絶対に損をしたくない薬剤師のための転職活動法【悩むのは内定後でOK】
q

転職で絶対に損をしたくない薬剤師

転職で絶対に損をしたくないのですが、どのように転職活動をすれば良いでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 絶対に損をしたくない薬剤師のための転職活動法
  • 薬剤師なら常に転職活動をしておくべき理由
  • 転職するかどうかを考えるのは今より良い条件が出た時だけ
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
転職2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。

転職に失敗する薬剤師をゼロにしたいという思いで、自らの経験を基に記事を作成しています。
詳しい自己紹介

結論
常に転職活動状態にしておく。
今よりも条件の良いところから内定が得られたときにのみ転職するかどうかの判断をする。
これで損をすることはありません。

絶対に損をしたくない薬剤師のための転職活動法

転職をする目的は様々ですが、せっかく転職をするなら今よりも良い条件の会社に転職をしたいもの。


年収が下がってしまったり、環境が今よりも悪くなってしまうような転職は薬剤師にとって絶対に避けたいところです。


では、薬剤師が転職で損をしないためにはどうすればよいのでしょうか。

常に転職活動をしておく。


今よりも良い条件で内定をもらった時だけ転職をするかどうかを考える。

この2つを守れば転職で損をすることは絶対にありません。

薬剤師なら常に転職活動をしておくべき理由

絶対に損をしたくないなら、常に転職活動をしておくべきであると書きました。


転職が必要になってから転職活動を始めるのではありません。


何の問題もない時から転職活動をしておくということが大切なのです。


いやいや、今の仕事をしているのに転職活動をするなんて意味が無い。


今の職場に不満はないから転職活動なんて不要。


今の年収には満足しています。だから転職なんて考えていません。


そんな声が聞こえてきそうです。

そんな薬剤師のために、常に転職活動をしておくとどれほど良いことが起こるかをまとめてみました。

常に転職活動をしておくことは本当に大切な事なのです。

薬剤師の転職活動

転職活動と言っても、休日を潰してまで薬局見学をしたり、面接を受けに行く必要はありません。


薬剤師の転職活動の中心は情報収集です。


薬局見学や面接は、あなたが得をする可能性が極めて高い時にのみ行きますので、時間的なリスクはありません。

 薬剤師なら常に転職活動をしておくべき5つの理由

  • 薬剤師の転職事情が手に取るようにわかる
  • 他の薬剤師より一歩先んじることができる
  • 職場の環境悪化への対策
  • 年収アップのチャンスを掴める
  • 今後の薬剤師大流動化時代の到来への対策

薬剤師の転職事情が手に取るようにわかる

転職活動をしていると自動的にあなたの所へ情報が集まってきます。


具体的には次のような情報が集まってきます。

  • 周辺の薬剤師賃金の相場
  • 周辺の薬局新規開局情報
  • 勢いのある会社の情報
  • 特徴ある薬局の情報
  • 他薬局での取り組み

周辺の薬局の薬剤師賃金相場を知ることができますので、自分の年収が相場より高いのか安いのかを客観的に比較することができます。


新規開局時に薬剤師を募集することが多いので新規開局情報を掴むことができます。


勢いのあるライバル薬局の動向を察知することができます。


『●●薬局ではこんなことをやっている』『△△薬局ではここに力を入れて業績を伸ばしている』


これを自分の薬局で取り入れれば、あなたの評価はうなぎ上りとなるでしょう。


転職活動は、転職先を探すためだけのものではありません。


今の仕事にも生かせる貴重な情報を得ることができるのですから、転職活動をやらない理由が無いのではないでしょうか。

他の薬剤師より一歩先んじることができる

例えば、あなたと同じ地域に転職をしたいと考えている薬剤師がいたとします。


希望している条件もあなたと同じです。


あなたはすでに転職活動を始めて情報を収集していますが、別の薬剤師はこれから転職活動を始めるようです。


あなたは転職活動で周辺薬局の薬剤師賃金相場も知っていますし、薬局の特徴も頭に入っています。


でも別の薬剤師は、未だに薬剤師の転職サイトはどこにしようかなんて悩んでいます。


このタイミングで、好条件の薬剤師求人が出たらどうでしょうか。


あなたは、周辺相場よりも好条件だということがすぐにわかりますし、その薬局の特徴も良く知っています。


応募しようという判断をすぐに下すことができるでしょう。


でも別の薬剤師はまだ何もわかっていません。


仮に、薬剤師転職サイトへの登録が間に合っていてこの求人を紹介されたとしても、この求人がどれほど好条件なのかを即座に判断することはできません。


常に転職活動をしていたあなたと、転職をしようと考えてから動き出した薬剤師とではすでにあなたの方が圧倒的に先へ進んでいます。


好条件の求人を勝ち取り、転職を成功させることができるのは間違いなくあなたです。

職場の環境悪化への対策

今の職場に不満がないのに転職活動をしている薬剤師はほとんどいません。


これこそが、他の薬剤師に差をつけるポイントです。


みんな不満を持ってからどうしようか悩んで、転職活動を始めるのです。

常に転職活動をしている薬剤師はココでも差をつけることができます。


今は不満は無くてもこの先どうなるかわかりません。


  • 急に変な上司が来るかもしれません。
  • 急に全く仕事のできない薬剤師が来るかもしれません。
  • 急にお局事務様が来るかもしれません。
  • 薬剤師数を減らされてしまうかもしれません。
  • 急に門前医療機関が閉院してしまうかもしれません。
  • 急に転勤を命じられるかもしれません。

