薬剤師は正社員とパート、派遣のどれが得?【働き方をどう選ぶか】

q

正社員・パート・派遣のどれで働くか悩んでいる薬剤師

子供がまだ小さいので、急に休みが必要になるかもしれません。

やっぱり正社員で働くのは難しいですかね?パートの方がいいのかなぁ。

そういえば派遣薬剤師も気になります・・・結局どれが一番得なのでしょうか?

どうやって選べばよいでしょうか???

pharma

薬剤師は正社員でなくてもそこそこ稼げる良い職業。

だからこそ、正社員やパート、派遣のどれにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は雇用形態で迷っている薬剤師の悩みを解決していきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
休みの融通が利く職場なら、給与面でも待遇面でも正社員が最強。

育児や介護などの理由で時間的に正社員で働くのは厳しい場合には、パート薬剤師がオススメ。

知識と経験があり、短期間で職場を変わりたい、変えたい薬剤師は派遣薬剤師が時給が高くてお得です。

正社員と決めている
マイナビ薬剤師がイチオシ。
求人数最多かつ全国15か所で直接面談が可能。

雇用形態を決めかねている
ファルマスタッフ(直接面談可能)
薬キャリ(電話とメールのみ)
どちらも全ての雇用形態に対応していてオススメ。

コンサルタントと相談したいが、時間が取れない
アポプラス薬剤師がイチオシ。
全ての雇用形態&出張面談に対応

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を比較

正社員薬剤師とパート薬剤師、派遣薬剤師それぞれの働き方のうち、どれが一番得なのか。

雇用形態ごとにメリットとデメリットがあります。

それらについてまとめました。

薬剤師の雇用形態・正社員のメリットとデメリット
薬剤師の雇用形態・パート薬剤師と派遣薬剤師のメリットとデメリット

それぞれの雇用形態の薬剤師求人探しはこちらから

\正社員・パート・派遣全て対応/

※全ての働き方に対応しているうえに、直接面談ではあなたに合った働き方のアドバイスも受けられます。

\正社員で働くならイチオシ/

※保有求人数最大。直接面談は全国15か所で開催。

\メールと電話で簡単に転職できる/

※正社員・パート・派遣の求人全てに対応。

ここからはさらに詳しい比較をしていきます。

雇用形態をどうしようか迷っている方は、この記事を読んで決めてしまいましょう。

年収で比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を年収で比較します。

年収の比較結果
正社員薬剤師>派遣薬剤師>パート薬剤師

条件によっては、派遣薬剤師>正社員薬剤師>パート薬剤師となることも。

正社員

調剤薬局の場合、30歳での正社員薬剤師の年収はおよそ450~550万円。勤務地などで変わりますが大体このくらいです。

パート

パート薬剤師の年収パート薬剤師の時給相場は2,000円から2,200円。

時給2,200円で1日6時間、月20日勤務をした場合のパート薬剤師の年収はおよそ300万円

フルタイムのパート薬剤師の年収はおよそ420万円となります。

パート薬剤師の時給と年収についてはこちらにまとめました。

派遣

次に、派遣薬剤師の年収を試算してみます。

派遣薬剤師の時給相場は2,500円から3,500円。中には時給4,000円という求人もあります。

仮に、時給3,000円で1日8時間働けば日給24,000円。

月に20日勤務するとして月給480,000円です。

時給3,000円、フルタイム勤務の派遣薬剤師の年収は576万円。

派遣の時給が2,500円だったとしても年収は480万円です。

年収が一番高いのは正社員薬剤師ですが、条件によっては派遣薬剤師が正社員の年収を上回るという結果でした。

一番年収が低いのはパート薬剤師です。

昇給で比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を昇給で比較します。

昇給の比較結果
正社員>>パート>>派遣

正社員

昇給で一番得なのは正社員。正社員だと定期昇給や評価による昇給が年1回あります。頑張った分だけ昇給につながりますからやりがいもあるでしょう。

パート

パートの場合は時給が数十円上がることもありますが、評価による昇給はほぼありません。

派遣

派遣薬剤師は残念ながら昇給はありません。契約期間中は同じ時給で働くことになります。

賞与で比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を賞与で比較します。

賞与の比較結果
正社員>>パート>派遣

正社員

この中で一番賞与の額が大きいのは正社員。

通常、年に2回、月給の数か月分の賞与が支給されます。

会社の業績や自身の人事評価によって金額が増減します。

パート

パート薬剤師の賞与は一律の金額で、お小遣い程度であることがほとんど。

あまり期待しない方が良いでしょう。

派遣

派遣薬剤師の賞与は、まれに派遣元企業から出る場合もありますが原則賞与は無いものと考えておきましょう。

昇格・昇進で比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を昇格・昇進で比較します。

