コロナウイルスによる薬局業績悪化
q

薬局が暇で不安な薬剤師

最近患者さんの数が減ってきました。

そのせいか、なるべく残業しないように指示が出ています。

薬の在庫もギリギリまで絞るように言われました。

薬局の経営がうまくいっていないのでしょうか?

pharma

このような不安を持つ薬剤師向けに書きました。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬局の経営が悪化する主な理由
  • 一般薬剤師でもできる薬局の経営状況の確認方法
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
全国に500店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、薬剤師の転職に役立つ情報を書いています。

転職に失敗する薬剤師をゼロになるまで書き続けていきたいと思います!

詳しい自己紹介

結論
もし、薬局の経営が悪化したらボーナスカットだけでなく、給与カット、人員カットが始まります。これは他人事ではありませんね。
あなたが働いている薬局の経営状態くらいは確認しておいた方が良いでしょう。

薬局の倒産が増加している原因

薬局の倒産が増加している原因は主に以下の通りです。

  • 新型コロナウイルス感染症による影響
  • 競合店の進出
  • 評判が悪く顧客が流出している
  • 門前医療機関の廃業
  • 急な店舗数増加による借入金増

新型コロナウイルス感染症による影響(受診控えと処方の長期化)

『2021年1-8月の「調剤薬局」の倒産は22件(前年同期比83.3%増)に達し、2004年の調査開始以来、年間最多だった2017年(17件)を大幅に上回った。』

引用:東京商工リサーチ

 

 

 

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、病院や診療所の経営状態が悪化しています。もちろん薬局も例外ではありませんね。

 

未だ、処方せん受付回数がコロナ禍前には戻り切っていないという薬局が少なくないと思います。
特に、耳鼻科と小児科の門前薬局はかなり痛手を負っているのではないでしょうか。
また、職員が感染してしまったことによる医療機関の休診の影響も大きいでしょう。
コロナの影響で患者さんが減っているのだから仕方ない。暇だから早く帰れて良いなどと思っていてはいけません。
この状況が長く続くようだと薬局の経営が本当にヤバイことになります。
そうなったら薬剤師だって安泰ではありません。
すでに、
賞与カット、給与カットが既に行われていたらまずい兆候。
その薬局から早めに逃げて!
また、大病院などではコロナの入院患者対応を迫られ、院内感染を防ぐために外来患者数を抑制したのも薬局にとって痛い状況です。
多くの病院では、患者さんの来院頻度を減らすため、処方日数の長期化が行われました。
また、電話受診という形で外来患者数を減らしています。
長期処方は薬局にとって減収。
処方日数が増えると処方箋1枚当たりの薬剤費は増加しますが、調剤基本料の算定回数の減少と技術料の頭打ちにより、患者一人当たりの収益は低下します。
加えて長期処方のために購入した薬剤の支払いが急激に増えますので、資金繰りという面でも大きな影響を受けます。
つまり、長期処方が増えると、
⇒受付回数が減る
⇒利益の源泉である調剤基本料と技術料が減る
⇒受付1回あたりの薬の量が増える
⇒在庫管理が大変
⇒卸への医薬品購入支払額が増加する
⇒資金繰り悪化
処方日数の長期化は薬局にとって最悪

競合店の進出

最近、あなたの薬局の近くに新しい薬局がオープンしていませんか?

 

ドラッグストアが調剤をやり始めていませんか?

 

調剤併設のドラッグストアがオープンしていませんか?

 

倒産が増えているとはいえ、薬局数自体はまだ増加しています。

 

薬局周辺の状況はどうでしょうか。

 

処方せんが減っているのは、他の薬局に取られてしまっているのかもしれません。

 

薬局の評判が悪くて顧客が流出

あなたの薬局の接遇はどうですか?

薬剤師の言葉遣いは?

待ち時間は?

いつも欠品で迷惑をかけていませんか?

 

薬剤師や事務の対応が悪い、待ち時間が長い薬局は、それだけで患者さんはすぐに離れていきます。
患者さんは文句を言わずそおっと別の薬局に移りますので、薬局ではあまり気づかないんですよね。
そう言えば、あの人最近来ていないような。
あの人にだけ出ていた薬が動かなくなって初めて気づくことってありますよね。
最後に対応した薬剤師誰でしょう・・・。

 

 

門前医療機関の廃業

薬局の倒産理由として、最近増加しているのは門前医療機関の閉院によるもの。

 

高齢や跡継ぎがいないことが主な閉院理由です。

 

もし、あなたの薬局の集中率が高ければ、薬局も一緒に閉局することになるでしょう。

 

門前医療機関の先生の年齢は?

 

跡継ぎは?

 

今の薬局にとどまっても大丈夫なのか、転職したほうが良いのかを考える材料にしていただければと思います。

急激な店舗数増加(借入金の増加)

さくら薬局(クラフト株式会社)の例です。

さくら薬局は正確には倒産ではありません。倒産しないように再生をしている段階です。

経営悪化の原因は、合併等により急激に店舗数を増加させた結果、借金が膨れ上がってしまったところにコロナによる受診抑制で売上が減少したというものです。

一般薬剤師でも薬局の経営状況を確認しておいた方が良い理由

薬局長(管理薬剤師)はもちろん把握しているでしょうが、一般薬剤師であっても知っておく必要があります。

 

一般薬剤師であっても薬局の経営状況を確認しておくと良いことしかありません。

 

自身の知識が増える

数字が読めるようになれば、薬局の問題点が見えてきます。

 

その数字を紐解いていくことにより、どこを改善する必要があるか、どこに力を入れなければいけないかがわかるようになります。

 

