調剤薬局の事務を辞めたい!実際に辞めた人の転職理由と転職先
jimu1 bad

調剤薬局を辞めたい事務

もう調剤薬局事務を辞めたいです。

調剤薬局事務から転職するのにおすすめの転職先はありませんか?

簡単に調剤薬局事務を辞める方法も知りたいです。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

調剤薬局の事務として働いているものの、思っていたのと違った・・・。

薬剤師が性格的にきつい人ばかりで辛い・・・。

忙しい割に給料が安くてやってられない・・・。

調剤薬局事務を辞めたい理由はいろいろあると思います。

pharma

事務さんの仕事はたくさんありますからね。イメージと違ったという人も多いのではないでしょうか。

結論
調剤薬局事務の経験を活かすなら、登録販売者試験を受けてドラッグストアへ転職。

調剤事務の経験を活かすつもりが無ければ他業種へ。

また、すぐに辞めさせてくれない、辞めるのも言い出しづらいほど追い込まれているなら、退職代行業者の利用も検討しましょう。

悩むのがもったいないほど簡単に調剤薬局事務を辞めることができます。

調剤薬局事務を実際に辞めた人の退職理由と転職先

今まで、私が採用した事務さんのうち、2名が退職してしまいました。

その方達の退職理由と転職先について書いていきたいと思います。

調剤薬局事務を辞めて転職したいと考えている方の参考になれば幸いです。

調剤薬局事務の退職理由

調剤薬局事務の退職理由で最も多いのは人間関係。

その次に給料です。

1人目の事務さんの退職

彼女は異業種からの転職で、6年間うちの薬局で頑張ってくれました方の話です。

入社当初は調剤事務としては全くの初心者でしたが、レセコン入力や調剤報酬、一般用医薬品の在庫管理など全てにおいて物覚えが早く、すぐに1人前の事務に成長しました。

その後の毎年の昇給・賞与評価では常に高評価を獲得。

さらに、自身で学習をして登録販売者の資格をするなど意欲をもって仕事に取り組んでくれていました。

そんな彼女の退職理由の表向きはキャリアアップ。

でも本当のところは給料の安さです。

管理薬剤師としては給料面についての権限がなく、どうすることもできません。

上長にもかけあってみましたが、給料上乗せによる引き留めは難しいという回答でした。

結局、彼女は調剤薬局事務からドラッグストアの登録販売者へと転職しました。

後から聞いた話では、調剤薬局事務の時と比べて年収が80万円アップしたそうです。

毎月5万円プラスかつボーナス2回各10万円のアップで80万円増。

年収80万円アップは大きいですね。

これからさらなる彼女の活躍を願うばかりです。

2人目の事務さんの退職

もう一人も同じルートでの転職です。

調剤薬局事務として働きながら登録販売者を取得。

そしてドラッグストアへ転職していきました。

やはり、退職理由は給料の安さです。

この方は、登録販売者としてドラッグストアへ転職したら年収が100万円アップしたとのこと。

勤務時間が店舗によって遅くなるのは薬局よりも大変という話でしたが、それでも給料が良いのでなんとかやっていけるとのことでした。

このように2名とも調剤薬局事務として働きながら登録販売者の資格を取得。

そしてドラッグストアへ転職していきました。

薬局としては戦力を失うわけですから痛いのは当然です。

でも、年収が100万円上がると言われてしまうとどうしようもありません。

調剤薬局事務ではそこまでの年収はもらえませんから。

調剤薬局事務を簡単に辞める方法

調剤薬局事務の退職の方法も薬剤師と変わりませんので、こちらの記事が参考になります。

直属の上司に退職したい旨を伝えるだけで退職は可能です。

引き留められることもあるかと思いますが、退職の意思は固いということを明確に見せれば無理に引き留めてくることはしないはずです。

もし、引き留めがひどくてなかなか辞められない場合や、上司が怖くて退職について言い出せないという場合には退職代行サービスの利用をおすすめします。

調剤薬局事務のためのおすすめ退職代行サービス

多少のお金はかかりますが、退職について悩むことが全くなく退職できてしまいます。

上手にサービスを利用して退職してしまいましょう。

退職代行サービスを利用するとすぐに退職できますので、転職先を決めてから退職代行サービスを利用しましょう。

調剤薬局事務からのおすすめ転職先

もうお分かりかと思いますが、調剤薬局事務からのおすすめ転職先は登録販売者としてドラッグストアへ転職することです。

調剤薬局に比べてドラッグストアは定休日が少ないので、シフトは変則的となってしまいます。

また、営業時間が調剤薬局よりも長いので、遅い時間まで勤務することも増えます。

それでも、年収アップを目指したいなら登録販売者としてドラッグストアへ転職するのが一番でしょう。

おすすめ登録販売者講座(教材を使って勉強したい方向け)

自己学習で資格取得を目指したい方向け







調剤薬局事務からの転職におすすめの転職サイト