薬剤師が年収900万円を希望するなら【勤務地を選んではいけない】
men50

転職で年収900万円希望の薬剤師

年収900万円希望です。
管理薬剤師経験あります。
勤務地は日本全国どこでも大丈夫です。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師で年収900万円は可能か
  • 年収900万円の薬剤師求人の特徴
  • 薬剤師が転職で年収900万円を勝ち取るには
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:一般薬剤師だと年収900万円はほぼ無理。日本の北の果てか南の果てまで行く必要がありそう。




薬剤師で年収900万円は可能か

ファルマスタッフを使って、年収900万円が可能な求人を検索してみました。

2021年4月20日現在、年収900万円可の求人は0件でした。

マイナビ薬剤師であれば年収900万円可の求人が掲載されています。
この数に、非公開の求人案件は含まれていません。(非公開の求人案件は登録することによりコンサルタントから直接得られます。)

マイナビ薬剤師薬キャリリクナビ薬剤師でも年収900万円が可能な薬剤師求人が出ています。

年収900万円の薬剤師求人の特徴

『年収900万円可』の求人に応募して転職する薬剤師が全員年収900万円になるわけではありません。

その求人の多くには、年収900万円可 ※経験、能力、年齢を考慮 と記載されています。


どういう経験があって、何歳なら年収が900万円となるのかがこの文章から読み取ることは不可能。

さらに、年収900万円可の薬剤師求人は、

  • 北の果てか南の果てでの勤務が必要
  • 一般薬剤師では調剤経験豊富である必要がある
  • 管理薬剤師であっても僻地でないと厳しい

という特徴があります。

年収900万円を勝ち取るには

一般薬剤師の場合、転職後の年収900万円は極めて厳しい状況。
1人薬剤師でかつ管理薬剤師、僻地を狙うのが一番可能性が高いでしょう。

年収900万円を希望するのであれば勤務地を選んではいけません

そして給与交渉は必須

決して求人を見て直接応募してはいけません。