【薬剤師の転職失敗談】失敗しやすい薬剤師の特徴と失敗を防ぐ7つの方法
q

転職を失敗したくない薬剤師

転職を失敗すると大変だという話を聞いたことがあります。

私も転職を考えているのですが、どういった点に注意すれば転職を失敗せずに済むでしょうか。

失敗した転職の体験談を教えてください。

  • 転職をしたいけど失敗したくない。
  • 転職に失敗するとどうなるの?
  • 転職を失敗しないためにはどうすればよい?

あなたもこのような疑問、悩みをお持ちではありませんか?

pharma

私のように転職に失敗すると悲惨です。大変な思いをすることになります。

実際の薬剤師の転職失敗談を知っておけば、転職での失敗を避けることができます。

本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

薬剤師の転職失敗談(事例から学ぶ)

薬剤師の転職失敗談(事例から学ぶ

全て実際にあった、薬剤師の転職失敗談です。

他の人の転職失敗事例を知っておくだけでも失敗のリスクを減らすことができます。

しっかり読んで同じ過ちを犯さないよう心がけましょう。

薬剤師の転職失敗事例

  • 私(ファマディー)の転職失敗談
  • 個人薬局へ転職して失敗した薬剤師の事例
  • 転職先の薬局が元の薬局に買収されて戻ってしまった薬剤師の事例
  • 年収の良さに釣られて転職して失敗した薬剤師の事例
  • 薬局見学をしなくて失敗した薬剤師の事例
  • 配属予定ではない薬局を見学して失敗した薬剤師の事例
  • 転職活動をしているうちに希望条件が変わって転職に失敗した薬剤師の事例
  • 転職のタイミングを間違えて失敗した薬剤師の事例
  • 深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決めて失敗した薬剤師の事例
  • 社長や採用担当者の人柄で転職先を決めてしまった薬剤師の事例
  • 情報不足で転職して失敗した薬剤師の事例

私(ファマディー)の転職失敗談

私は新卒で調剤薬局へ入社をしました。

そして、薬剤師1年目の時に研修会で知り合った近隣の薬局の社長にうまいこと言われ、その薬局に転職をしました。

その転職の結果はこちらに詳しく書きました≫薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

個人薬局へ転職して失敗した薬剤師の事例

ある薬剤師は個人薬局へ転職をした途端、門前の開業医が閉院してしまいました。

その会社が運営していた薬局はたった1薬局だけ。

門前の開業医が閉院した途端に業績が悪化。会社を畳むことになってしまいました。

住宅ローンも残っているのに会社都合での解雇となった薬剤師の話です。

≫個人薬局への転職は薬剤師にとって大きなリスク

転職先の薬局が元の薬局に買収されて戻ってしまった薬剤師の事例

大手の薬局が嫌で小規模の薬局に転職したのに、転職先の薬局が元の薬局に買収されてしまった。

その結果、また同じ会社に戻ってしまうことになった薬剤師の事例もあります。

『あの転職は何だったのだろう』となってしまいますね。

笑える話ですが、事実です。

個人薬局や小規模の薬局に転職する時にはこういったリスクもあることを知っておきましょう。

≫薬局が買収されたらどうなる?

給料が良いと思って個人薬局に就職してしまった薬剤師がいたら、一度考えてみてください。

≫個人薬局で働いていてこれから先、本当に大丈夫?

