薬剤師が転職するなら地方にすべき7つの理由【お金と時間が自由に】
NEWq

地方か都市部か転職先を迷っている薬剤師

別に一人暮らしをしてもいいかなと考えています。

便利な都市部が良いと思っていましたが、薬剤師が不足している地方のがお給料が良いみたいです。

本当でしょうか。どっちが得とかありますか?

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が転職するなら地方がいろいろとお得な理由(メリット)
  • 薬剤師が地方に転職するデメリット
  • 都会と地方都市の薬剤師給与の比較
  • 地方への転職が不安な薬剤師におすすめの方法
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

転職するなら地方と都市部どちらが得?

先に結論から書いてしまいます。


薬剤師が転職するなら地方の薬局が圧倒的に得です。

薬剤師が転職するなら地方が得である理由(メリット)

転職活動で薬局を探している時、働く場所をまず第一に考える場合が多いと思います。


あなたはどうしてその場所で働きたいと思うのでしょうか?

  • 実家に近い薬局が良いから。
  • 今の家は持ち家なので転勤できない。
  • 住みなれた町だから。
  • 特に理由はないがやっぱり便利な都会がいい。

などなど様々な理由があると思います。

もし、働く場所(地域)にそれほどこだわりが無いのなら、地方の薬局を全力でおすすめします。

地方の薬局への転職をおすすめする理由はいろいろあります。

 地方の薬局に転職したほうが圧倒的に得をする理由

  • 地方の薬剤師の給与が高い
  • 地方手当が支給される
  • 地方だと借り上げ社宅制度が使える
  • 地方は通勤が楽(基本は車通勤)
  • 地方だとお金が貯まる
  • 地方に住むと趣味が充実する
  • 地方には気が短い患者さんが少ない

地方の薬剤師の方が給与が高い

なぜ地方の薬剤師の給与が高いのか。


それは、地方は薬剤師が不足しているからです。


薬剤師が不足している地方都市には薬剤師を欲しがっている薬局が非常に多くあります。


そのため、求職者に対して提示される給与の額が都市部よりも高めとなっているのです。

 地方の薬剤師が不足している原因

  1. 薬科大学が無い
  2. 地方勤務を希望する薬剤師が少ない

どの県にも病院や薬局はありますからどの地方でも薬剤師は必要です。


にもかかわらず、薬科大学が無い地方には薬剤師が供給されにくいので薬剤師が不足しがちです。


うちの会社(チェーン調剤薬局)でもそうですが、地方勤務を希望する薬剤師が極めて少ないのが現状です。


地方の薬剤師不足はもうしばらく続くと見られていますので、地方の薬剤師の給料は高めで推移するのは確実です。

地方の薬剤師の給料が高い理由はもう一つあります。


それは薬局の賃借料が安いから。


土地を借りるのも建物も借りるのも都会に比べて破格の安さです。


その分人件費にかける割合を高めやすいのも地方の薬剤師の給料が高い要因です。

地方の薬局に勤務する薬剤師には地方手当が支給される

チェーン薬局の場合、地方の薬局に勤務する薬剤師には地方手当が支給されます。


額は地域によって異なりますが、1万円から10万円まで様々です。


もしあなたがいずれ都会に戻りたいと思うなら、地方にある大手調剤チェーンの薬局に転職をするのが良いでしょう。


大手チェーン薬局の安定性、地方手当をプラスした高収入で充実した生活を送ることが可能です。

地方なら借り上げ社宅制度が使えることが多い

地方都市には近隣に薬科大が無いことが多いので地元出身の薬剤師はほとんどいません。


薬局運営のためには、その地方へ都市部から薬剤師を連れてくる必要があります。


大手チェーン薬局では、地方で働いてくれる薬剤師に対して、住居費用と引越の費用は会社持ちというところがほとんどです。

(参考)薬剤師の転職 社宅付・借り上げ社宅制度ありと言ってもいろいろあります

大手チェーン薬局の安定性に地方手当をプラスした高収入に加え、さらに借り上げ社宅までついてきたらどうでしょう。


一体どこにお金を使えばよいのかというくらいお金が貯まります。

地方は通勤が楽(基本は車通勤なので通勤ラッシュがない)

借り上げ社宅に関連しますが、基本的には薬局から近いところに家を借りますので、通勤にかかる時間が都会に比べて少なく済みます。


電車やバスの通勤ラッシュもありません。マイカー通勤も可能です。

地方はお金が貯まる

給与が高くて、さらに家賃がほとんどかからない所に住めば当然お金が貯まります。


さらに、地方都市は都会と違って遊ぶところが多くないですから、お金を使わずに済みます(これは人によりますが・・)

