薬剤師の転職は厳しい状況【あきらめるにはまだ早すぎる】
jimu1 goog

転職なんて簡単と思っている薬剤師

薬剤師なんて売り手市場だから転職し放題なんですよね?

調剤薬局なんてコンビニより数多いんだし、どこの薬局でも選び放題ですよね?

えっ!?厳しいんですか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師の転職は厳しいのか
  • 薬剤師の転職が厳しくなった理由
  • 厳しい状況の中でも転職に成功する薬剤師の特徴
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論
薬剤師の転職はコロナ前に比べると厳しい状況になったのは事実です。

ですが、厳しいからと言ってあきらめるにはまだまだ早すぎる状況

在宅や高度な服薬管理などの「対人業務」に対する薬剤師の重要性は国も認めているところ。

転職で新たな活躍の場を見つけることはまだまだ可能です。

数年前に比べると薬剤師の転職は厳しい状態となりました。

しかしそれはコロナによる受診抑制が大きな要因。

コロナが落ち着けば、再び転職市場も活発になっていくでしょう。

言い換えれば、まだまだ薬剤師が活躍する場所は増えていくということ。

事実、在宅や服薬指導といった「対人業務」への報酬は上がっています。

転職は厳しいからと転職することをあきらめるのはまだ早すぎ。

転職をあきらめるなんてもったいないです。

薬剤師の転職は厳しい?

薬剤師の転職は厳しい。でもそれは調剤未経験者や50代以上の薬剤師の話

薬剤師の転職は厳しいですか?との質問に対する答えは、「以前よりは厳しくなっている」です。

但し勘違いしていただきたくないのは、全薬剤師が厳しい状況というわけでは無いという事。

というのも、20代、30代の若手薬剤師で特に病院や薬局で調剤経験のある薬剤師についてはまだまだ大きな需要があります。

また、フルタイムで働けない薬剤師や都心部など薬剤師の供給が足りている地域での転職も厳しいと言えます。

転職するのが厳しい薬剤師の特徴をまとめてみると以下の通りとなります。

  • 調剤経験の無い薬剤師
  • 50代以上の薬剤師
  • フルタイムで働けない薬剤師
  • 都心部など薬剤師が充足している地域でしか勤務できない薬剤師
  • 転勤が不可能な薬剤師

逆に言えば、これに当てはまらない薬剤師の転職はさほど厳しくないということです。

よほど無理な条件を出さなければ希望通りの転職は可能ということです。

薬剤師の転職が厳しくなった理由

薬剤師の転職が厳しくなった理由

先程も書きましたが薬剤師の転職が厳しくなった理由は以下の通りです。

  • コロナによる影響
  • 薬科大学、薬学部が増えて薬剤師の供給が増えた
  • 院外処方率が頭打ちになり薬局数の伸びが鈍化した

こういった理由で以前よりは転職が厳しいものになったのは確かです。

ですが、全ての薬剤師の転職が厳しいというわけではありませんので安心してください。

jimu1 goog

だったら最近調剤併設が増えているドラッグストアに転職すれば良いんですね?

pharma

確かに調剤併設のドラッグストアが増加していますが、薬剤師なら誰でも良いというわけでは無いです。

jimu1 bad

そうなんですね・・・どうしよう。


pharma

強みが何か1つでもあれば大丈夫ですよ!

厳しい中でも転職に成功する薬剤師の特徴

厳しい中でも転職に成功する薬剤師の特徴

pharma

薬剤師の転職事情が厳しいものになってきているのは間違いありません。
しかし、そんな中でもしっかりと好条件を勝ち取って、転職を成功させる薬剤師がいます

 厳しい状況の中でも転職を成功させている薬剤師の特徴

  • プラス思考の薬剤師
  • チャレンジ精神旺盛な薬剤師
  • 常に勉強をしている薬剤師
  • 何が求められているかを知っている薬剤師
  • 自分に強みがある薬剤師
  • 勤務地を柔軟に選択できる薬剤師

この特徴に1つでも当てはまる薬剤師ならば、厳しい状況の中にあっても転職を成功させることが十分に可能です。

要は、薬剤師の採用を絞っている薬局であっても、この薬剤師なら採用したいと相手に思わせることができればこちらの勝ちです。

では、どうすれば相手にそう思わせることができるでしょうか。



例えば、ある薬局では薬剤師はそれほど不足していないものの、これから在宅医療に力を入れていきたいと考えていたとします。


その薬局に、「在宅にめっぽう強くて、経験豊富な薬剤師がいるのですが、面接しませんか?」という話があったらどうすると思いますか?