昇格・昇進で比較した結果
正社員>>パート薬剤師

正社員

社内で昇格・昇進するのは基本的に正社員。

調剤薬局では最初の昇進は管理薬剤師です。

勤務時間の要件があることから、昇進するのは基本的に正社員のみです。

パート

パート薬剤師で極めて能力の高い人は昇格・昇進の可能性もありますが極めて低いと考えておきましょう。

派遣

派遣薬剤師の雇用主は薬剤師派遣会社です、

自社の社員ではありませんので昇格や昇進はありません。

勤務時間の長さで比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を勤務時間の長さで比較します。

勤務時間の長さで比較した結果
正社員≧派遣薬剤師≧パート薬剤師

これはパートや派遣の雇用契約によって変わってきますが、基本的に一番長いのは正社員です。

正社員

正社員は基本的に週40時間勤務。

1日8時間で、週5日勤務が標準的です。

正社員の場合には残業が発生しますので、拘束時間はもっと長くなります。

多くの薬局ではパートさんや派遣さんは終業時間通りに帰ってしまいますが、仕事が残っているときには正社員が最後まで残って片づけます。

パート

パート薬剤師の勤務時間は雇用契約によりますので、午前中だけ4時間という人もいれば、午後から3時間という人もいます。

午前中だけ働きたいというパート薬剤師は実際ものすごく多いです。仮に薬局から午前中だけ勤務の求人が出てもすぐに埋まります。

実際、薬局で薬剤師が不足しがちな曜日と時間帯は、土曜日と平日夕方以降です。土曜日や平日閉局まで働けるパート薬剤師は大変貴重です。

扶養の範囲内で働きたいのであればパート薬剤師一択。

派遣

派遣薬剤師の勤務時間は派遣先と派遣元の契約によって決まりますので、1日の勤務日数や勤務時間はパート薬剤師同様に様々です。

週40時間以内での契約となります。

派遣薬剤師も勤務時間を超過すれば残業代が発生しますが、時給が高い派遣薬剤師に残業をさせることは経営上マイナスとなります。

そのため、派遣薬剤師は基本的に残業はありません。

休みの取りやすさで比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を休みの取りやすさで比較します。

休みの取りやすさで比較した結果
パート薬剤師≧正社員≧派遣薬剤師

薬局によって一番大きく違うのが、休みの取りやすさ。

強いて挙げるとすれば最も休みが取りやすいのはパート薬剤師です。

正社員

人手がどうしても足りない場合にしわ寄せが来るのが正社員。

休みの取得は後回しにされてしまいがちです。

有給休暇の取得率も薬局によって大きく異なります。

パート

基本的には雇用契約通りの勤務となりますが、お子さんの発熱等で休まざるを得ないこともあるでしょう。

勤務時間が短いことから、休みとなっても影響が少ないことも休みを取りやすい理由であると言えます。

派遣

薬局が派遣を入れるのは、正社員やパートだけでは人手をまかなうことができないから。

派遣薬剤師に休まれては困ってしまいます。

派遣にも有給休暇が発生しますが、休むには派遣元と派遣先の調整が行われてから。

体調不良等で急に休むのは仕方ないとしても、派遣期間中に休みをとるのは難しいでしょう。

異動・転勤の頻度で比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を異動・転勤の頻度で比較します。

異動・転勤の頻度で比較した結果
正社員>>パート

異動や転勤の頻度が多いのは圧倒的に正社員。

正社員

異動や転勤の可能性が最も高いのは正社員。

異動や転勤が可能な社員の給与を高く設定しているチェーン薬局も多いです。

もちろん、異動の話を断っても大丈夫です。

パート

パート薬剤師は自宅から通勤しているので、転勤は難しいでしょう。

パート薬剤師も異動や転勤をお願いされることはありますが、正社員よりも可能性は極めて低いです。

あったとしても自宅から通える範囲の近い店舗となることがほとんどです。

派遣

派遣社員は自社の社員ではありません。

派遣元と雇用契約を結んでいますので異動や転勤はありません。

派遣期間が終了すれば、別の薬局で働きます。

そういう意味では一番多いと言えるかもしれませんが、薬局内での異動や転勤はありません。

仕事内容で比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を仕事内容で比較します。

仕事内容で比較した結果
正社員≧パート>派遣

薬局において、パート薬剤師も派遣薬剤師も正社員薬剤師も基本的な業務内容は同じです。

処方せん監査、調剤、最終鑑査、服薬指導の患者さんに対する責任も全く変わりません。

仕事内容の種類が最も多いのは正社員薬剤師です。

正社員

正社員とパートで仕事内容は大きく変わりません。

但し、社内研修への参加や在宅の対応などは正社員が行うことが多いです。

在庫管理やその他付随する業務についても正社員の薬剤師が行う事が多いでしょう。

パート

パート薬剤師なら責任が無くて気楽という声がありますが、決してそのようなことはありません。正社員であろうが、パートであろうが、派遣であろうが、患者さんにとっては同じ『薬剤師』です。