これができる薬剤師は評価が上がっていくはず。
これは、将来、管理薬剤師になったときに絶対得する知識。
また、株式投資で財務諸表を見るときにも役立つかもしれません。

転職の時に役立つ

薬局の数字が読めることはアピールポイントになります。

 

経営状態が良い薬局に転職できる可能性も高まるでしょう。

薬局が倒産する兆候をつかめる

これから薬局がバタバタと倒産する時代が来ます。

 

黒字であっても資金繰りがつかず銀行への支払いができなくなれば倒産です。

 

さすがに倒産するより前に事業譲渡などで他社に売られるでしょう。契約内容などもすべて見直されることになります。

 

 

薬局の売上減少が長期にわたって続いているのは危険なサインです。どこも買ってくれないかもしれません。

一般薬剤師が薬局の経営状況を確認する方法

あなたがお勤めの薬局の経営状況を把握してますか?
最低でも売上(特に調剤売上)と、人件費、在庫金額だけはしっかり見ておきましょう。
社内で公開されている業績資料などあればそれを確認しましょう。
公開されている資料がなければ過去からの推移をレセコンで調べましょう。
毎月の受付回数や調剤売上、処方箋単価はレセコンからすべて抽出可能です。
また、在庫についてはレセコンもしくは別で稼働させている在庫管理システムのデータを使います。

売上(特に調剤売上)

薬局にとって一番大切なのは調剤売上です。調剤売上はどのくらいでしょうか。

 

調剤メインの薬局においてはOTCや小分けの売上は微々たるもののはずです。

 

調剤売上がしっかりと前年同月比で伸びていれば問題ないと言えるでしょう。

 

受付回数はどうでしょうか。受付回数が前年同月比で増加していれば安心です。

 

技術料率はどうでしょうか。

 

利益の源泉とも言える技術料率が低下していると先行き不安です。

 

技術料率を上げるにはどうすればよいか。

 

  • 調剤基本料1算定をする
  • 地域支援体制加算を取る
  • 後発医薬品調剤体制加算を上げる
  • かかりつけ薬剤師の点数を取る
  • 重複投薬 相互作用等防止加算
  • 嚥下困難者用製剤加算
  • 自家製剤加算
  • 計量混合調剤加算
  • 夜間・休日等加算

 

しっかり算定していくとともに、算定漏れを防ぐことも大切です。
技術料をしっかり取っていかないと売上が伸びても利益が伸びていきません。

人件費

費用のうち、最も割合が大きいのは人件費です。

 

 

ただ、人件費をカットする権限は一般薬剤師はもちろん管理薬剤師にもありません。

 

人を辞めさせることはできませんし、給与を下げることもできません。

 

 

人件費を減らすために薬局で唯一できるのは残業を減らすことだけです。
人件費は一般薬剤師には見られないかもしれません。
その場合には、残業を減らすよう指示が出ていないかどうかで判断してください。
「残業はなるべくしないように」が、「残業禁止」になったらまずい兆候です。

医薬品在庫金額

費用とは若干異なるかもしれませんが、利益を減らすという意味では費用と言えるでしょう。

 

無駄な在庫(いわゆるデッドストック)は眠っていませんか?

 

卸から仕入れた薬を無駄なく使うことが大切です。期限切れ等で廃棄をしてしまうと利益減となります。

 

 

また、医薬品の購入代金が増加すればその分消費税を支払うことになり(租税公課が増える)、利益の減少につながります。

こんな数字だと危ない

受付回数や調剤売上が右肩上がりや横ばいなら良いですが、毎年減少傾向が続いているとなれば危険です。

 

減っている原因は何でしょうか。門前医療機関が減っているのか、競合店に奪われているのか。そういった視点も持っておくことが大切です。

 


調剤売上減少→

利益減→

従業員の賞与カット→

売上や利益が戻らない→

さらなる人件費削減→

派遣薬剤師切り→

まだ足りない→

従業員削減→

まだ足りない→

従業員の給与カット→・・・

 

この流れに巻き込まれないようにする必要があります。
薬剤師や事務の雇止め、賞与カット、給与カットにより、薬局の経営が回復すれば良いのですが、売上自体が減少している薬局においては、そう遠くない未来に倒産する可能性が高いでしょう。
賞与カットや給与カットなどの被害を被らないよう自分が勤めている薬局の経営状態の把握をお願いします。
評判の悪い薬局は普通に倒産する時代になりました。

チェーン薬局に勤めているのであれば会社全体の経営状況も

日本調剤、アイン薬局、クオール薬局など、上場している会社には経営状況を公開することが義務付けられています。
ホームページには投資家向け情報⇒IRなどに記載があるはずです。
売上や費用、利益まで全て書かれていますので是非確認してください。
投資家用ですから、だれもが、その数字を見ることができます。
チェーン店とはいえ絶対安全ではない
例えば1店舗のみの個人薬局にあなたが勤務していたとします。
門前の医療機関が閉院してしまったら路頭に迷います。
チェーン薬局なら、他に薬局が複数あるわけですから、会社全体に与える影響は軽微です。
とはいえ、最近では小規模のチェーン店であっても業績が悪化し、大手調剤チェーンの傘下に入ることも増えています。

 まとめ

あなたの薬局の経営状況はどうでしょうか。
もしかすると、既に立ち直れないレベルまで財務状態が悪化している可能性もあります。
景気に左右されないと言われてきた薬局ですが、まさか感染症拡大で収益がここまで悪化するとは思っていませんでした。
会社の財務状況がコロナ前から悪いと言われているところは、このコロナでとどめを刺されています。
瀕死の状態の薬局であれば早めに逃げだしてください。
倒産してから次の薬局を探しますか?それとも今すぐ次の薬局を探しますか?倒産する可能性が低い薬局に転職しますか?