薬剤師転職は早ければ早いほど有利!薬局薬剤師のキャリアを考える:2024年版


q

調剤薬局の薬剤師

  • 年収がなかなか上がらない……
  • 残業抑制の指示で疲弊している……

  • 昇給の幅が小さく、将来に不安を感じている
  • 最近残業時間や在庫金額の抑制にうるさくなった
  • かかりつけ薬剤師のノルマが厳しくなった


こんな悩み、ありませんか?

給与が低下している……労働環境が悪化している……

このように感じている薬剤師も多いのではないでしょうか?

実は、調剤薬局で働く薬剤師が抱えるこれらの問題には、転職が一つの解決策となり得るのです。

厚生労働省のデータによると、薬剤師数は増加の一途をたどり、2025年には飽和状態になると予測されています。

この状況は、給与の低下や労働環境の悪化を引き起こす可能性があります。

本記事の内容

この記事では次のことがわかります。

  • 薬剤師の転職を考えるべき理由
  • 転職活動を進める際のポイント
  • 調剤報酬の改定とその影響

この記事を読むと、以下のようなメリットがあります。

  • 自分に合った転職先を見つける方法がわかる
  • 転職活動の成功ポイントを理解できる
  • 未来のキャリアを見据えた計画が立てられる
自己紹介

pharma_di(ファマディー)

Instagramのフォローもお願いします!
ストーリーズでは内容の濃い情報を発信中≫ ファマディー

全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
【私が薬剤師採用のために連絡を取っている≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く100人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
薬剤師としてのキャリアを見直して転職活動を早めに始めれば、より良い未来を手に入れることができます。

薬剤師の飽和と調剤薬局の経営悪化、そして年収格差が深刻化!

薬剤師として働いている皆さんの中には、転職を検討している方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、転職活動を始めようと思っても、なかなか一歩を踏み出せないこともありますよね。

この記事では、調剤薬局で働く薬剤師が転職を考えるべき理由、そして転職活動を進める際のポイントについて、2024年版として最新の情報を加えてさらに詳しく解説します。

薬剤師は2025年に飽和状態? 具体的な状況と影響

薬剤師の数が2025年に飽和状態になる可能性があることをご存知でしょうか?厚生労働省の推計によると、薬剤師数は2025年には約34万人、2030年には約38万人に達する一方、調剤薬局の数は横ばい状態が続くと予測されています。

薬剤師数の増加と飽和予測

厚生労働省の推計によると、薬剤師数は2025年には約34万人、2030年には約38万人に達すると予測されています。

一方、調剤薬局の数は横ばい状態が続いており、薬剤師一人あたりの調剤薬局数は減少していくことが予想されます。

薬剤師飽和状態による具体的な影響

この状況がもたらす影響は以下の通りです。

  • 給与の低下: 求人過多になると、薬剤師の給与水準は下落する可能性があります。2023年の平均年収は約620万円でしたが、今後は低下傾向が懸念されます。
  • 労働環境の悪化: 残業や休日出勤の増加、業務量の増加などが考えられます。特に、小規模な調剤薬局では長時間労働が常態化しているケースも少なくありません。
  • 雇用不安: 経営悪化する調剤薬局では、人員削減が行われる可能性があります。2023年だけでも、経営破綻する調剤薬局が数百件に上ることが予想されています。

調剤報酬の減額で薬局経営が悪化? 減額の詳細と経営への影響

調剤報酬の減額は、調剤薬局にとって大きな痛手となっています。2024年4月2日からの診療報酬改定では、調剤報酬は全体で+0.16%の引き上げとなりました。

pharma

プラスだからといって喜べる状況ではないのはみなさんご存じの通りです。

主な改定ポイントは次のとおりです。

  • 地域支援体制加算の算定要件の見直し: 地域における医薬品等の供給拠点としての体制が整備されている薬局かどうかを評価
  • 在宅業務に関する算定の新設・拡充: 服薬状況の把握・服薬指導の充実、服薬支援体制の強化
  • 医療従事者の賃上げ支援: 調剤報酬全体を0.28%引き上げ
  • その他: ジェネリック医薬品の使用促進、選定医療の開始

地域支援体制加算

算定要件が厳格化され、体制整備が不十分な薬局は加算を受けられなくなる可能性があります。具体的には、夜間・休日の調剤、在宅対応の周知や、在宅薬剤管理の実績(24回以上)、かかりつけ薬剤師の届け出、一般用医薬品(基本的な48薬効群)の販売、緊急避妊薬の販売等が要件として追加されました。

在宅業務

服薬状況の把握・服薬指導の充実、服薬支援体制の強化に向けた取り組みが求められます。具体的には、服薬支援計画の作成・見直しや、服薬状況の定期的なモニタリングなどが求められます。

