「調剤薬局」タグの記事一覧

調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキング(2017-2018)

ランキング 調剤薬局

2017-2018年版の調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキングを作成しました。アインHDの薬局数1位は変わりませんが、2位以下に変更がありました。6位と7位に大きな差があります。全国5万軒以上あるなかで、1社でのシェアはまだまだ低い状況です。調剤薬局業界は今後さらにM&Aが活発に続いていくことでしょう。

大手調剤薬局チェーン 売上高ランキング(2017-2018)

ランキング 調剤薬局
ドラッグストア売上高・店舗数ランキング

大手調剤薬局チェーン 売上高ランキング(2017-2018)2017年-2018年版の調剤薬局の売上高ランキングです。株式上場している会社は決算情報から数字を取得しています。上位5社の調剤薬局チェーンの順位は昨年から変更ありません。まだまだ乱立状態です。M&Aが進んでいますが大手調剤チェーン同士の合併というのはまだ見られません。今後さらに合併が進んでいくでしょう。薬局の売上のみの数字を拾ってきており、物販や製薬等のセグメント分は除いています。

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

年収 教育・研修システム 漢方あり 雰囲気 面接

病院薬剤師からハーブやアロマに力を入れている調剤薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさん(20代)の話。なぜその転職は大失敗だったのでしょうか?転職失敗を避ける秘訣は?薬剤師転職支援サイトを利用して薬剤師転職支援のコンサルタントの助言を受けていたにも関わらず、当初の希望条件の無かったものを重視して転職先の薬局を決めてしまったことが失敗の大きな原因です。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

ブラック薬局の特徴と見分け方 こんな薬局からは今すぐ転職を

ブラック薬局 転職前の確認ポイント

ブラック薬局の特徴と見分け方。あなたが勤める薬局は「ブラック薬局」ではないでしょうか?調剤薬局の業界にもいわゆるブラック薬局は存在しています。ブラック薬局とはどんな薬局?長時間労働が常態化している、休日出勤が常態化している、週休が取れない(就業規則通りではない、休憩時間が十分に取れない(8時間以上の勤務であれば休憩時間を1時間以上与えなければなりません。)、サービス残業させられる、タイムカードを押してから仕事をするよう強要される、みなし残業代として給料に含まれているので、何時間残業しても残業代が一定、重い売上ノルマが課せられている(OTCや自社開発品の売上など)、セクハラ、パワハラ、薬剤師へのいじめ、事務へのいじめ、薬剤師の3年離職率が異常に高い(薬剤師の場合、女性が多いので結婚や出産を機に退職することが多いですからその点を引いて考えなければなりません。)、無資格者による調剤、薬事法などに違反している、調剤報酬を不正に請求している、社員に健康診断を受けさせていない、賃金未払いがある、社員の給料が安いのに社長や会長の報酬がやたらと高い。

薬局内の業務量と薬剤師の人数

勤務時間

閉局時間を延長することがほとんど無い薬局の場合、薬剤師の勤務終了時間を決める要因は薬局内の業務量と薬剤師の人数で決まってきます。薬局内の業務量が少なく、薬剤師の人数が多ければ薬剤師1人当たりの業務量は少なくなりますから、残業せずに帰れる可能性が高まります。但し、薬剤師の頭数はそろっていてもあまり仕事をしない薬剤師がいたり、仕事を押し付けてくる薬剤師がいるとだめですが。逆に、薬局内の業務量が多く、薬剤師の人数が少なければ薬剤師1人当たりの業務量は多くなりますので、必然的に残業時間が増えます。残業の内訳で多い業務内容は薬歴記載です。薬を患者さんにお渡し後にすぐ薬歴を記載できれば残業とはなりませんが、開局時間内に薬歴を記載できない場合は閉局後に残業して薬歴を記載することになります。

調剤薬局薬剤師の勤務終了時間と残業

勤務時間 門前医療機関

なるべく残業が少なくて、定時で帰れる薬局で働きたいと考えている薬剤師も多いのではないでしょうか。薬局の開局時間は「届出した通り」でなければなりません。では薬局に勤務する薬剤師の勤務時間は何によって決まってくるのでしょうか?薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因、薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因は主に次の3つです。門前医療機関の診察終了時間、薬局内業務の量と薬剤師の人数、薬剤師の勤務シフト。

