薬剤師がハローワークで求人を探して転職するメリットとデメリット
q

ハローワークで求人探しをしようとしている薬剤師

ネットで検索したのですが、ハローワークにも薬局やドラッグストアの薬剤師求人がたくさん出ていました。

ハローワークで求人を探して転職しても大丈夫ですよね?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師がハローワークを使って転職をするメリット
  • 薬剤師がハローワークを使って転職をするデメリット
  • こういう薬剤師ならハローワークでの転職がおすすめ
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:ハローワークをうまく活用するのは良いが、最終的にハローワークで見つけた求人で転職をすると損をしてしまう可能性があります

薬剤師がハローワークを使って転職をするメリット

  • 掲載されている求人数が多い
  • ハローワーク経由で転職すると採用担当者が喜ぶ

掲載されている求人数が多い

ハローワークへ求人を出すのに費用はかかりません。無料なので、とりあえず求人を出しておくという薬局が多いです。


もともと、ハローワークで薬剤師を採用できる可能性は極めて低いので、採用担当者は最初から期待はしていません。

ハローワーク経由で転職すると採用担当者が喜ぶ

あまり当てにしていなかった、ハローワーク経由で薬剤師からの応募があって採用できたら採用担当者と経理担当者はものすごく喜びます。


なぜなら、ハローワーク経由での薬剤師の採用には紹介料を支払う必要が無いからです。


通常、薬剤師転職サイト経由で薬剤師を採用すると年収の3割程度の紹介料を請求されます。


採用にかかる費用を抑えることができたので会社としては喜ばしいことですが、そのお金が転職した薬剤師に支払われるわけではありません。


喜ぶのは会社だけです。

薬剤師がハローワークを使って転職をするデメリット

ハローワークで探した求人にそのまま応募するのは、求職中の薬剤師にとって相当大きなデメリットがあります。

 ハローワークで探した求人にそのまま応募するデメリット

  • 好待遇の求人案件や非公開求人はハローワークで検索されない
  • 利用時間内に施設に行く必要がある
  • ハローワークの担当者は薬剤師の業界に詳しくない
  • 薬局見学や面接、採用試験の日程調整はしてくれない
  • 給与などの条件交渉はしてくれない

好待遇の求人案件や非公開求人はハローワークで検索されない

薬剤師の不足度については、ハローワークに出ている募集要項や求人票には反映されていないことが多いです。


慢性的な薬剤師不足の薬局は求人を通年でハローワークに求人を出し続けています。


薬剤師が不足していて今すぐにでも欲しいという場合でも、ハローワークの求人票を差し替えるということはほとんどされていないのが現状です。


また、薬剤師転職サイトが持っている独自の非公開求人は、当然ですがハローワークでは見ることは不可能です。


ハローワークだけで求人を探していると、好待遇の非公開求人に触れることができませんのでもったいないですね。

利用時間内に施設に行く必要がある

仕事をしながら、平日の日中にハローワークへ行くのは大変ですね。


薬剤師転職サイトなら、オンラインでやり取り可能です。

ハローワークの担当者は薬剤師業界に詳しくない

ハローワークでは様々な職種の求人を取り扱っていますから、薬剤師業界のプロという担当者はおそらくいないでしょう。


その薬局がどんなところかを知る担当者もいないはず。


そのため、求人票の情報だけで判断をしなくてはなりません。


申し込むか申し込まないかの相談もできません。結局は自分ですべて転職活動をしなくてはいけないということです。


不安や疑問が生じた場合、だれに相談すればよいでしょう。


相談に乗ってくれる人は誰もいません。

転職に対して全く不安はない。給与交渉も条件交渉もすべて自分でできるという薬剤師ならハローワークで転職しても大丈夫です。

そうでないなら、薬局・薬剤師業界に精通している専門の転職コンサルタント・エージェントに相談しながら転職活動を進めていきましょう。

非公開求人はハローワークでは検索できない

最近ではネットでもハローワークの求人を検索できて便利という声もあります。


確かに、ネット上で求人を一括で検索できて比較すれば損をしないのではないか?という疑問もあるでしょう。


でもやはり損をしています。


非公開求人はハローワークでは検索されません。


出てくるのはハローワークに出したままになっている求人かもしれませんよ。

パート薬剤師の求人検索だって、ハローワークでは損をします。

薬局見学や面接、採用試験の日程調整はしてくれない

ハローワークで検索した求人に申しこんではくれますが、その後のそれぞれの日程調整はすべて自分で行う必要があります。


薬剤師転職サイトならすべて代わりに日程調整をしてくれるので、仕事をしながらの転職活動でも安心です。

条件や給与交渉の代行ができない

ハローワークで出てきた求人に応募するのは非常に簡単です。


応募した後の給与交渉は誰がするのでしょうか。

pharma

そうです、自分です。

給与や条件の交渉、その他聞きづらいようなことを聞くのもすべて自分でやらなくてはいけません。

地域の薬剤師の年収相場が良く分かっていますか?


会社相手に交渉できますか?


難しいですよね。

条件交渉、面接同行をするかしないかで条件が大きく変わることがあります。



例えば条件交渉で年収が50万円高く契約することができたら、20年で1,000万円以上の差!

こういう薬剤師はハローワークで転職するのがおすすめ

 全てに当てはまる薬剤師はハローワークで転職することをおすすめします

  • 家の近所の薬局で働きたい薬剤師
  • すぐにでも働き始めたい薬剤師、
  • 別に給料や条件にこだわりがない
  • 日程調整とかアポイントは自分で全部できるし、相談相手も不要

全てに当てはまった薬剤師はほぼいないのではないでしょうか。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトに登録して転職活動をすれば、いつも相談に乗ってくれて求人も探してくれて、給与交渉もしてくれて面接にも同行してくれます。

しかも全部無料で。

無料だから当然損をすることはありません。得しかないですね。