年収の良さに釣られて転職して失敗した薬剤師の事例

提示された年収が希望額に届いていたので転職することを決意。

しかし、その後何年働いてもほとんど昇給せずに一般薬剤師のまま。管理薬剤師にもなれず、この転職は本当に得だったのでしょうか。

年収や待遇の良さだけにとらわれて転職先を決めてしまうと後悔します。転職直後の年収だけでなく、総合的に判断しましょう。

待遇がものすごくよくても会社全体で不正を働いていたらどうでしょう。そんなところで長く働けないですね。

待遇面はもちろん考慮すべきであるが、あまりに良すぎる場合は裏があることも。様々な条件で比較検討してから転職先を決めましょう。

≫転職する時はその後の昇給はどうなのかも確認が必要

実際に薬局に行けば良かった。薬局見学をしなくて大失敗

評判は良いと聞いていたからきっと大丈夫だろうと、薬局見学をせずに転職を決めてしまった。

入社して配属された薬局の事務さんが全員死んだような顔で仕事をしていた。

事前に薬局を見学しておけば転職しなかったのに。

話だけで実際の職場を見ずに決めてしまって後悔するパターンは結構多いです。

一回薬局に行くだけでも多くの情報を得ることができますので、絶対に薬局見学はしておきましょう。

自分が実際に働くことになる薬局(職場)見学をさせてもらいましょう。できれば時間帯を変えて複数回見学させてもらうのが理想です。

百聞は一見に如かずとはよく言ったもので、実際に見ると雰囲気や空気感を感じることができます。


管理薬剤師や一般薬剤師、事務スタッフとも話をしてみましょう。

薬局見学をすれば、管理薬剤師に癖があるかどうかが見抜けます。

異動の可能性もあるでしょうから、可能であれば同じ会社の複数の薬局を見せてもらうと良いでしょう。

見学を断るような薬局への転職はやめておきましょう。

≫店舗見学で薬局の人間関係を見抜くことができます

配属予定ではない薬局を見学して失敗した薬剤師の事例

転職活動中の薬局見学で案内されたのは最新設備のそろった薬局でした。

これなら調剤過誤も起こりにくいし、調剤はスムーズ。薬歴は書きやすそうだし、患者さん対応に時間を使えそう。

条件も良いのでこの薬局に転職をしました。これから頑張ろうと思ったら、配属先はなんと別の店舗!?

