薬剤師が転職する時の不安とその解消法【これで後悔しない】
q

転職が不安な転職未経験の薬剤師

今の職場の人間関係が辛すぎて、転職を考えています。

転職活動は初めてなので、何から手をつければ良いのかわからずとても不安です。

不安を解消して転職活動をするにはどうすれば良いでしょうか?

NEWq


就活のときはあまり薬局について詳しく考えず今の会社に入社してしまいました。

なんか聞いていた話とは全然違いました。勉強もできないし、人間関係も良くないしストレスが溜まります。

もっとしっかり薬局を選ぶべきでした。転職したいのですが、いろいろ不安です。

menaseru

転職経験のある薬剤師

次の転職が2回目です。もう転職で失敗をしたくないです。

どうすれば良いでしょうか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が転職するときに不安になる理由
  • 薬剤師が転職についての悩みや不安を限りなくゼロに近づける方法
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:転職に不安になるのは当然。不安をできるだけ取り除いて転職を成功させるには、譲れない条件を確立させることと強い味方持つことが必要。

薬剤師(調剤)未経験の方の転職についてはこちらをどうぞ。

薬剤師が転職するときの不安理由・原因

 薬剤師が転職するときの不安理由・原因

  • どのように転職活動をしたらよいのかわからない不安
  • 転職活動をできるかという不安
  • 条件通りの転職先がみつかるかどうかという不安
  • 面接や試験に受かるかどうかという不安
  • 今の会社をスムーズに辞められるかという不安
  • 転職が失敗だったらどうしようという不安
  • 転職後にやっていけるかという不安
  • 転職しても大丈夫かという不安
  • 転職する薬剤師は不利にならないかという不安

どのように転職活動をしたらよいのかわからない不安

転職未経験薬剤師の疑問

転職未経験の薬剤師によくある不安や疑問です。


正しい求人の探し方はこちらをご覧ください。


どういう手順で転職活動をすれば良いかわからないという薬剤師はこちらをどうぞ。

条件通りの転職先がみつかるかどうかという不安

給料が上がるか、休みがしっかり取れるかなど希望する条件(勤務条件、年収など)で転職できるかという不安はありますよね。

条件通りの転職先を自分の力で探すのは無理があります。薬剤師転職サイトに登録をして広く情報を集めましょう。



複数登録することで条件通りの転職先が見つかる可能性が高まります。

転職活動をできるかという不安

今の仕事と転職活動を両立できるかという不安があると思います。

自力での転職活動は情報収集や薬局見学の日程調整などやることが多くて大変です。

薬剤師転職サイトのコンサルタント・エージェントに調整をお願いしましょう。

面接や試験に受かるかどうかという不安

自分のキャリアや強みを評価してもらえるか、面接でしっかり話せるかという不安があると思います。そもそも、採用試験を通過できるかどうかが不安な薬剤師もいることでしょう。

そんな不安を持っている薬剤師にはこちらが参考になるかもしれません。


今の会社をスムーズに辞められるかという不安

うちの薬局は人手不足だから、やめさせてもらえるだろうか。揉めそうだなという不安を持つ薬剤師にはこちらが参考になるかもしれません。


転職が失敗だったらどうしようという不安

ほかにもっと条件にあった会社があったのではないか
想定していた職場環境とギャップが生じないか

転職後にやっていけるかという不安

転職先の人と仲良くやっていけるか、どんな人がいるかわからないという不安については薬局見学で解消しましょう。

新しい人間関係や社風に馴染めるかという人間関係についての不安はこちらにまとめました。

自身の経験やスキルが通用するかという不安については勉強していくしかないですかね。

転職しても大丈夫かという不安

この年齢で転職してよいのか、今の状況で転職しても大丈夫かという不安を持った場合は下の記事が参考になるかもしれません。


転職する薬剤師は不利にならないかという不安

薬剤師が転職することは珍しいことではありません。

あなたの職場でも転職していった薬剤師や転職してきた薬剤師がいるのではないでしょうか。
新卒から入って定年まで勤める薬剤師のほうが少ないかもしれません。
特に20代、30代の薬剤師にとって、転職したことが今後の薬剤師人生において不利になることは一切ありません。
むしろ経験値が増えるという意味で転職したことがプラスに働くでしょう。

