【目的別】薬剤師求人の探し方まとめ
q

薬剤師の求人の探し方を知りたい
薬剤師のみなさんは求人をどうやって探しているのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 希望年収で求人を探す方法
  • 特徴で求人を探す方法
  • 業種から求人を探す方法
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:薬剤師の求人は自分で探せるものの、非公開の案件もあるためすべてを見ることは不可能。良い求人を見つけたとしても直接応募するメリットはありません。
結果的に一番得する転職方法は、薬剤師転職サイトを利用して転職することです。事実、転職する薬剤師の8~9割は薬剤師転職サイトを利用して転職をしています。

私が勤務している会社(某チェーン)の中途採用応募の9割は薬剤師転職サイトからの紹介。直接応募は全体の約1割。



自分で探す方法もこちらにまとめましたが、はっきり言っておすすめしません。

希望年収で求人を探す方法

やっぱり年収1000万円希望です。僻地でもどこでも行きますよという薬剤師向け。


1人薬剤師でも管理薬剤師でも大丈夫ですという年収900万円希望の薬剤師向け。

年収800万円希望の薬剤師向け。僻地は無理だか、地方都市なら働けるという薬剤師向け。

年収700万円希望の薬剤師向け。調剤経験あってラウンダー薬剤師でも良いなら以外と多い。

高収入の求人を探す方法(まとめ)

薬局の特徴で求人を探す方法

土日休みの求人の探し方


年間休日120日以上の求人の探し方

残業が少ない求人を探す方法

駅から近い求人を探す方法


自動車通勤可能な求人を探す方法

転勤や異動がない求人の探し方

研修制度が充実している求人の探し方

多くの診療科の処方箋を応需している薬局求人の探し方

調剤未経験でも大丈夫な求人の探し方

産休・育休取得実績のある求人の探し方

託児所付きの求人の探し方

新卒・第二新卒でも歓迎してくれる求人

ブランクがある薬剤師向けの求人の探し方

在宅をやっている薬局求人の探し方

漢方薬やアロマに力を入れている求人の探し方

住宅手当・住宅補助が手厚い求人の探し方

管理薬剤師求人の探し方

大手企業求人の探し方

業種から求人を探す方法

転職希望でも業種しか決まっておらず、細かい希望条件が決まっていないのであれば初めから自分で探すようなことはせず薬剤師転職サイトに登録してしまった方が良いでしょう。


自分が気づいていない不満や要望などを転職サイトのコンサルタント・エージェントが面談などで吸い上げてくれます。それに基づいた転職先を紹介してくれますので、求人を探すという作業自体が不要になります。

薬局への転職を希望するなら

病院への転職を希望するなら

ドラッグストアへの転職を希望するなら

製薬企業への転職を希望するなら

派遣薬剤師なら

転職した薬剤師の8割以上が薬剤師転職サイトを利用
自分で頑張って求人をさがして、エントリーしてという直接応募にメリットはありません


薬剤師転職サイトを利用して転職する薬剤師が大多数です。