≫その会社の基幹薬局を見学しても意味がありません

転職活動をしているうちに希望条件が変わって転職に失敗した薬剤師の事例

「プライベートを充実させたい」と思って転職しようとしたのに、薬局見学で見た「ハーブとアロマ」に目がくらんでしまった。

その薬局に転職を決めたのにハーブとアロマを取り扱っていない薬局に配属されてしまったばかりか、プライベートの時間も取れないなんて。

これでは何のために転職したのかわかりません。

≫転職をするなら自分が決めた条件がブレてはいけません

転職のタイミングを間違えて失敗した薬剤師の事例

転職するタイミングを間違えたばかりに、住宅ローンが組めずに家を買うことができなかった。

こんなことなら転職をするんじゃなかった。

≫住宅ローンを組む予定があるなら転職するタイミングは重要

深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決めて失敗

求人票や募集要項に書いてあるからきっと大丈夫だろうと、しっかりと確認せずに転職をしてしまった薬剤師。

実際に働き始めたら募集要項や求人票に書いてあったことと全然違う。

月の平均残業時間や薬剤師の支援体制、有給休暇の取得しやすさといった、細かな勤務条件を把握しないで転職先を決めてしまうと後悔することになります。

求人票に書いてあることも一つ一つ丁寧に確認していきましょう。

分からないことはすべて聞いて疑問点を解消してからでないと転職してはいけません。

求人票の内容が配属予定の薬局と合っていないことはよくあること。雇用条件を入念に確認してから転職するかどうかを決めましょう。

個人薬局では就業規則が作られていない(あっても形骸化している)こともあります。口約束とならないよう、条件面はしっかり書面にしてもらうことが大切です。

≫転職する時は薬局の募集要項や求人票に書いてあることを信じてはいけません

募集要項や求人票に書いてあることと、実際の薬局の状況が大きくかけ離れていることがよくあります。
≫配属予定の薬局の実情をしっかり調査してください

社長や採用担当者の人柄で転職先を決めてしまった薬剤師の事例

転職活動で対応してくれた社長や採用担当者がとても良い人だった。きっとこの会社なら大丈夫。

そう思って転職をしたが、一緒に働く薬局にいるのはクセのある人ばかり。

社長や採用担当者と一緒に仕事をすることはほとんどありません。

≫転職の決め手が社長や採用担当者だと失敗します

情報不足で転職して失敗した薬剤師の事例

転職活動中には気づかなかったが、あとになってから良い薬局が出てきた。

  • こんな業種や職場もあったのか・・・
  • こっちのほうがもっと条件が良かったのに・・・
  • この会社は悪い噂が多かったことを知らなかった・・・

情報不足の状態で転職先を決めてしまうと失敗します。これは転職活動を自分一人の力だけでやってしまう薬剤師に多い失敗です。

幅広い視野で転職を考え、たくさんの企業(薬局)を転職候補にあげましょう。

一人で情報を集めるには限りがありますので薬剤師転職サイト・転職エージェントを活用しましょう。

複数の薬剤師転職サイト・転職エージェントに登録して、気になる薬局の情報を両方で調査してもらうという裏技を使えば情報不足で失敗することはありません。

薬剤師転職サイト・転職エージェントに登録すれば自分の住んでいるエリアや勤務希望エリアの薬剤師の給料・年収の相場も教えてくれますので条件面で損をすることも防げます。

≫オススメの薬剤師転職サイト・エージェント

転職に失敗しやすい薬剤師の特徴

転職に失敗しやすい薬剤師の特徴

転職に失敗すると、時間と労力が無駄になります。そして、転職しなければよかったと後悔します。

そうならないように転職は1回で成功させなければなりません。もしすでに転職で後悔している薬剤師はこちらをご覧ください。

≫転職をして後悔している薬剤師、後悔したくない薬剤師は必見!

pharma

何年も薬剤師をしていると、転職に失敗しやすい薬剤師にはある共通の特徴があることがわかりました。

転職に失敗しやすい薬剤師の特徴

  • 転職する目的があいまい
  • 転職先に何を求めるか自分でもよくわかっていない
  • 面倒になってきたから早く決めてしまおうと思っている
  • 転職活動の手順が良く分かっていない
  • 上場企業の大手の薬局なら大丈夫と思っている
  • どこでもやっていけると過信している
  • 自分一人の力だけで転職活動をしようとしている

1つでも当てはまる点があれば、転職に失敗する可能性があります。

薬剤師の転職失敗には必ず原因があります。失敗の原因と知り、対策を立てれば転職の失敗は避けられます。

転職する目的があいまい

転職の目的は現在の職場では解決できない(得ることができない)何かを、転職によって解決する(得る)こと。

人間関係なのか、休みをしっかり取ることなのか、年収をアップさせることなのか。

転職をしたのに何も得られず、解決できなかったらその転職は失敗です。

転職の理由をはっきりさせ、その理由となった出来事が転職によって解決するかどうかをしっかりと見極めましょう。

自分の価値観をもう一度見つめなおしてみると良いと思います。

しっかりと希望条件を固めてから転職活動をしてください。

転職によって何を得たいのか、解決させたいのかを明確にしておきましょう。

≫希望条件の優先順位のつけ方

転職先に何を求めるか自分でもよくわかっていない

転職をする目的があいまいに似ていますが、あなたが次の転職先に何を求めているのかという条件が決まっていないと失敗します。

求めていたことが得られなければ転職しても満足することはできません。結果的にその転職は失敗です。

転職先に何を求めるのか、絶対に譲れない条件は何なのかを明確にしておきましょう。

希望条件に優先順位をつけておけば、妥協点を見出すこともできますのでおススメです。

≫希望条件の優先順位のつけ方

面倒になってきたから早く決めてしまおうと思っている

転職活動が面倒だとおもったら要注意です。

早く決めて楽になりたいという感情が出ている証拠です。

こういう精神状態の時には誤った選択をしがち。冷静な判断ができません。

  • 今の職場から早く逃げたいからすぐに決めてしまった
  • 転職活動が大変だったから決めてしまった
  • 採用担当者や社長の熱い言葉に押されて決めてしまった

希望条件に沿っていないと結局また不満がたまり、転職が必要になってしまうかもしれません。

とにかく情報をたくさん集め、しっかりと比較検討をして転職先を決めましょう。

転職活動が面倒だと思ったら、一度立ち止まってよく考えましょう。

転職活動の手順が良く分かっていない

薬剤師の転職活動はちょっと特殊です。正しい手順を知っておかないと転職に失敗します。

正しい転職の流れを理解してから転職活動を始めましょう。

【失敗しない】薬剤師のための転職成功マニュアル【転職初めての未経験者でも安心】

上場企業の大手の薬局なら大丈夫と思っている

思考停止で大手の上場企業の大手の薬局なら大丈夫だと思って転職をしてしまうと失敗します。

上場企業であっても合併したばかりの薬局であったり、できたばかりの薬局であったり様々です。

特に合併したばかりの薬局では、システムの変更ややり方の変更など混乱している可能性があります。

上場企業の大手の薬局だから大丈夫と思考停止になるのは危険です。

どこでもやっていけると過信している

自分のスキル・能力を過信して転職先を決めてしまうと、仕事が大変だった、思ったより忙しかった、仕事が覚えられない、スピード感についていけない、知識が圧倒的に足りない、井の中の蛙だった・・・となってしまいます。