私自身もいろんなタイプの薬局を経験することで、現在の薬局運営に大きく活かすことができています。


薬剤師2年目・薬剤師3年目の転職は全く問題ない理由

薬剤師が転職についての悩みや不安を限りなくゼロに近づける方法

転職で不安になるのは当然です。
不安しかないと言っても過言ではありません。

「薬剤師 転職 不安」で検索した方の不安はこの中にあったのではないでしょうか。

転職に対して不安を持つのは仕方のないことです。

ここは切り替えて、転職の失敗を心配するのではなく、成功確率を限りなく高めることに時間を使いましょう。

転職成功確率を限りなく高めるにはどうすればよいか。

 薬剤師が転職についての悩みや不安を限りなくゼロに近づける方法

  • 絶対に譲れない条件を確立する
  • 転職のプロに転職支援をうける

絶対に譲れない条件を確立するということが必須です。

絶対に譲れない条件を定める

転職によって得たいものは何か。条件の中でどれを最優先にすべきかをしっかりと定めましょう。

転職の成功とは自分が思い描いている理想に沿った転職を実現すること。

残業が少ないことを最優先の条件として転職活動を始めたのに、高額給与の薬局に転職してしまって結局残業時間が増えてしまった・・・。
これでは転職成功とは言えないでしょう。
これだけは絶対に譲れない条件というものををしっかりと決めておかないと、最終決定の時も的確な判断ができません。
10年後、20年後、あなたはどうなっていたのかという理想をイメージします。
その理想を実現するのに最適な職場を探すのです。
今の職場で実現できそうなら辞める必要ありません。
でもこのページを見ているあなたはおそらくそうではないのでしょう。
年収、人間関係、ワークライフバランス、そのすべてが完璧な職場の求人などありません。

そんな完璧な職場だったら誰も辞めないですよね。

もう一度言いますが、絶対に譲れない条件、どの条件を最優先にするかを決めておくことが大切です。

この最優先条件を決めておくと転職活動中に自分の考えがブレることがなくなります。

転職コンサルタント・エージェント転職支援を受ける

不安の多くは「知らないこと、わからないこと」が原因です。


不安や疑問点が出てきたら、その都度専任のコンサルタント・エージェントに相談して解消していきましょう。


「転職をしない」という選択肢を残しておけば後悔することはありません。

薬剤師転職サイトに登録して、いろいろ転職先を探してもらったのに転職しなくても大丈夫なのでしょうか?

大丈夫です。


もっと良い求人が出るまでは転職しないということもできます。


ファルマスタッフなんて、「転職しない相談会」を開催しているくらいです。自分の市場価値の確認や相談だけでも大丈夫です。

このサイトで紹介している薬剤師転職サイトなら、転職を無理強いしてくることはありません。

絶対に譲れない条件を決めた薬剤師が転職コンサルタント・エージェントに相談するとどうなるか。

転職コンサルタントがあなたのために良い職場を本気になって探してくれます。

せっかく転職先を紹介しても希望条件がコロコロ変わる薬剤師には、コンサルタントは非常に困ります。次はどんな薬局を紹介すればよいかわからなくなってしまいますね。

絶対に譲れない条件がしっかり決まっている薬剤師には、親身になってピッタリな薬局を探してくれるわけです。

 あなたにピッタリな転職先を紹介してくれる薬剤師転職サイト

転職成功の確率は100%ではないけれど

薬剤師転職サイトに登録してコンサルタントと相談しながら正しい手順で転職をしても100%成功するとは限りません。

100%コントロールできない部分だって当然あります。

薬局見学に行った後に管理薬剤師が異動になって違う人に変わったとか、別の薬剤師も転職してきたとか。
急に門前医療機関が閉院してしまい別の店舗で勤務することになってしまったとか。



ですが、考えるべき点をしっかり考え、確認すべき点をしっかり確認し、正しい手順で転職活動を行うことによって成功の確率を限りなく100%に近づけることは充分可能です。


さあ、一歩踏み出してみましょう。


少なくとも今の状況よりも良い職場はたくさんあります。


それでも心配なことはたくさんあるでしょう。ですが、自分でコントロールできないことをいくら心配しても仕方ありません。


万が一転職が失敗だと思っても、良い経験として先に進むしかありません。


一度や二度転職を失敗しても大丈夫。薬局の数なんてコンビニよりも多いのですから。