派遣・薬剤師の転職なら薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド

薬剤師の転職方法を転職経験のある管理薬剤師がブログで発信。年収(給料・給与収入)を上げたい薬剤師が転職する前にぜひ見てほしい情報を集めました。

「年収アップ」の記事一覧

調剤薬局事務から医薬品登録販売者で年収アップ

調剤薬局事務を辞めたい│医薬品登録販売者でドラッグストアへ転職して年収アップ

調剤薬局事務を辞めたいと思っている方向けの記事です。医薬品登録販売者の資格を取ってドラッグストアへ転職するのはどうでしょう。年収は80万円程度ならほぼ確実に上がります。さらに店舗管理者目指せばさらなる年収アップにも。ぜひご覧ください。
20代男性薬剤師の転職

【20代男性薬剤師の転職】成長機会と年収アップの両方を手に入れろ!

20代男性薬剤師の皆様。毎日お疲れ様です。 皆さん入社・入局1年目から5年目の薬剤師ですね。 入社2年目、3年目で転職を考える薬剤師が非常に多いので、もしかするとすでに転職を一度経験している薬剤師もいるかもしれません。 […]
薬剤師が評価を高めるステップ

【薬剤師の評価面談対策】今すぐやるべき 評価を高める4つのステップ

「来週評価面談をします」と急に管理薬剤師に言われてドキッとしたあなた。 期初に立てた目標なんてすっかり忘れてた!どうしよう・・・。 日常の業務でいっぱいいっぱいで目標のことまで頭が回らなかった・・・。 評価面談までに実績 […]

投資家薬剤師となって年収をアップさせる方法

薬剤師が投資家となって年収をアップさせる方法(株式投資、FX、不動産投資)です。今までに貯めたお金を銀行口座に眠らせておくのではなく、そのお金に働いてもらって年収をアップさせていきます。超低金利時代の今、銀行にお金を置いておくだけではさっぱり増えません。ここは1つお金に働いてもらいましょう。

薬剤師が人事評価制度を知り尽くして年収をアップさせる方法

薬剤師が転職せずに年収をアップさせる方法。薬剤師の給与や昇給・賞与がどの様にきまるのか。そのしくみを知ることで年収アップのためにはどこに注力すればよいかがわかります。患者さんのために仕事をするのはもちろんですが会社への貢献について意識するだけで他の薬剤師に差をつけることが可能です。
転職せずに年収アップ

薬剤師が転職をせずに年収をアップさせる方法

せっかく人間関係も良いし働きやすい環境の薬局なのだけれど給料が安い・・・。でも良い職場だから転職はしたくないという薬剤師へ。当サイトは「薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド」ですが、転職しなくても年収をアップさせる方法をいくつか挙げてみました。薬剤師転職をしなくても年収をアップさせる手段はいくつもあります。

【急募】派遣薬剤師求人増加に伴い時給が上昇しています。その理由とは?

【急募】派遣薬剤師求人増加に伴い時給が上昇しています。その理由と何でしょうか?派遣で働きたい。もしくはすでに派遣で働いていて更新予定のある薬剤師は大チャンス到来です。派遣薬剤師の時給3000円はもちろん、時給3500円や時給4000円という求人もあります。

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。
薬剤師の給料が上がらない原因

薬剤師の給料が上がらない原因は?薬剤師の年収の現状

薬剤師の給料が上がらない原因・要因を理解していますか?薬剤師の年収の現状。薬局業界全体の要因、会社(薬局)の要因、自分(薬剤師)の要因に分けて見ていきましょう。給料が上がらない(=評価されない)薬剤師の共通点について。

薬剤師年収800万円の求人案件ならもっとあります

薬剤師年収800万円の求人案件。年収900万円に比べて約10倍の求人情報がありました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収800万円は可能です。けっこうあるものですね。非公開の求人案件を加えればこれ以上です。非公開の求人案件は登録することによりコンサルタントから直接得られます。

薬剤師年収900万円の薬局求人案件あります

調剤薬局の薬剤師で年収900万円が可能な薬局の求人案件を数えてみました。さすがにパート薬剤師では無理ですが、調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収900万円は可能です。もちろん転職した薬剤師の全員がこの金額になるわけではなく、年齢や経験年数、能力によって給与の条件は異なります。

薬剤師の年収を比較する際に注意すべき5つのポイント【正しく比べて】

薬剤師の年収を比較する際に注意すべき5つのポイント。他業種の薬剤師の年収と比較しない、その年収は手取り年収か総支給額か確認を、金額に現れない部分をしっかり見る、その1年間だけの年収で比較しない、自らの薬剤師としての能力の低さを棚に上げて比較しない,

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法。年収1000万円が可能な薬剤師求人とは。調剤経験や前職給与を考慮ってどういうこと。年収1000万円には給与交渉が必須。薬剤師の年収1000万以上可能な調剤薬局の求人は今ならまだあります。薬剤師が年収1000万円に近づくための4つの方法。

薬剤師の賞与(ボーナス)の金額はどのくらい?薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

薬剤師が転職をするにあたり、月収を比較するのはもちろんですがが年収に大きな差が出るポインとがこの賞与(ボーナス)です。いくらもらえるのかというよりは何を基に計算されるのか聞いておきたいところです。業績のみなのか、人事評価のみなのか業績+人事評価なのか。基本的には基本給×係数(たとえば3.0カ月分など)が賞与として支給されますから、基本給が異常に低く抑えられている場合は賞与額も少なくなってしまいます。月額給与が25万円の薬局を比較してみます。

給料について 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

転職時に一番気になるのは給料がいくらになるのかだと思います。年収はいくらもらえるのか。どういう計算方法で給料がきまるのか・・など、給料ひとつとっても転職を決める前には確認すべきポイントがたくさんあります。ここからは、薬剤師が転職に成功するために必要な給料についてのチェックポイントを挙げていきます。