薬剤師のノルマは?調剤薬局・ドラッグストア薬剤師に課されるノルマの例
q

ノルマについて知りたい薬剤師

営業職は毎月ノルマがあって大変だなと思っていたのに、まさか薬剤師にもノルマがあるなんて思ってもませんでした。

個人に対するノルマだけじゃなくて、薬局全体としてのノルマもあるし。

会社によっても違うのでしょうが、きつくないですか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬局薬剤師に課されるノルマ
  • 薬局全体に課されるノルマ
  • ノルマを達成させる方法
【当サイトイチオシの薬剤師転職サイト】

\マイナビ薬剤師への登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。しっかりと情報を収集して転職活動をしたい方向け

\ファルマスタッフへの登録はこちら/

※登録から転職まで完全無料。薬局見学・面接同行希望者向け。派遣ならこちらで。

\アポプラス薬剤師への登録はこちらから/

※転職サポート27年の実績。出張面談をしてくれるから地方在住でも安心転職!

詳しい比較はこちら→薬剤師転職サイト・転職エージェント徹底比較

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

ノルマ

嫌な言葉ですね。

一般職の方はそうでもないと思いますが、管理者ともなると毎月のように数字、数字、数字の嵐。

本当に嫌になります。

今回の記事では、薬剤師に課されるノルマの例とノルマを達成させるための方法について解説していこうと思います。

結論
薬剤師にだってノルマはあります。

一般薬剤師が重いと感じるノルマは『かかりつけ薬剤師』です。

ノルマの達成度合いを翌年の賞与や昇給額に反映する薬局もあります。

そういう薬局に勤務してしまった場合には何としてもノルマを達成しなければなりません。

でもきついですよね。

かかりつけ薬剤師同意書取得数のノルマ

薬剤師個人に課せられる最もきついノルマはかかりつけ薬剤師

薬局の薬剤師個人に課せられるノルマで一番きついのはかかりつけ薬剤師でしょう。

かかりつけ薬剤師の取得には多くの薬剤師が悩んでいます。

ある大手チェーン薬局では薬剤師1人あたり100枚の同意書取得がノルマとして課せられています。

また、かかりつけ薬剤師の要件を満たしていなくても担当薬剤師制などという形で同意書取得を進めている薬局もあります。

もちろんその場合はかかりつけ薬剤師指導料は算定できないのですが。

結構これがすごくて達成しないと大変なことになるようです。

かかりつけ同意書取得はかなりのストレスです。

薬剤師に課されるノルマの例(かかりつけ薬剤師以外)

かかりつけ薬剤師以外の薬剤師に課されるノルマの例
薬剤師に課されるノルマは『かかりつけ薬剤師』だけではありません。

  • フォローアップの回数
  • 服薬薬剤調整支援料の実績
  • 重複投薬・相互作用等防止加算の実績
  • 残業時間削減

個人毎に、算定回数のノルマが設定されます。

薬局に課されるノルマの例

薬局に課されるノルマの例
ノルマは薬剤師個人に課せられるだけでなく、薬局全体に課せられるものもあります。

具体的には、調剤報酬、薬局の利益に関連するものです。

  • 後発医薬品調剤体制加算の算定
  • 地域支援体制加算の算定要件達成
  • 会社指定メーカーのジェネリック医薬品への切り替え量
  • 薬局の利益額(予算比)
  • 在庫金額の圧縮
  • 期限切れ廃棄医薬品額削減
  • 処方せん受付回数増加
  • 夜間・休日等の対応実績
  • 在宅の実績
  • 麻薬指導管理加算の実績
  • 外来服薬支援料の実績
  • プライベート商品(PB)の販売額

このうち一般薬剤師に課されることがあるノルマはかかりつけ薬剤師同意書取得枚数と残業時間削減くらいでしょうか。PB商品を展開している薬局ではその販売額(数量)もノルマになることがあります。

ノルマが嫌で薬剤師を辞めたいという声はあまり聞きません。

厳しすぎるノルマは仕事のモチベーションが下がりますのでなるべく課さないでほしいものですね。


もう薬剤師として働きたくないと思ったら、こちらをどうぞ。