【目的別】薬剤師求人の探し方まとめ
q

薬剤師の求人の探し方を知りたい
薬剤師のみなさんは求人をどうやって探しているのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師求人の探し方全手段
  • 希望年収で求人を探す方法
  • 特徴で求人を探す方法
  • 業種から求人を探す方法
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
転職2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。

転職に失敗する薬剤師をゼロにしたいという思いで、自らの経験を基に記事を作成しています。
詳しい自己紹介

結論:薬剤師の求人は自分で探せるものの、非公開の案件もあるためすべてを見ることは不可能。良い求人を見つけたとしても直接応募するメリットはありません。
結果的に一番得する転職方法は、薬剤師転職サイトを利用して転職することです。事実、転職する薬剤師の約9割は薬剤師転職サイトを利用して転職をしています。

私が勤務している会社(某チェーン)の中途採用応募の9割超は薬剤師転職サイトからの紹介。直接応募は全体の1割未満です。


薬剤師求人の探し方全手段

  1. 【非推奨】薬剤師が自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探す(すべて自力で)
  2. 【非推奨】各薬局のホームページから求人情報を探してエントリーする
  3. 【非推奨】ハローワークで薬剤師の求人情報を探す
  4. 【非推奨】医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探す
  5. 【非推奨】新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す
  6. 【非推奨】新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する
  7. 【非推奨】薬学系雑誌に掲載されている求人情報から転職先の薬局を探す
  8. 【推奨】薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトで検索する
  9. 【推奨】薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトに登録してあなたに合った条件の求人を紹介してもらう
  10. 【推奨】薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトに登録してあなたに合った条件の非公開求人を紹介してもらう

1~7の【非推奨】の求人の探し方についてはこちらにまとめましたのでご覧ください。



ここでは、8~10の【推奨】薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトを利用した求人の探し方について書いていきます。

薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトで検索する

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトトップページから『求人検索』をすることができます。

数万件の求人の中から、働くエリア、雇用形態、業種、希望条件で絞り込むことができます。


サイトに未登録の場合は詳細の企業情報を知ることはできません。


薬局見学や詳細な企業情報を知りたい場合は登録が必要です。

薬剤師転職サイトに登録しなくても転職はできます。


転職はできるのですが、失敗する可能性が高まると言わざるを得ません。

その理由は以下の3つです。

  • 希望通りの求人を見つけ出せていない
  • 給与などの条件交渉で損をしてしまう
  • 転職先の情報収集不足が原因の転職失敗の可能性が高まる

薬剤師転職サイトに登録しなくても転職はできます。


でも、転職を成功させたいなら薬剤師転職サイトへの登録は必須です。

では、いくつかある薬剤師転職サイトのうちどこに登録すれば良いか迷うと思います。

 ここに登録すれば間違いない薬剤師転職サイト一覧

薬剤師転職サイトの選び方はこちらにまとめました。

いくつかの薬剤師転職サイトに登録し、コンサルタントとの相性をみながら決めていくことも可能です。

薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトに登録してあなたに合った条件の求人を紹介してもらう

薬剤師転職サイトに登録して希望に合った求人を紹介してもらう方法が最も転職成功の確率が高まります。

100%希望通りの求人というのは無かったとしてもほぼ希望通りという求人を複数紹介してくれます。

薬剤師転職サイトに登録してからの流れは次の通りです。


薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトに登録すると当日もしくは翌営業日には連絡が来ます。


そこであなたの転職に対する希望や考えを聞き取ってくれます。

あなたが転職先に求める希望条件に合った求人をその日のうちに複数紹介してくれます。

希望条件の決め方はこちらにまとめましたので参考にどうぞ。

薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトに登録してあなたに合った条件の非公開求人を紹介してもらう

実は、8の『薬剤師転職サイト・薬剤師求人サイトで検索する』で見ることができる求人情報が全てではありません。


まだ掲載されていない非公開求人が存在しています。


求人が出たばかりで公開できていない、良い薬剤師がいるのでどうですかとこれから求人を創り出すなど非公開となっている理由は様々です。


この非公開求人を紹介してもらうためにもやはり薬剤師転職サイトへの登録が必須となってきます。

まだ、どこの薬剤師転職サイトにも登録していないなら、すぐに登録を。

これをしないと何も始まりません。

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|日本調剤のグループ会社。転職支援20年以上の実績あり。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師にもおすすめです。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。登録者数No.1 オールマイティに強い。