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由①薬剤師不足

教育・研修システム

調剤薬局では薬剤師を採用する際の条件として、薬剤師の求人票には「要薬剤師免許」とだけ書かれている場合がほとんどです。調剤経験の年数は給与決定に考慮されますが、調剤経験の無い薬剤師でも採用拒否の理由にはならないことがほとんどです。(薬剤師が過剰になってくれば状況は変わるかもしれません。)調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用をする理由を挙げてみました。①薬剤師の人手不足:処方せん発行医療機関数には以前のような伸びはありませんが、薬局の新規開局をどんどん進めている薬局チェーンでは当然薬剤師が必要となります。また、ドラッグストアが調剤併設店舗を増やしていることも薬剤師不足の要因となっています。薬科大が無い地方では、以前から慢性的な薬剤師不足の状態が続いています。調剤薬局の業務内容は処方せん調剤やOTC販売だけではありません。最近では在宅に力を入れている薬局が増えてきています。今後ますます薬剤師は在宅医療に関わっていくことでしょう。現状として、処方せん調剤だけで手一杯の薬局で在宅医療を始めるとどうしても薬剤師の人手が足りません。在宅医療への参加によって薬剤師が慢性的な不足状態となっている薬局が増加傾向にあります。このような理由で薬剤師不足になっている薬局では、調剤経験の無い薬剤師でも積極的に採用しようとしているのです。調剤経験が無い薬剤師さんが転職先を決める際には、教育・研修システムがしっかりしている会社の薬局かどうかをしっかり確認してください。教育・研修システムが整っていない会社だと、薬局に配属してすぐに調剤・投薬をするように投げ出されてしまいます。

薬剤師の転職 薬局見学の落とし穴 最新設備で良い薬局に見えましたが?

設備

薬剤師の転職 薬局見学の落とし穴 最新設備で良い薬局に見えましたが・・。転職活動で薬局を探す時、条件に合った会社の薬局をいくつか見学させてもらうことがあると思います。(私も薬局を探している間に8薬局見学しました。)せっかく働くなら良い環境で働きたいものですよね。あなたが見学に行った薬局には次の設備が整っていたとします。電子薬歴、散剤鑑査システム、QRコードを読み取れるレセコン、そのレセコンと連動した自動錠剤分包機や自動液剤分注機・・・。どれも最新設備です。条件も良いし、この会社にしようと決めてしまうのは早すぎます。採用予定者が働く薬局は本当にここでしょうか?そこはチェーン薬局の基幹薬局。見学者はそこの薬局にだけ連れて行くということだってあり得ます。見学させてもらう場合は、できれば同じ会社の複数の薬局を見せてもらいましょう。1つの薬局を見ただけでその会社全体のイメージとしてはいけない

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし

給料

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし。転職を考える時、提示される年収(給与)も大事ですが、その後の昇給額・昇給率まで考えたことはありますか?。例えば、Aチェーン薬局に新卒で入社、調剤経験3年で現在の年収が400万円の薬剤師(非管理薬剤師)が転職を考えていたとします。求人を探していたところ、うちは年収600万円出しますというB薬局がみつかりました。 休日や残業の有無など、条件はなかなか良さそうです。年収にして200万円のアップ!!でも、このB薬局に転職した場合、本当に年収アップとなるでしょうか?

薬剤師の年収比較 調剤薬局の薬剤師の年収(給与)は平均いくら??

給料
薬剤師の給料比較

特に2~3年目の薬剤師の方は、いろいろ転職を含めて今後のことを一度考える時期が来ます。(実際私もそうでした。)。チェーンの調剤薬局に入って2年目(非管理薬剤師)の月収は約27万円。手取り額は約20万円でした。年収にするとボーナスを含めて約380万円。この薬局(会社)に入って本当によかったのだろうか?同期の友人(MR)の給料を聞くとがっかりする。。。この後本当に給料は上がっていくのだろうか?他のチェーン薬局の給料ってどんな感じなのだろう???いろいろな疑問が頭をよぎります。とはいってもなかなか友達にいくらもらっているのかは聞けないもの。そんな時は募集している求人広告から推測することも可能です。薬剤師の転職支援サイトに登録しておけば、給与の見積もり(概算)を出してもらうことも可能です。特に薬剤師の不足している地方では、現在の給与+αを確約してくれるところもありました。現在では徐々に薬剤師は充足しつつありますので、早めに手を打っておきましょう。登録から転職終了まで、すべて費用はかかりません。また、転職を強要されることもありません。始めのうちは、まずはとりあえず登録だけしておいて、良いなと思った薬局だけ話を聞くというスタンスがよいと思います。

薬剤師が転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何?

人間関係 給料
薬剤師の転職活動 何を基準にするか

薬剤師のあなたが転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何でしょうか?薬局の人間関係が良くない。薬局の給料(給与)が安い。休みが無い・少ない(取れない)。先が見えない・・・。例えば、薬局の人間関係が良くないが理由だった場合、チェーンの薬局に勤めている場合であれば、転職ではなく、まずは異動を希望するべきだと思います。私も経験がありますが、転職ははっきり言って大変です。自分は何を最も重視するかをしっかりと定め、転職支援の力を借りるのが薬剤師の転職において成功する重要なポイントだと考えます。