ハーブやアロマを扱う薬局に転職して大失敗【その原因と対策】
jimu1 bad

ハーブやアロマをやりたくて転職して失敗した薬剤師

プライベートを充実するために転職をしようとしていたのに、ハーブやアロマを取り扱っている薬局を見学して一目惚れしてしまいました。

それでその薬局に転職をしてしまい、後悔しています。

どうしたらよいでしょうか。

pharma

転職の目的が途中から変わってしまうパターンは、転職失敗のよくある原因の1つです。

あなたが転職をしようと考えたきっかけは何でしょうか?

何が叶えば転職が成功したと言えるのでしょうか。

例えば、残業が多すぎて大変だからという理由で転職を考えたとします。

転職先でも残業が多かったらどうでしょうか。

その転職は成功とは言えませんね。

自分が嫌だと思った事があったから転職をしたのに、その原因が取り除けなかったら次の薬局でも同じ思いを抱えてしまうでしょう。

転職の目的がしっかりとぶれなければ、転職先選びで失敗することは無くなるはずです。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

 本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

  • 転職の失敗の原因
  • 転職で失敗したと思ったら

この記事を読むと、他の薬剤師が転職で失敗した原因を知ることができます。

それを活かすことで、あなたは転職成功に近づくことができます。

結論
転職で失敗したと思ったら、この失敗を活かして次の転職の準備をするべきです。
というのも、このままの状態で働き続けてもスッキリしないでしょうし、薬剤師として成長できないでしょう。

また、これから転職をする薬剤師は、この方のように途中で希望条件を変えてはいけません。

この薬剤師が失敗した転職活動の実例

jimu1 bad

最初はプライベートを充実させたいと思って転職活動をしていたのですが・・・

今回の20代の女性薬剤師Cさんは病院薬剤師として働いていました。

その病院の薬剤師部は病棟業務に力を入れていることもあり、日勤や夜勤など常に忙しい状況でした。

さらに、休日は4週6休。

転職によって、一番解決させたいのは「休みの少なさ」でした。

加えて「給料が安い」というのが転職を考えたきっかけです。

病院までの通勤が片道1時間というのも体力的に辛いのでそこもクリアにしたいと考えていました。

薬剤師Cさんが転職で解決したいこと

  • 休みが少ない
  • 残業が多い
  • 給料が安い
  • 通勤時間が長い

転職によってこの4つの条件がクリアになれば、薬剤師Cさんの転職は成功です。

jimu1 bad

転職活動は少ない休みを使わないといけないので、効率的に求人情報を収集しなければと思い、薬剤師転職サイトに登録しました。

pharma

ここまでは転職失敗の要因はありません。むしろ成功に近いパターンです。

薬剤師転職サイトに登録後、コンサルタントに先ほどの希望条件を伝えたところ、Cさんの条件に合う薬局が複数紹介されましたそうです。

Cさんは転職活動に使える時間に限りがあることから、3つに絞り込んで見学と面接をお願いすることにしました。

pharma

3つに絞り込んだ点も少し心配ではありますが、時間に限りがあるので仕方ない部分です。

 1つ目は面処方せんを多く受付している調剤薬局

薬局の雰囲気はよく、完全週休二日制。研修制度は充実していました。

多くの医療機関からの処方せんが持ち込まれるので薬の在庫品目数が多く、知識が偏ることがないことも利点でした。

但し、残業は若干多めです。

通勤時間は車で15分。

pharma

残業が多めという点が気になりますが、まあまあ条件を満たしていますね。

 2つ目は個人医院(内科)の門前薬局

完全週休二日制で残業はほぼゼロ。

給与の提示が一番良かったのはこの薬局です。

通勤時間は車で10分。

pharma

薬剤師Cさんの希望条件に全て合致していますね。

 3つ目は診療所の門前薬局

3つ目に見学したのが診療所の門前薬局です。

研修制度は充実していて、完全週休二日制ではありません。

残業は月に5時間程度。

ハーブとアロマに力を入れているという特徴がありました。

pharma

客観的に見てCさんが転職を成功させるのに一番可能性が高いのは、2番目の薬局でしょう。

ところが、この女性薬剤師Cさんが転職先に決めた薬局はハーブやアロマに力を入れているという3番目の薬局でした。

jimu1 bad

ハーブやアロマにもともと興味があったので、それも良いかなと思って・・・

元々Cさんはハーブやアロマにも興味があったので、最初のうちは楽しく働いていました。

働き始めて半年後、Cさんに思わぬことが起きました。

市内の別の薬局への異動です。

給料は変わりませんが、異動先の薬局は門前の医療機関が夜7時まで診療をしていることもあり、薬局の閉局は夜8時近く。

残業も多く、病院に勤務していた時と比べて帰宅時間はむしろ遅くなってしまいました。

しかもハーブにもアロマにもまったく力を入れていない薬局です。

  • 休みが少ない
  • 残業が多い
  • 給料が安い
  • 通勤時間が長い

この4つの希望条件のうち、「休みが少ない」と「残業が多い」と言う条件を満たしていません。

しかも、病院勤務時代よりも帰りが遅く、完全週休二日制ではない。

さらにはハーブもアロマも扱っていない。

jimu1 bad

これでは何のために転職をしたのかわかりません。

pharma

そうですね。

この薬剤師が転職に失敗した原因

Cさんが薬剤師転職支援サイトを利用して転職活動をしたまでは良かったのですが、その先が失敗でした。

4つの希望条件よりも、ハーブやアロマを優先してしまったことが失敗の最大の要因です。

担当のコンサルタントからは、「会社全体でハーブやアロマに力を入れているわけではないですよ。」という助言はあったようです。

それでも、見学に行った薬局でのアロマに力を入れている所に気に入ってしまいました。

転職サイトの担当コンサルタントは様々な情報を提供してくれ、かつ相談に乗ってくれますが、最終的に転職先を決めるのは自分です。

コンサルタントの助言を聞きながら、自分が最も大切にしている条件は何かを再度よく考えましょう。

転職を成功させるには、転職の目的と希望条件をぶらさずに貫き通すことが大切。

希望条件に一番近いのはどこの薬局なのかを十分に考えたうえで、最終決断をすることが転職失敗を避ける秘訣です。

もちろんハーブやアロマを取り扱っている薬局が悪いわけではありません。

ハーブやアロマを取り扱っている薬局の求人を探す方法もあります。

薬剤師の転職失敗事例のまとめ

なぜ転職をすることになったのか、その目的を忘れてはいけません。

希望する条件のうち、絶対に譲れないというものをしっかりと決めておきましょう。

希望条件の考え方はこちらの記事にまとめました。

  1. 薬剤師としてどうなりたいか
  2. 自分が絶対に譲れない条件は何か

この2つを常に忘れずに転職活動をしていけば、Cさんのような失敗を避けることができます。

転職失敗回避の方法には失敗例を知ることが大事

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・必読8つの実例