注目

「派遣薬剤師」タグの記事一覧

新卒・第二新卒でも大歓迎な薬局・ドラッグストアへの転職 薬剤師求人検索方法(正社員・パート・派遣)

新卒薬剤師・第二新卒薬剤師

薬科大学、大学薬学部を卒業して薬剤師国家試験に合格。希望をもって就職した勤務先がブラックだった・・・。

いじめの横行、超体育会系でついていけない。思っていたのと違った、説明会で聞いていたのと違う、激務で体調壊した・・・・

などの理由で1年目で退職・離職してしまう薬剤師がいます。

せっかく薬剤師免許を取得したのにこの業界ってどこもそんな感じなの?

いいえ違います。もっと働きやすい職場はたくさんあります。あなたがたまたまうまく見つけられなかっただけ。薬局の数なんてコンビニより多いのです。

転職はいまからでも全然遅くありません。

新卒でも大歓迎という薬局やドラッグストアへの転職なら薬剤師国家試験合格後1年以内でも大丈夫。

ある程度の規模の薬局チェーンにしておけば研修制度も充実していますので遅れを十分取り戻せます。

ここでは新卒でも応募可能な薬剤師の求人を探す方法をまとめました。

在宅業務のある薬局・ドラッグストアへの転職 薬剤師求人検索方法(正社員・パート・派遣)

在宅あり

在宅業務は薬局薬剤師にとってとても重要な業務に位置付けられています。

在宅をやっていない薬局は薬局ではないと言わんばかりに基準調剤加算の算定要件にもなっているのはご存じのとおりです。

基準調剤加算の算定要件のうち満たしていないのは在宅だけという薬局も多く存在しています。現在の算定要件では、直近1年間に在宅患者訪問薬剤管理指導料、居宅療養管理指導費又は介護予防居宅療養管理指導費の算定実績を有していること。となっていますが今後この要件が厳しくなることは間違いありません。

ここでは薬剤師が転職する際に在宅業務のある薬局を見つける方法をまとめました。

多くの診療科の処方せんを応需している薬局やドラッグストアの求人を探す方法

総合門前

多くの診療科の処方せんを応需している薬局なら薬剤師としての知識が偏らずに済む。そのように考えている薬剤師も少なくありません。

ここでは多くの診療科の処方せんを応需している薬局やドラッグストアに転職するのに役立つ求人検索方法をまとめました。

薬剤師が住宅補助の手厚い薬局・病院・ドラッグストアに転職する方法(正社員・パート・派遣)

住宅補助の手厚い求人

同じ給料なら住宅手当の金額が高ければ高いほど、また借り上げ社宅がある等の補助があればあるほど、振り込まれた給与の中から自分で自由に使えるお金(可処分所得)が増えます。

住宅手当(補助)が厚い薬局は福利厚生が充実している職場が多いのが特徴。

引越しを伴う転職や実家から出て一人暮らしをして新たな生活を始めたいという薬剤師にはおすすめです。

実家から離れて一人暮らしをしるといろいろお金がかかりますが、住宅補助が手厚い薬局なら借り上げ社宅に入居できるだけでなく、引っ越し代まで補助してくれるところも。さらには毎月の光熱費や実家までの帰省旅費の補助が出るところもあります。

実家から通っている薬剤師とは比べ物にならないほどの手当となりますね。

転職を考えている薬剤師はついつい求人票の給料(年収)だけに目を奪われがちですが、月々の家賃が節約できる住宅補助の手厚い薬局というのも条件に加えてみるのはいかがでしょうか。

月々の家賃が仮に5万円節約できれば、年収60万円アップしたのと同じこと。帰省旅費の補助もあればさらにお得です。

ここでは住宅補助の手厚い薬局・病院・ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

未経験やブランクありでも薬剤師が希望の職場に転職する方法(正社員・パート・派遣)

未経験・ブランクあり可

薬局業務未経験の薬剤師や、育児などでブランクがある薬剤師であっても歓迎という薬局もあります。

たとえば処方せん枚数に対して薬剤師の配置人数が多めであったり、教育研修制度が充実していたり。

未経験者やブランクがある薬剤師でも働きやすい職場を探す方法をまとめました。

薬剤師が託児所のある薬局・病院・ドラッグストアに転職する方法(正社員・派遣・パート)

託児所あり

薬剤師だって子供を保育園に入れにくいのは他の職業の方と同じです。保育園に入れず待機児童となってしまい、育児休暇からの復帰が遅れた薬剤師もいます。

認可外保育施設に預けるのは経済的にも辛いものです。

ここでは子供のいる薬剤師が転職する際に役に立ちそうな、託児所のある薬局・病院・ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

産休・育休の取得実績のある薬局・ドラッグストア・病院の薬剤師求人を探す方法(正社員・パート)