地方だと趣味が充実する

スキー場も近いので地方で働く薬剤師は趣味が充実します。

例えば東北や北海道ならスキー場が近くにたくさんあります。
空いていて雪質も最高なゲレンデでスキーやスノーボードを滑り放題。

温泉にも近いので地方で働く薬剤師は趣味が充実します。
温泉巡りもいかがでしょうか。

スキューバダイビングもやり放題なので地方で働く薬剤師は趣味が充実します。

海の近くの薬局ならスキューバダイビングが楽しめます。

キャンプ場にも近いので地方で働く薬剤師は趣味が充実します。

キャンプ場もたくさんありますからキャンプもいいですね。

日曜日だって、連休だって、渋滞に巻き込まれることはほとんどありませんから時間を有効に使えますね。

地方には気が短い患者さんが少ない

都心部では待ち時間にシビアな患者さんが多い印象ですが、地方ではあまりそのようなことはありません。


都心部に比べて時間の流れがゆっくりに感じます。


患者対応のストレスが少ないのは圧倒的に地方です。


基本的にいい人ばかりです。

薬剤師が地方に転職するデメリット

車が無いと生活できない

都会のように交通の便がよくないので、主な移動手段は自家用車です。


車や車の免許が無い薬剤師にはちょっと厳しいかもしれません。

都市部と比べると生活が不便

買い物や外食する場所が多いとは言えません。都会生まれの薬剤師にとっては不便と感じるでしょう。

積雪の多い地域は特有の大変さが

雪が多い地域だと雪道の通勤をしなくてはなりません。雪道に慣れていない薬剤師は最初は大変に感じると思います。


スタッドレスタイヤの購入や暖房費など余計な出費も想定しておく必要がありますが、給与が高いのでさほど気になりません。

都会と地方の薬剤師給与・通勤時間の比較

地方で働くことのデメリットも少しありますが、地方で働く薬剤師の方が金銭的なメリットはかなり大きいと言えます。

 東京都心の薬局に勤める薬剤師Aさんの場合
薬剤師Aさんの給与は月30万円。
都心では借り上げ社宅制度は適用されないので、8万円の家賃は全額自己負担。
薬局近くのマンションは家賃が高すぎて借りられないので郊外に物件を借りています。
通勤は片道40分かかります。

 地方都市の薬局に勤める薬剤師Bさんの場合
Bさんの給与はAさんと同じく月30万円。そこに5万円の地方手当が追加で支給されます。
Bさんは地方勤務なので借り上げ社宅制度の対象が利用可能。家賃上限は6万円。
地方だと6万円でも十分広いところに住むことができます。
Bさんは薬局から車で5分の所にある2DKのアパート(駐車場1台付で家賃6万円)を借りました。
制度により家賃の自己負担は0円です。

都心のAさんと地方のBさんを比較
Aさんは年収360万円(ボーナス除く)
Bさんは年収420万円(ボーナス除く)


地方都市のBさんの方が年収が60万円も高くなります。


さらにBさんには借り上げ社宅制度による家賃補助があります。その額毎月6万円。


Aさん:年収360万円(ボーナス除く)
Bさん:年収420万円(ボーナス除く)+72万円(6万円×12カ月分)

BさんはAさんよりも年間で132万円も得をしていることになります。

Aさんは家賃が全額自己負担ですからその差はもっと広がります。


さらに1日当たりの通勤時間を比べると、Aさんの1時間20分に対してBさんはたったの10分!

時間とお金の両方を今より多く手に入れたらどうなるか想像してみてください。

今の自分よりも、もっとたくさん好きなことができるのではないでしょうか。

条件の良い地方の薬局へ転職をしたいなら、求人情報が豊富な薬剤師転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

地方の薬局に転職してお金も時間も得をしたい薬剤師におすすめのサイト

地方への転職が不安な薬剤師におすすめの方法

でも地方への転職はちょっと不安という薬剤師もいるでしょう。


例えば、おばあちゃんの家の近くや実家からそう遠くない地方に限定すればその不安は減るのではないでしょうか。

親戚・友人・知人が近くに住んでいるところを選ぶ

親戚や友人が近くに住んでいれば心強いですね。


親の実家など縁のある土地もおすすめです。

まずは派遣薬剤師として地方勤務を試してみる

まずは派遣で地方に行くという選択肢もあります。


派遣なら働く期間が決まっています。お試しの目的で短期間だけ地方で働いてみるのも良いでしょう。


超短期間の派遣ならホテル住まい、数か月程度期間ならこちらの自己負担0でアパートを借りてもらえますし、高時給が得られます。

 派遣で地方勤務を試したい薬剤師におすすめ

 まとめ

  1. 車がないと生活が難しいというデメリットはある
  2. 地方勤務の方が給料がかなり高い
  3. 通勤時間も少なくて済む
  4. 趣味を充実させやすいのでアウトドア派にはもってこい
  5. 広い家が安く借りられる(自己負担0も!)のでインドア派の薬剤師にも最適

いかがでしょうか。地方の薬局へ転職すると時間とお金がかなり自由になるのは間違いありません。


地方へ転職するのがちょっと不安という薬剤師は、派遣でお試し移住をするという選択肢もあります。

検討してみてください。

派遣薬剤師なら⇒ファルマスタッフ薬キャリを選んでおけばまず間違いはありませんから安心です。