一つの薬局(職場)しか経験していない自信家の薬剤師に多い転職失敗例です。

自身の薬剤師としてのスキルと経験の棚卸しをしておきましょう。

≫転職をしたことが無い薬剤師は要注意

自分一人の力だけで転職活動をしようとしている

薬剤師が自分一人の力だけで転職活動をすると私のように失敗します。

薬剤師転職サイト・転職エージェントを利用しましょう。

無料で転職サポートが受けられます。求人の紹介はもちろん、転職に関する相談、アドバイスも無料です。

転職をする薬剤師の9割は薬剤師転職サイトを利用しています。

そして今は複数の薬剤師転職サイトに登録することが常識になっています。

≫なぜあなたは複数の薬剤師転職サイトに登録しないのか

薬剤師が転職を失敗しないするために取るべき方法まとめ

薬剤師が転職を失敗しないするために取るべき方法まとめ

薬剤師が転職を失敗しないするために取るべき方法

  • 転職先候補の情報を徹底的に収集
  • 待遇の良さだけに惹かれず様々な角度から比較検討
  • 求人票をそのまま信じず、条件、業務内容など細部にいたるまで少しでも不明な点は全て確認
  • 転職活動中に希望条件を変えない
  • 今だけの好待遇ですぐに決断してはいけない
  • 自分の能力を過信してはいけない
  • 実際に配属される薬局の見学をする
  • 転職のタイミングを間違えない
  • 転職によって何を得たいのか、解決させたいのかを明確にしておく
  • 転職先に何を求めるのか、絶対に譲れない条件は何なのかを明確にしておく
  • 転職活動が面倒だと思ったら、一度立ち止まってよく考える
  • 正しい転職の流れを理解してから転職活動を始める
  • 上場企業の大手の薬局だから大丈夫と思考停止になるのは危険
  • 自身の薬剤師としてのスキルと経験の棚卸しを
  • 自分一人の力だけで転職活動をしようとせずに薬剤師転職サイト・転職エージェントを利用しましょう

これらのポイントに注意しながら正しい手順で転職活動を進めていけば、転職失敗の可能性は限りなく0に近づきます。

≫薬剤師が転職を成功させるために絶対に踏むべき正しい手順(流れ)をご覧いただき、転職を成功させてください。

転職が初めてならこちらをご覧ください。

【失敗しない】薬剤師のための転職成功マニュアル【転職初めての未経験者でも安心】

pharma

転職に失敗すると本当に大変ですよ。心が折れます。

転職は1回で成功に持っていきましょう。

≫薬剤師が転職を成功させる法則はこちら

ブラック薬局へ行きたいなら、正しい手順など不要。

ブラック薬局にはかんたんに転職できます。なぜかブラック薬局は採用が上手です。

ブラック薬局の求人票はとてもうまく作られていますからです。

≫求人票に騙されないように

この記事で紹介してきたことを実行していけば薬剤師の転職失敗は防げます。

私のように転職を失敗して大ダメージをくらわないようにしてください。

転職に失敗したくなかったらこちらの薬剤師転職サイトに登録を

オススメしている薬剤師転職サイトはこの4社

転職サポートは薬剤師限定で無料。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。自分のペースでじっくり転職活動をしたい方向け。≫登録前にマイナビ薬剤師をもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学へ同行希望者向け。≫登録前にファルマスタッフをもっと詳しく知っておきたい方はこちら

\アポプラス薬剤師への登録はこちら/

※出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ。≫登録前にアポプラス薬剤師をもっと詳しく知りたい方はこちら

\薬キャリエージェントへの登録はこちら/

※メールと電話でかんたん転職。≫登録前に薬キャリAGENTについて詳しく知りたい方はこちら

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。