派遣

基本的に投薬がメインとなります。

その理由は調剤や監査は薬局毎にやり方や手順が違うから。

短期間の派遣薬剤師に手順を一から教えるよりは、投薬メインで頑張ってもらった方が薬局としても助かります。

雇用の安定性で比較

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を雇用の安定性で比較します。

雇用の安定性で比較した結果
正社員>パート薬剤師>>派遣薬剤師

正社員

雇用の安定性において抜群なのは正社員。

よほど悪い事をしない限りクビになることはありません。

パート

薬局の業績が悪化すると人件費削減の目的で、パート薬剤師のシフトにメスが入ります。

雇用契約の延長ができない場合やシフトに入れる時間を減らされてしまうこともあり得ます。

業績悪化でパート薬剤師が雇い止め。

派遣

薬局の業績が悪化したときに、一番最初に切られるのが派遣です。

派遣薬剤師と派遣元に支払う金額が高いことがネックとなるからです。

雇用の安定性と言う意味では一番低いでしょう。

薬局業界全体で利益が出にくい構造となっているため、派遣求人が減少しているのも安定性が低い原因の一つです。

薬局の業績悪化で派遣薬剤師切り。

働き方の自由度

正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師を働き方の自由度で比較します。

働き方の自由度で比較した結果
派遣薬剤師>パート薬剤師>正社員薬剤師

正社員

働き方の自由度が一番低いのが正社員薬剤師。

会社の就業規則の通りの時間、日数での勤務となりますので自由度は低めです。

有給休暇をうまく取得してリフレッシュすることが大切です。

パート

パート薬剤師は雇用契約をどう結ぶかによって働き方の自由度が大きく変わってきます。

週に3日のみ働く、1日4時間だけ働くといった雇用契約も可能ですので、働き方の自由度は高めです。

雇用契約を結んだあとの条件変更は難しいので、最初にしっかりと条件をすり合わせておきましょう。

派遣

総合的な自由度で比較すると派遣薬剤師が一番でしょう。

数か月毎に職場が変わりますから、人間関係で悩むこともありません。

派遣求人さえあれば、その中から自分で勤務先を自由に選べます。

一定期間働かないという選択も可能。

働きたい時だけ働いて、あとはゆっくりしたい。

そんな働き方ができるのが派遣薬剤師です。

薬剤師の雇用形態の決め方

正社員になるか、パートになるか、それとも派遣で働くのか。

あなた自身がどういったライフスタイルを取りたいかでその答えが決まります。

  • 仕事をバリバリ頑張りたい
  • 家庭を優先させたい
  • 経験を積みたい
  • 短期間だけ働きたい

あなたが何を重視するかでその答えは変わります。

もう一度先ほどの雇用形態別のメリットデメリットの表をあげてみます。

薬剤師の雇用形態・正社員のメリットとデメリット
薬剤師の雇用形態・パート薬剤師と派遣薬剤師のメリットとデメリット

だいたいどの雇用形態が良いか見えてきたのではないでしょうか。

 雇用形態の決め方

  • 理想の働き方(ライフスタイル)をイメージする
  • 自分が何を重視しているかを考える

理想の働き方(ライフスタイルをイメージしてみましょう。

パートで働くのがオススメの薬剤師

 こんな薬剤師はパートがおすすめ

  • 1日に働ける時間は6時間未満の薬剤師
  • 特定の曜日に休みが欲しい薬剤師
  • 週に5日間働くのは難しい薬剤師
  • 扶養控除の範囲内で働きたい薬剤師
  • 子育てと仕事を両立したい薬剤師
