「薬局」タグの記事一覧

薬剤師が住宅補助の手厚い薬局・病院・ドラッグストアに転職する方法(正社員・パート・派遣)

住宅補助あり
住宅補助の手厚い求人

転職を考えている薬剤師なら、月々の家賃が節約できる住宅補助の手厚い薬局というのも条件に加えてみるのはいかがでしょうか。月々の家賃が仮に5万円節約できれば、年収60万円アップしたのと同じこと。帰省旅費の補助もあればさらにお得です。ここでは住宅補助の手厚い薬局・病院・ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

研修制度が充実している薬局・ドラッグストア・病院の求人を探す方法(正社員・パート・派遣)

教育研修制度充実
教育研修制度充実

薬剤師は常に勉強。新しい薬や治療方法、ガイドラインなどの知識をアップデートしていく必要があります。自己学習を続けるのはもちろんですが、会社としてどのような研修を行っているかも結構重要です。ここでは、研修制度が充実している薬局や病院、ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。

かかりつけ薬剤師 不満とその解消法

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。どうしたらよいでしょうか?少人数のスタッフで働くことが多く、人間関係による不満は薬剤師の退職理由として少なくありません。まずは異動を願い出る、対応してくれなければ転職を検討するという流れが理想でしょう。

薬剤師の転職 10月からの転職活動

転職の時期

10月から転職活動を始める場合のスケジューリングについて教えてください。秋は祝日が多く、連休明けには大変混雑します。気温が下がる10月からは風邪の患者さんが増えることもあり、多くの薬局では混雑が始まります。年末にかけてさらに忙しくなる季節です。扶養の範囲内で働いている薬剤師パートさんは11月から12月にかけて勤務時間を減らす傾向にあります。

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

年収 教育・研修システム 漢方あり 雰囲気 面接

病院薬剤師からハーブやアロマに力を入れている調剤薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさん(20代)の話。なぜその転職は大失敗だったのでしょうか?転職失敗を避ける秘訣は?薬剤師転職支援サイトを利用して薬剤師転職支援のコンサルタントの助言を受けていたにも関わらず、当初の希望条件の無かったものを重視して転職先の薬局を決めてしまったことが失敗の大きな原因です。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

薬局のコンプライアンスが守られ、CSRの取り組みが行われているか

コンプライアンス 不満とその解消法 転職前の確認ポイント

コンプライアンスとCSRへの取り組みから転職先の薬局を探す。転職先の薬局が、不正請求をしている・・そんな薬局で働きたいとはだれも思いませんし、そんな薬局に転職してしまったらまたすぐに転職したくなるでしょう。最近では、企業コンプライアンスとCSRの取り組みが大変重視されています。法令違反により、信頼を失い、倒産に至るケースもあります。私たちはCSRについてこのように考えていますよと公表している薬局であれば、少なくとも常識から外れた行動をしていることはないでしょう。正しいことをできる薬局に勤めて薬剤師の職能を発揮させたいと思う人はぜひ、この点を重視して転職活動を行ってください。

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師さんへ。

休日 正社員薬剤師

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?

失敗しない薬剤師の転職 事務さんを見れば薬局の雰囲気がわかる

雰囲気
薬局見学では事務を見よ

失敗しない薬剤師の転職 事務さんを見れば薬局の雰囲気がわかる。転職活動中の薬剤師さん、転職を考えている薬剤師さんへ。薬局見学で話をしてくれるのは、多くの場合その薬局の管理薬剤師か一般の薬剤師、エリアマネージャー的な人(会社によって役職名は異なります)くらいではないでしょうか。見学者のあなたを採用したいと思う気持ちが強い順は、エリアマネージャー>管理薬剤師>一般薬剤師です。この順でセールストークになりがちです。失敗しない薬局選びのためには、エリアマネージャーや管理薬剤師の話はそこそこに、今後同僚となる一般薬剤師からセールストークではない「本当の話」をがんばって聞きだす必要があります。薬局の残業時間や忙しさ、その会社の教育研修システムなどはここで確認しておいてください。しかし、薬局の雰囲気をしっかりつかむにはまだ十分ではありません。薬局で働いているのは薬剤師だけではありません。薬剤師以外の職種の人。そう、事務さんです。薬局の事務さんを見れば、その薬局の雰囲気がわかります。事務さんが笑顔で生き生きと仕事をしているかそれとも暗い顔で嫌々仕事をしているのか。事務さんと薬剤師の連携が取れているか。スタッフ間のコミニュケーションはどうか。受付や処方入力、会計など薬局の顔ともいうべき事務さんが素敵な笑顔で働けているということは少なくともその薬局は働く方にとって変な薬局ではないと言えます。

薬剤師が不足している地方VS薬剤師が余り気味の都心部 どっちが得?

借り上げ社宅制度 給料

転職活動で薬局を探している時、働く場所を第一に考える場合が少なくありませんね。様々な理由があると思います。もし、働く場所(地域)にこだわりが無いのであればぜひ地方都市の薬局をおすすめします。都心ではなく、地方をすすめる理由はいろいろあります。薬剤師が転職をする際、地方の調剤薬局の方がお得な理由①薬剤師の給与が高い:薬剤師が不足している地方都市は、当然薬剤師が欲しい薬局が多いため、提示される給与額が都心部よりも高くなります。また、都会から地方へ人を動かしたいと思っている会社には地方手当が付くこともあります。②借り上げ社宅制度が使えることが多い:地方都市には近隣に薬科大が無いことが多く、薬剤師免許を持った人自体が都市部に比べて多くありません。そのためには都市部から人を引っ張ってくる必要があります。その薬局で働くためには引越しが伴いますから、住居を用意してくれる薬局がほとんどです。③通勤時間が短い(基本は車通勤):②の借り上げ社宅に関連しますが、基本的には薬局から近いところに家を借りますので通勤にかかる時間が都会に比べて少なく済みます。電車やバスの通勤ラッシュもありません。マイカー通勤も可能です。④お金が貯まる:給与が高くて、さらに家賃がほとんどかからない所に住めば当然お金が貯まります。