そうなってしまったとしても、すでに転職活動を始めているあなたなら全く動じることはないでしょう。


淡々と好条件の転職先を探しつづけるだけで良いのです。

薬局大合併、薬剤師大流動化時代への対策

薬局数は頭打ちとなりました。


院外処方せん発行率もほぼ頭打ちです。


調剤報酬は毎回改悪されていきます。


今は利益が出ていても、次の改定でどうなるかはわかりません。


あなたが勤務している薬局の業績が悪化したらどうなるでしょうか。

この先、さらなる薬局数の減少、合併の増加が予想されています。


でも早くから転職活動をしていたあなたなら大丈夫。


業績の良い薬局、特徴的な取り組みをしている薬局を知っています。


生き残れる薬局への転職を成功させることができるでしょう。

年収アップのチャンスを掴める

薬剤師の賃金は上がりにくくなってしまいました。


その理由は以下の通りです。

  • 薬剤師が充足しつつある
  • 調剤報酬改悪が続いていて薬局の業績が悪化している
  • 今後増えるであろう合併により人事制度が簡単に変えられてしまう
  • 薬局数が増えないので昇進しづらい

こういった事情により薬剤師の年収は横ばい~若干の低下傾向となっています。


現在は年収に不満は無かったとしても、この先はどうなるかはわかりません。


急に人事制度が変わって年収ダウンの提示を受けるかもしれません。


急にお金が必要になるかもしれません。


結婚が決まるかもしれません。


子供ができるかもしれません。


物価が急上昇してしまうかもしれません


実は相場より安い年収で働かされているかもしれません。


友人の方がたくさんもらっているかもしれません。

でもすでに転職活動を始めていたあなたならアドバンテージがあります。

万が一、業績悪化で倒産・・・、リストラ・・・、転勤・・・・。


こんなことが起きてしまっても、すでに転職活動を始めているあなたなら大丈夫。


いつでもすぐに逃げ出すことができますね。

転職するかどうかを考えるのは今より良い条件が出た時だけ

給与などの条件提示

転職活動はノーリスクでハイリターンが得られる最高の自己投資です。


転職活動によって、今よりも良い条件で内定をもらえた時にのみ、転職をするかどうかを真剣に考えましょう。


条件が良くなければ、お断りするだけで良いのですからノーリスクです。

転職で年収が下がってしまったということは確実に避けられます。

転職活動中の薬局見学で他社の情報を仕入れることができますし、雰囲気もつかめます。


仮に、転職をするという決断に至らなかったしても、転職活動で得たものは大きいでしょう。


あなたの薬剤師人生に必ず役に立ちます。

「私は絶対に今の会社で働き続けるという薬剤師A」と、「基本は今の会社で働き続けようと思っているけど、万が一の時にはいつでも出られるようにしておこうと考えている薬剤師B」


この2人の薬剤師には差が出ますね。


いざという時にすぐに動ける状態になっているかどうかで、圧倒的な差がついてしまいます。


薬剤師Aの会社がこの先もずっと順調かどうかなんてわかりません。


困ったことになってから転職活動を始めても時すでに遅し。


常に準備をして備えていた薬剤師Bのほうが得をするのは確実でしょう。

今から転職活動を始める薬剤師はどうすれば良いか

今後、薬局数の減少、合併、倒産などにより薬剤師が流動的になるはずです。


今でも薬剤師が転職することは珍しいことでありませんが、今後は薬剤師なら何度も転職するのが当たり前という世界に変わっていくでしょう。


こういう世界ではいかに薬剤師転職エージェントを活用するかが鍵となります。


薬剤師転職エージェントを活用するメリットはたくさんあります。


詳細はこちらにまとめました。

今の職場に不満はないが、将来が何となく不安。


ずっとこの会社にいて大丈夫だろうか。


もう調剤に未来はないのではないか。


職場の人間関係に疲れた。


うちの薬局の取り組みって他よりだいぶ遅れているような・・・

今すぐに転職をしなくたって大丈夫です。


いざという時にいつでも転職ができるという準備がしてあれば、心に余裕ができると思いませんか?

転職で損をしたくないのですぐに転職活動を始める薬剤師向け

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。
  • リクナビ薬剤師|人材領域のプロであるリクルートが運営する、薬剤師に特化した人材紹介サービス。早さに定評あり。急ぎで転職先を探したいならここ。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。登録者数No.1 オールマイティに強い。

まとめ

  1. 今の職場に不満が無くても転職活動をしておくべき。
  2. 薬局業界の今後は激動。何が起きるかわからないので今のうちから対策が必要。
  3. 薬剤師の転職は今後さらに増加する。他の薬剤師に遅れをとってはいけない。