これらの業務は薬剤師の専門性を活かせる一方、かなりの時間と労力が必要となります。

医療従事者の賃上げ

今回の改定による賃上げ幅は0.28%と小幅であり、人件費の高騰を十分にカバーできるかどうかは不透明です。

経営状況によっては、薬剤師の処遇改善が難しい薬局も出てくるでしょう。

pharma

あなたの薬局では賃上げがありましたか?なかったとしたらかなりヤバいです。

その他の影響

引き続きジェネリック医薬品の使用促進に向けた取り組みが求められます。

2024年10月1日より、医療費抑制の一環として、後発医薬品が存在する先発医薬品(長期収載品)について患者が先発品を希望する場合、一部を自己負担する「選定療養」制度が導入されます。

この点について患者さんへの説明が求められています。患者さんにとっては先発医薬品の選択には金銭的な負担が生じますし、薬局にとっては、説明や事務負担が増加します。

調剤薬局の経営への影響

上記の改定内容による影響は、薬局の規模や経営状況によって異なります。地域支援体制加算の算定要件を満たしている、在宅業務に力を入れている、ジェネリック医薬品の使用促進に取り組んでいる薬局は、今回の改定によりプラスの影響を受ける可能性があります。

一方、地域支援体制加算の算定要件を満たしていない、在宅業務に力を入れていない、ジェネリック医薬品の使用促進に取り組んでいない薬局は、今回の改定により大きくマイナスの影響を受けます。

これから調剤薬局はどうなるか

調剤薬局は今回の改定内容を踏まえて経営戦略を見直す必要があります。具体的には以下のことをやるはずです。

  • 地域支援体制加算の算定要件の見直し
  • 在宅業務の強化
  • ジェネリック医薬品の使用促進への取り組み
  • 人件費の適正化
pharma

調剤報酬の減額により、多くの調剤薬局が経営悪化に陥っています。特に、以下の調剤薬局は影響を受けやすいと考えられます。

  • ジェネリック医薬品の調剤比率が低い調剤薬局: 後発医薬品調剤体制加算を算定できないだけでなく、先発品を使用している人への選定療養の説明が生じてきます。
  • 小規模な調剤薬局: 経営規模が小さい調剤薬局は医薬品卸との取引において、スケールメリットを活かした割引が得られません。大手チェーンなら可能な不動となってしまった医薬品の処理も小規模だと難しいです。
  • 立地条件が悪い調剤薬局: 当然のことながら患者数が少ない調剤薬局は報酬減額の影響が大きく出ます。競合の薬局に負けているようではこの先が思いやられます。

経営が悪化する調剤薬局では、以下のような対策が取られる可能性があります。

  • 人員削減: 薬剤師や事務員の数を減らす
  • 業務量の増加: 少ない人員で今までと同じ仕事を行うため残業や休日出勤が増加
  • 福利厚生の縮小: 賞与や退職金の減額、福利厚生の充実度の低下
  • 給与体系の見直し:賃金体系、手当廃止など

大手薬局で働いている薬剤師は年収が低い? 年収格差の原因と実態

大手薬局で働く薬剤師は、一般的に安定した雇用環境や充実した福利厚生を享受できる一方で、年収面での不満を抱えることが少なくありません。

これは、大手薬局が採用する年功序列制度が原因となっています。年功序列制度は、勤続年数に応じて昇給するシステムであり、若手薬剤師の年収は比較的低く抑えられる傾向があります。

大手薬局は組織が大きく経営が安定しているため、雇用の継続性や職場の安定性は高いですが、その分、年収の伸びは限られていることが多いです。

また、昇給の幅も小さく、若手薬剤師にとっては、努力や成果が給与に反映されにくいという現実があります。

管理職やマネジメント層に昇進しない限り、大幅な昇給は期待できません。

さらに大手薬局では全国各地に店舗があり、異動や転勤の可能性が高いため、家族持ちの薬剤師にとっては生活の安定が難しくなる場合もあります。

一方で、中小規模の薬局では、地域密着型の経営を行っているため転勤のリスクが少なく、地域での生活を安定させながら働くことが可能です。

年収格差の具体的な例として、大手薬局では年収500万円から600万円程度、中規模薬局では600万円から700万円程度、小規模薬局では700万円以上というケースが一般的です。

これらの年収格差は、企業規模や地域性、さらには個々のスキルや経験によっても異なりますが、全体的に見ると、大手薬局での年収は抑えられている傾向があります。

大手薬局の年収体系

大手薬局の場合、年功序列制度が整っていることが多く、若い薬剤師の年収は相場より低く抑えられている傾向があります。

また、昇給の幅も小さい場合が多いです。

年収格差の具体的な例

調剤薬局の規模や立地条件によっても年収は異なりますが、一般的には以下の傾向があります。

  • 大手薬局: 年収500万円~600万円程度
  • 中規模薬局: 年収600万円~700万円程度
  • 小規模薬局: 年収700万円~

大手薬局で働くメリット

  • 安定した雇用
  • 福利厚生が充実
  • 研修制度が充実

大手の調剤薬局チェーンに転職するメリット【働くなら大手一択】

大手薬局で働くデメリット

  • 年収が低い
  • 昇給の幅が小さい
  • 業務量が多い

個人薬局へ転職するメリットとデメリット【絶対に勧めない】

転職を迷っているなら、早めに行動することが重要

転職を検討している薬剤師の方々にとって、行動を早めることが成功の鍵となります。現在の職場での不満や将来への不安があるならば、迅速に次のステップを考えることが大切です。