ここから下は、薬剤師転職サイトに登録した薬剤師向けの記事となります。

転職先の特徴から薬剤師求人を探す方法

高収入の薬剤師求人の探し方

やっぱり年収1000万円希望です。僻地でもどこでも行きますよという薬剤師向け。


1人薬剤師でも管理薬剤師でも大丈夫ですという年収900万円希望の薬剤師向け。

年収800万円希望の薬剤師向け。僻地は無理だか、地方都市なら働けるという薬剤師向け。

年収700万円希望の薬剤師向け。調剤経験あってラウンダー薬剤師でも良いなら以外と多い。

土日休みの薬剤師求人の探し方

やっぱり土日連休は欲しい!そんな薬剤師求人の探し方です。

年間休日120日以上の薬剤師求人の探し方

休みが多いか少ないかの目安は、年間休日が120日以上かどうか。

残業が少ない薬剤師求人を探す方法

毎日残業だとプライベートが充実しません。なるべく残業が少ない薬剤師の求人の探し方です。

駅から近い薬剤師求人を探す方法

通勤するなら駅から近い職場が楽ですね。駅近の職場を検索できます。

自動車通勤可能な薬剤師の求人を探す方法

自動車通勤が可能かどうかで薬剤師求人を絞り込むこともできます。

転勤や異動がない薬剤師求人の探し方

転勤や異動はできない、したくないという薬剤師向けです。

研修制度が充実している薬剤師求人の探し方

薬剤師は日々研鑽が必要。研修制度が充実している職場は理想的です。

多くの診療科の処方箋を応需している薬局求人の探し方

多くの処方せんに触れることができればスキルアップにもつながります。

調剤未経験でも大丈夫な薬剤師求人の探し方

調剤経験が無い薬剤師向けの求人検索方法です。

産休・育休取得実績のある薬剤師求人の探し方

これから、結婚や出産を考えている薬剤師向けの求人検索方法です。

託児所付きの薬剤師求人の探し方

求人数は極めて少ないですが、あなたの希望地域にあるかもしれません。

新卒・第二新卒でも歓迎してくれる薬剤師求人の探し方

就職先に失敗した、1年目だけど転職をしたいという薬剤師向けです。

ブランクがある薬剤師向けの求人の探し方

ブランクから復帰したいという薬剤師向けの求人検索方法です。

在宅をやっている薬局求人の探し方

今現在、在宅医療に参加していない薬局は厳しいです。

漢方薬やアロマに力を入れている薬局求人の探し方

いろんな特徴があると良いですね。

住宅手当・住宅補助が手厚い薬剤師求人の探し方

年収アップ効果が抜群なのが、この住宅関連の補助です。

管理薬剤師求人の探し方

管理薬剤師の経験が豊富なら、転職先でも管理薬剤師として採用してもらいましょう。

大手企業求人の探し方

これからの時代はやはり大手でないと薬局業界は厳しくなりそうです。

業種から求人を探す方法

転職希望でも業種しか決まっておらず、細かい希望条件が決まっていないのであれば初めから自分で探すようなことはせず薬剤師転職サイトに登録してしまった方が良いでしょう。


自分が気づいていない不満や要望などを転職サイトのコンサルタント・エージェントが面談などで吸い上げてくれます。それに基づいた転職先を紹介してくれますので、求人を探すという作業自体が不要になります。

薬局への転職を希望するなら



病院への転職を希望するなら


ドラッグストアへの転職を希望するなら

製薬企業への転職を希望するなら

雇用形態から求人を探す方法(正社員以外)

派遣薬剤師


パート薬剤師

転職した薬剤師の9割以上が薬剤師転職サイトを利用
自分で頑張って求人をさがして、エントリーしてという直接応募にメリットはありません。


薬剤師転職サイトを利用して転職する薬剤師が大多数です。

ここまで様々な求人の検索方法を挙げてきました。


ですが、薬剤師転職サイトに登録してコンサルタントと連絡を取っていれば自分で検索することはほとんどありません。


その理由は、薬剤師転職サイトのコンサルタントがあなたの希望に沿った求人を紹介してくれるから。

薬剤師転職サイトに登録していない方は、今すぐ登録を!

迷っているうちに、好条件の求人を他の薬剤師に取られてしまいますよ。