産休・育休取得実績あり

女性薬剤師にとって、出産は大きなイベント。職場に産休・育休の制度があっても形骸化していて使えないものでは意味がありません。

ここでは、産休・育休の取得実績がある薬剤師の求人を探す方法をまとめました。

産休・育休の制度があるだけでなく取得実績があるかどうかが重要です。産休・育休が普通に取れる職場は、そうでない職場に比べて理解があるとも言えます。

研修制度が充実している薬局・ドラッグストア・病院の求人を探す方法(正社員・パート・派遣)

教育研修制度充実

薬剤師は常に勉強。新しい薬や治療方法、ガイドラインなどの知識をアップデートしていく必要があります。自己学習を続けるのはもちろんですが、会社としてどのような研修を行っているかも結構重要です。

ここでは、研修制度が充実している薬局や病院、ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

転勤や異動の無い薬剤師の求人を探す方法(正社員・パート)

転勤・異動のない薬剤師求人

一軒家を購入済みであったり、子供を転校させたくないなど様々な理由で転居ができないという薬剤師も多いと思います。

転居を伴う転勤や異動がない薬剤師の求人を探す方法をまとめました。

自動車通勤可能な薬剤師の求人を探す方法(正社員・パート・派遣)

自動車通勤可

自動車通勤が可能な職場なら通勤中も自分の時間が持てます。地方によっては公共交通機関での通勤が大変となることも。自動車通勤可能な職場なら通勤のしやすさが格段に上がります。

駅から近い薬剤師の求人を探す方法(正社員・派遣・パート)

駅から近い職場への転職

通勤にはなるべく時間をかけたくないもの。駅から近い職場なら通勤も楽。駅から近い職場を探す方法をまとめました。

残業が無い(少ない)薬剤師求人を探す方法(正社員・派遣・パート)

残業少なめ

薬剤師の月の平均残業時間はどれくらいだと思いますか?

年間休日120日以上の薬剤師求人を探す方法(正社員・派遣・パート)

年間休日120日以上

薬剤師の年間の休みはどれくらいでしょうか。2017年の薬局で勤務する私の休みは120日でした。完全週休二日制で、日曜祝日+平日1日休みだとだいたいこのくらいだと思います。

中には週休2.5日制や週休3日制という勤務体系の薬局もあります。

ここでは、年間休日120日以上の薬剤師求人を探す方法をまとめました。

高収入の薬剤師求人を探す方法(正社員・派遣・パート)

高収入求人の探し方

薬剤師の資格を活かして転職するのであれば、給料はしっかりもらいたいものですね。年収だけで転職先を探すのは大変危険ですが、給料は高いに越したことはありません。

ここでいう高収入とは薬剤師の平均年収を上回る年収600万円以上、パート薬剤師なら時給2000円以上を言います。

高収入が得られる薬剤師の求人を探す方法をまとめました。

土日休みの薬剤師求人を探す方法(正社員・派遣・パート)

仕事ばかりの生活では面白くないですよね。ワークライフバランスという言葉が盛んに言われています。

仕事だけでなく生活も充実させるにはやっぱり休みが多くないと。

土日休みの職場であれば連休を活かして旅行や趣味にも充分時間が取れます。

ここでは「土日休み」の薬剤師求人の探し方をまとめました。

薬剤師派遣会社ランキング2018

薬剤師転職支援サイトランキング

派遣薬剤師のデメリットを小さくしつつ、派遣薬剤師としてのメリットを最大化する方法。それはしっかりとしている薬剤師派遣会社に登録して派遣薬剤師として働くということ。

当サイトでは信頼できる薬剤師派遣会社に登録することを推奨しています。

薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴

今回はアイセイ薬局の完全子会社、株式会社AXISが運営している薬剤師の求人紹介・転職支援サービス「薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ」の紹介です。「薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ」の特徴についてまとめました。

4月5月は派遣薬剤師を必要とする薬局が急増!その理由とは

派遣薬剤師

すぐにでも派遣薬剤師が欲しいという薬局がこの時期増えています。

パート薬剤師・派遣薬剤師は産休・育休の取得や短時間勤務制度の利用は可能ですか?

派遣薬剤師として働くならこちらの薬剤師派遣会社に登録

派遣薬剤師になるならこの紹介会社へ

派遣薬剤師は派遣会社との雇用契約であるため、どの薬剤師派遣会社から派遣されるかによって福利厚生や社会保険などの各種制度が変わってきます。

高収入かつ福利厚生など派遣のメリットをしっかり受けるにはしっかりした薬剤師派遣会社に登録することが大切です。

転職には派遣薬剤師やパート薬剤師という選択肢もあります

注目

薬剤師パートの時給はアップ可能。求人票の時給で契約してはいけない理由はこちら

パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

記事検索

ブログランキング参加中です

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。

注目記事一覧
派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