転職活動を先延ばしにすると、理想の求人を逃してしまう可能性がありますし、競争が激化する中で希望条件に合った転職先を見つけることが難しくなることも考えられます。

早めに行動することで、より多くの選択肢を検討する時間が確保でき、自分に最適な職場を見つけることができます。

転職市場は常に変動しており、特に優良な求人は早い者勝ち。今の職場でのキャリアに不安を感じているなら、積極的に転職活動を始めることをお勧めします。

転職市場の競争激化

薬剤師の転職市場は、今後さらに競争が激化する可能性が。

特に、以下の薬剤師は転職に有利です。

  • 経験豊富な薬剤師: 5年以上の実務経験を持つ薬剤師は、即戦力として評価されるため、転職に有利です。
  • 専門資格を持っている薬剤師: かかりつけ薬剤師や調剤薬剤師などの専門資格を持っている薬剤師は、希少価値が高く、転職に有利です。
  • マネジメント経験のある薬剤師: 店長や主任などのマネジメント経験のある薬剤師は、リーダーシップスキルが高いと評価され、転職に有利です。
  • コミュニケーション能力の高い薬剤師: 患者や医師とのコミュニケーション能力が高い薬剤師は、チーム医療に貢献できると評価され、転職に有利です。

薬剤師の転職Q&A

Q1. 薬剤師は2025年に飽和状態になるのでしょうか?

A1. 厚生労働省の推計によると、2025年には薬剤師数は約34万人、2030年には約38万人に達すると予測されています。一方、調剤薬局の数は横ばい状態が続いており、薬剤師一人あたりの調剤薬局数は減少していくことが予想されます。

Q2. 調剤報酬の減額は薬局経営にどのような影響を与えますか?

A2. 調剤報酬の減額により、多くの調剤薬局が経営悪化に陥っています。特に、ジェネリック医薬品の調剤比率が高い調剤薬局、小規模な調剤薬局、立地条件が悪い調剤薬局などが影響を受けやすいと考えられます。

Q3. 大手薬局で働いている薬剤師は年収が低いのでしょうか?

A3. 大手薬局の場合、年功序列制度が整っていることが多く、若い薬剤師の年収は相場より低く抑えられている傾向があります。また、昇給の幅も小さい場合が多いです。

Q4. 薬剤師転職を成功させるためにはどのようなポイントがありますか?

A4. 薬剤師転職を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

  • 早めに転職活動を開始する
  • 自分のキャリアプランを明確にする
  • 希望条件に合った求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書をしっかりと準備する
  • 面接対策をしっかり行う

Q5. 薬剤師転職をサポートしてくれるサービスはどのようなものがありますか?

A5. 薬剤師転職をサポートしてくれるサービスには、薬剤師転職に特化した転職サイトやエージェントなどがあります。これらのサービスを利用することで、求人探しや履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などをサポートしてもらうことができます。

薬剤師転職は早ければ早いほど有利(まとめ)

薬剤師の転職は、早ければ早いほど有利です。未来の調剤薬局とキャリアをよく考えて、自分に合った職場を見つけましょう。

薬剤師の未来、あなたはどう描きますか? 飽和状態の調剤薬局、年収格差の拡大、そして働き方改革の影響…。

薬剤師として働くあなたを取り巻く環境は、刻々と変化しています。

このまま今の職場に留まり続ければ、あなたはどのような未来を迎えますか?

給与の低下、長時間労働、やりがいを見失う日々…そんな未来は、決して避けられないのでしょうか?

いいえ、違います。あなたには、未来を変える力があります。

転職という選択肢を手にすれば、あなたは望む未来を手に入れることができるのです。

新しい環境で、自身のスキルを活かし、キャリアアップを目指す。

地域医療に貢献し、患者さんの笑顔のために働く。ワークライフバランスを実現し、充実したプライベートを送る。

転職は、あなたの可能性を広げ、理想の未来へと導く鍵となるのです。

しかし、一歩を踏み出すのは簡単ではありません。

転職活動は、時間と労力が必要です。情報収集、履歴書・職務経歴書の準備、面接対策…

一人で抱え込もうとすれば、負担は大きくなってしまいます。

そこで、あなたに寄り添い、転職活動をサポートしてくれる存在がいるのです。

それが、薬剤師転職に特化した転職サイト「マイナビ薬剤師」と「ファルマスタッフ」です。

豊富な求人情報、手厚いサポート、そして薬剤師転職のノウハウ…「マイナビ薬剤師」と「ファルマスタッフ」は、あなたの転職活動を成功に導くための強力なパートナーとなるでしょう。

今すぐ、両方のサイトに登録して、あなたに合った求人を見つけ、一歩を踏み出してください。

未来を自分自身の手で切り拓く、その第一歩を踏み出すために。

薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」と「ファルマスタッフ」が、あなたの挑戦を応援します。いますぐ登録しましょう。

\保有求人数最大級/

\利用者満足度が高い!/

薬剤師の未来は、あなた次第でどんなふうにも変えることができます。

今こそ行動を起こし、理想のキャリアを実現してください。