  • 子供の送り迎え(幼稚園・保育園)のある薬剤師
  • ブランク期間があるので、少しずつ仕事に慣れていきたい薬剤師

派遣で働くのがオススメの薬剤師

 こんな薬剤師は派遣がおすすめ

  • いろんな薬局で働きたい
  • 人間関係で悩みたくない
  • 知識も経験もあるのでどこでも働ける自信がある
  • 短期間だけ働きたい
  • 短期間で稼ぎたい
  • 転勤族なので1か所に長く住めない

ざっくり分けるとこういう感じになります。

薬剤師派遣会社の選び方はこちら。

自分が何を重視しているかを考える

あなたは何を重視しますか?

  • 早く帰ること?
  • 勤務日数を少なくすること?
  • 急に休めるしておくこと?

重視する項目によって可能な雇用形態が見えてきます。

雇用形態の決め方(まとめ)

あなたがどういったライフスタイルを送りたいか、何を一番重視するか。

この2点で雇用形態がほぼ決定できます。

但し、あなたに合う雇用形態の求人があるとは限りません。

また、あなたがパートで働くのが良いと思っていても、好条件の派遣求人が出ていてそっちの方が得ということもあり得ます。

例えば、週に4日しか働けないからという理由でパート薬剤師の求人だけを探しているとします。

そこに週休3日の正社員求人があったらどうでしょう。こっちの方が理想的かもしれません。

正社員薬剤師の求人を探す、パート薬剤師の求人を探す、派遣で探すというように自分で雇用形態を決めつけてしまうのではなく、どこの薬局のどの雇用形態だったら自分に一番合った働き方が可能かという視点で求人を探すことをオススメします。

何を重視したいか、どういう働き方をしたいかが明確であればあるほど、理想の働き方に近づけます。

だからこそ、薬剤師転職サイトのコンサルタントと相談をしてほしいのです。

理想の働き方ができる職場を自分だけの力で見つけ出すのはほぼ不可能。

しかし、あなたのように希望の働き方が明確になっている薬剤師がコンサルタントに相談すると、結構すんなりと理想の条件に合った薬局が見つかります。

ファルマスタッフとアポプラス薬剤師、薬キャリエージェントなら正社員・パート・派遣全ての雇用形態の求人に対応。

雇用形態を決めかねている方はこの3社に登録しておくのがオススメです。

\正社員・パート・派遣全て対応/

※全ての働き方に対応しているうえに、直接面談ではあなたに合った働き方のアドバイスも受けられます。

\正社員・パート・派遣全て対応/

※出張面談対応だから、地方在住や時間が取れない薬剤師も安心して相談できます。

\メールと電話で簡単に転職できる/

※正社員・パート・派遣の求人全てに対応。

コンサルタントに要望を伝え、あなたの希望の働き方ができる求人を紹介してもらいましょう。

この3つのサイトに登録すれば、あなたの理想的な働き方が実現できます。

他の薬剤師に求人を取られてしまう前に登録を済ませておきましょう。

 正社員はもちろんパートも派遣も扱っている薬剤師求人サイト

薬剤師転職サイトの詳細な比較はこちらで行っています。

\ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

\正社員に強い薬剤師転職サイト/

\パート薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

\派遣薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト/

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。