普通の薬剤師なら断ろうと考えている薬局であっても、在宅医療にめっぽう強い薬剤師なら採用したいので是非面接をとなるわけです。

このように強みや特徴のある薬剤師なら厳しい転職市場であっても関係なく、好待遇で転職を成功させています。

jimu1 bad

でも私に強みなんて無いですけど……

pharma

大丈夫です。あなたの知識や経験を整理して、あなたを薬局等へ売り込んでくれる人がいます。

転職を成功させるためには、まず相手がどのような薬剤師を欲しがっているのかを知っておく必要があります。

そしてあなたが、相手が求めている薬剤師に近いという事を売り込まなくてはなりません。

そのどちらもやってくれるのが薬剤師転職サイトの担当者です。

jimu1 goog

私なんかのためにそんなことまでしてくれるんですね!

薬剤師転職サイトの担当者は求人を出している薬局に対して、どのような薬剤師が欲しいかのヒアリングをしています。

そして、あなたの知識や経験などを薬局に対して売り込んでくれます。

しかもこれらは全て無料。

あなたに代わって薬局ニーズの吸い上げと売り込みを同時に行ってくれるのです。

転職市場が厳しくなればなるほど、自力での転職は困難に。

こういう状況だからこそ、薬剤師転職サイトを上手に活用して転職を成功させましょう。

 厳しい状況の中でも転職成功へ導いてくれる薬剤師転職サイト

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!

\リクナビ薬剤師への登録はこちらから/

最短3日で転職可能!
急いで転職したい薬剤師におすすめ

また、薬剤師の転職は厳しいといっても、お住まいの地域によって薬剤師の転職状況は全く異なります。




地域を変えることで年収アップが見込める転職も十分可能です!




異動や転勤が可能というだけで、非常に大きな強みとなります。

転職は厳しいからという理由だけであきらめるのは早すぎますし、もったいない。

あなたにはチャンスがあります。もっと輝ける薬局が必ず見つかります。


転職状況は厳しいからと何もしないであきらめるのではなく、まずは行動を


狭い範囲だけでものごとを考えてはいけません。


一歩踏み出して、広い視野をもって行動していきましょう。

\マイナビ薬剤師への登録はこちらから/

保有求人数最大級
20代から40代の転職に特に強い

\ファルマスタッフへの登録はこちらから/

正社員・パート・派遣全てお任せ
じっくり相談したい薬剤師におすすめ
薬剤師転職支援22年の実績!全国12拠点

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

出張面談対応だから地方在住でも安心
薬剤師転職サポート27年の老舗で実績十分

\薬キャリエージェントへの登録はこちらから/

薬剤師登録者数No.1
即日最大10件求人紹介!

\リクナビ薬剤師への登録はこちらから/

最短3日で転職可能!
急いで転職したい薬剤師におすすめ

薬剤師の転職は厳しい状況【あきらめるにはまだ早すぎる】(まとめ)

薬剤師の転職は厳しい(まとめ)

薬剤師の転職状況は今は厳しいですが、薬局の求人の状況は刻一刻と変化しています。

そして、こういう状況の中でも好条件の求人は出てくるもの。

厳しいと思って何もしないのではなく、転職をあきらめずに行動することが大切です。

薬剤師転職サイトはいろいろありますが、それぞれに特徴がありますのでこちらにまとめました。

自分に合った転職サイトを利用すれば、転職を「厳しい」から「やさしい」に変えることができます。

あなたも一歩を踏み出してみませんか?

↑現在の薬剤師の転職状況はこちらから↑