派遣薬剤師は確かに給料が良いのですが、薬局の業績が良くないと派遣薬剤師は切られてしまいますので、注意が必要です。

薬剤師が充足している地域への転職


僻地の薬局から都会の薬局へ転職するとほぼ確実に年収がダウンします。


薬剤師が足りなくて困っている地域では薬剤師の年収が高めで、薬剤師が余っている地域では薬剤師の年収は低めに提示されます。


薬剤師の需給でその地域の薬剤師の年収相場が決まります。

薬剤師免許を活かさない仕事への転職

給料が低いと嘆いている薬剤師も多いですが、世間一般から見れば恵まれています。

30代正社員でも年収200万円台、300万円台はざらにいます。


薬剤師でなくても誰でもなれるような仕事への転職は年収ダウンの可能性が高いです。

必要な能力・スキルが無い(調剤未経験など)

  • 調剤薬局への転職だが、調剤経験はない
  • ドラッグストアへの転職だが、OTCの知識が全くない



このような場合、やはり年収が前職よりも下がってしまうことがあります。


必要とされる知識や経験がなければ0からのスタートになるわけですから、年収が抑えられてしまうのは当然です。


スキルアップをして年収アップをしていきましょう。

転職回数が多すぎる

転職回数が多すぎる薬剤師は敬遠されるばかりか、年収を抑えられる傾向にあります。


その理由は、またどうせ辞めてしまうのではと思われること。


会社は、中途採用の薬剤師に対しては、これから長く活躍して後輩薬剤師を育成するなどの貢献を期待しています。


すぐにやめてしまいそうな薬剤師にはそもそも期待をしませんので、好待遇の提示は基本的にはしません。

面接で自分の弱みを見せすぎた

面接の場において、聞かれてもいないのに余計なことをしゃべる薬剤師が非常に多いです。


心配性なのか、本当に知識がないのか不明ですが、○○はできませんとか▲▲は不安ですとか。


一体何をアピールしに来たのでしょうか。


面接の場では○○ができます。▲▲が得意ですというようにアピールをする場です。

できないことが多すぎる薬剤師は採用こそされても年収ダウンの提示がされてもおかしくありません。

給与交渉をしなかった

薬剤師の転職は年収アップの大きなチャンスです。


この機会をみすみす逃すのは非常にもったいない話。


言われたままの条件で入社するのではなく、給与などの条件交渉を行いましょう。


交渉事は苦手だし、入社してから気まずくなるのではと思う薬剤師もいると思います。


そんな時は転職エージェント・コンサルタントを利用して条件交渉をすれば、全く問題ありません。

定年間近での転職


定年間近での転職では年収ダウンは必須です。


よほどの能力がある薬剤師でないと厳しいでしょう。


転職をするなら若いうちです。

薬剤師が転職で年収をダウンさせないためには

ここまで、薬剤師が転職で年収ダウンとなる原因をまとめてきましたが、これをしなければ、年収はアップします。

なかでも重要なのが、雇用条件の交渉をすることと早いうちから転職先や求人の情報収集を始めておくこと

この2点を確実に実行するだけでも年収ダウンを避けられる可能性が大幅に高まります。

年収ダウンでも満足度が高まる転職の方法

 転職で年収ダウンとなったが満足している薬剤師の声

  • 転職で年収はダウンしたが、残業が減って自分の時間が増えた
  • 年収はダウンしたが、やりたい仕事ができているので満足している
  • 年収はダウンしたが、休みがしっかりとれるようになったので良かった
  • 転職で年収は下がったが、1人薬剤師ではなくなったので精神的に楽になって良かった

このように、薬剤師が転職で年収ダウンとなっても満足度が高まれば(許容できる年収ダウン幅であれば)その転職は成功と言えるでしょう。

転職をすることで何を解決したいのかを明確にしている薬剤師は、転職を成功させることができます。



マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトをうまく利用して条件交渉などを代行してもらいましょう。

 調剤薬局への転職に強い転職サイト・転職エージェント3選

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。
  • リクナビ薬剤師|人材領域のプロであるリクルートが運営する、薬剤師に特化した人材紹介サービス。早さに定評あり。急ぎで転職先を探したいならここ。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。登録者数No.1 オールマイティに強い。