個人薬局の薬剤師が今すぐすべきこと5選【生き残りをかけて】
q

個人薬局で働いている薬剤師

個人薬局で働いているのですが、なんかヤバそうです。

経営が良くないのでしょうか?

このまま個人薬局で働いていても大丈夫でしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 個人薬局で働いている薬剤師が今すぐすべきこと
  • 転職するなら個人薬局から薬局チェーンへ
  • 転職せずに個人薬局に留まるなら
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:個人薬局は今後様々な理由から厳しい状況となります。個人薬局にいる薬剤師はこのままで個人薬局にいても大丈夫かどうかのチェックをぜひしてみてください。

個人薬局で働いている薬剤師が今すぐすべきこと

結論から書くと、『今のうちに、大手の薬局チェーンへ転職をしておく』ということです。


その理由は以下の2つです。

  • 買収された会社の薬剤師は大変
  • 最終的に大手薬局チェーンの傘下に入るくらいなら、転職して大手に入社しておいた方が得

買収されて薬局チェーンの傘下に入るとこんなことが起こります。

結局買収されて大手薬局チェーンに入るなら、条件の良いうちに転職して先に大手薬局チェーンに入っておいた方が圧倒的に得です。

今すぐ転職なんてできないよという薬剤師向けに、今すぐすべきことをまとめます。

 個人薬局で働いている薬剤師が今すぐすべきこと5選

  • 経営状態の把握
  • 薬価差益(納入価)の把握
  • 社長の後継者の把握
  • 薬剤師の採用状況(中途・新卒)
  • 個人薬局からいつでも脱出できるような準備

経営状態の把握

今働いている薬局(会社全体)の経営状況はどうでしょうか。今後のためにも確認しておきましょう。



売上高は伸びているでしょうか。処方せん受付回数は増えているでしょうか。処方せん単価の推移はどうでしょうか。


他にも人件費は増えすぎていないかどうか、必要な投資(レセコン、調剤機器、鑑査機器、電子薬歴など)はされているかどうかなども調べましょう。


今現在、会社全体が赤字だと今後も利益が出る可能性は低いでしょう。


薬局は国の政策(調剤報酬)によって収入が大きく変わってきます。財政難ですから調剤報酬の伸びが抑えられる方向なのは間違いありません。

ボーナスのカット、給料の未払いが発生する前に脱出する準備をしておきましょう。

 個人薬局から大手薬局チェーンに脱出するなら

薬価差益(納入価)の把握

大手調剤薬局チェーンと個人経営の薬局では医薬品の納入価(割引率)には大きな差があることをご存じでしょうか。


卸から医薬品を購入する際何%引きで納入されているでしょうか?


卸から医薬品を購入したときの伝票を見ましょう。


ある薬品が薬価の何パーセント引きで納入されているかを計算してみてください。


薬の割引率が1桁%なんていう薬局はだいぶ高く買わされていると言えます。

社長の後継者の把握

現社長の後継者は社内にいるでしょうか。


社長夫婦が薬剤師としてバリバリ働いているようないわゆるパパママ薬局は特に注意が必要です。

利益が出ていても後継者がいないという理由で閉局せざるを得ない薬局は買収の対象となります。

薬剤師の採用状況の確認

慢性的な薬剤師不足は今も続いています。


知名度のない小規模個人薬局は新卒薬剤師の獲得もちろん、中途薬剤師の採用もほとんどないのではないでしょうか。


正社員薬剤師の採用ができない薬局はパート薬剤師派遣薬剤師でやりくりしています。


割高な人件費が経営を圧迫します。

薬剤師の採用ができないから、利益が出ている今のうちに大手傘下へという流れも納得です。

ひどい目に遭わないためにも、これらのポイントを定期的にチェックをしておき、このままで良いのどうか確認しておきましょう。

そして大事なのが、いつでも脱出できるような準備をしておくことです。

個人薬局からいつでも脱出できるような準備

変な予兆があればいつでも脱出できるように準備だけはしておきましょう。



マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトに登録をして求人情報収集を始めてみてはいかがでしょうか。


もしかしたら、個人薬局で働き続ける理由が無くなるくらいの『好条件の求人』が見つかるかもしれません。

転職するなら個人薬局から薬局チェーンへ

薬局チェーン、それも大手の薬局チェーンに転職するメリットはこちらのページにまとめました。

 まとめ
個人薬局に転職するメリットはありません。




薬局なら大手の調剤薬局チェーンへ転職しましょう。


個人薬局に留まるのであれば、いつでも脱出できる準備を今からしておくことが大切です。

 いつでも脱出できる準備をしておくならこちらに登録を