うちの薬局の超優秀な事務さんが退職することになりました。

退職理由

彼女は異業種からの転職で、6年間うちの薬局で頑張ってくれました。
全くの初心者でしたが、物覚えが早くてすぐに1人前の事務に成長。

その後も高い評価を得ていました。
登録販売者の資格も取得し、OTC業務を担当してもらっていました。

退職理由の表向きはキャリアアップ。

でも本当のところは給料の安さと人間関係です。

管理薬剤師としては給料面については権限がなくどうすることもできませんでしたが、人間関係の面ではもう少しなにかしてあげられたかと後悔しています。

女性同士はいろいろ難しい部分もあるというのを実感しました。

登録販売者ならドラッグストアなどでもう少し良い待遇で働けるはずです。
調剤薬局の事務では難しい店長へのキャリアアップもドラッグストアなら可能でしょう。

これから彼女の活躍を願うばかりです。

辞め方にその人の真の姿が出る

辞めてしまう事務さんはこちらの様々な状況を考慮して早めに退職を申し出てくれました。

抜けられては困る優秀な人だったので、残ってもらえるよう複数回にわたり、上長も含めて話し合いを持ちましたが本人の意志は固く、残念ながら退職を撤回してもらうことはできませんでした。

どうせ辞めるのだからと新しい仕事やシステムを覚える必要なんかないと思う人がほとんどだと思いますが、この事務さんはやる気をなくしているわけではなく今まで以上に薬局のこれからを考えてくれています。

この事務さんがいなくなったら大変になると思いますが、まだ退職日まで時間があります。その間に次を育てなくてはなりません。

その事務さんに対しては退職が決まっているからと切り捨てるようなことはもちろんしませんし、今までの知識や経験を他のスタッフに共有してもらえるようお願いしています。

スタッフへの退職公表のタイミング

どのタイミングで退職することをスタッフに公表するか。
上長や退職する本人と相談しながら決めていくことになりますが、基本的には全てが決まってから。
退職日や最終出勤日など確定してから公表すべきです。

また、他のスタッフが動揺してモチベーションが下がらないように注意しながら公表のタイミングを探ります。

薬局の薬剤師や事務が退職しないようにするには

これからはさらにスタッフと面談等でコミニュケーションを密に取っていく必要があると思います。

働きやすい薬局とはなんなのか。

どうすればスタッフがより良いパフォーマンスを出せるのか。

そういった視点で薬局を運営していこうと思います。

これから採用に入り、そして育てていかなくてはなりません。

入社してすぐに1人前になるわけではありませんし、教える方も大変な仕事です。

通常業務だけでも忙しいのにプラスアルファで仕事が降りかかってきます。

これをチャンスに指導担当者にはさらに成長してもらえれば期待しています。