薬剤師がもらえる手当の金額と相場【パートも可?管理薬剤師手当は?】
q

給料が安いと思っている薬剤師

私の給料は安いような気がするのですが、給与明細を見てもよくわかりません。

給与明細に書かれている手当について教えてください。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師がもらえる様々な手当
  • 薬剤師がもらえる手当の相場
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:手当は会社によって金額が異なります。転職の際は、総額の年収だけでなく、給与項目の金額内訳もしっかり提示してもらいましょう。

調剤薬局の薬剤師の給料は以下の諸手当で構成されています。会社によって呼び方は異なりますが、ほぼこんな感じです。給料はどのくらいになるのかを計算するときにはこれらの額を十分に比較検討してみてください。


一般的に初任給というと、以下のすべての手当を足した金額(月額)を言います。

パート薬剤師の場合は時給にすべて含まれています。契約によって異なりますが、基本的にもらえるのは以下のうち残業代と通勤手当だけです。

基本給

年齢によって上がっていくことが多い手当。昇給やボーナスの額はこの額を基に計算されます。


極端に低く抑えられている場合は注意しましょう。基本給が低いと昇給額やボーナスの額が少なくなってしまいます。

薬剤師手当(資格手当)

基本給は全社員に支給されますが、薬剤師手当は薬剤師にのみ支給されます。


調剤業務に就いている薬剤師にのみ支給されることになっている会社がほとんどですが、本社勤務の薬剤師に支給される場合もあります。


一般職(非薬剤師)との給与の額に差をつけるために薬剤師手当が支給されます。


一部のドラッグストアなどでは、基本給を低く抑え、その分薬剤師手当を厚くしています。


給与の総額が同じなら、昇給や賞与の計算の基となる基本給が高いほうが長期で見れば得です。

職能手当

薬剤師手当は1年目の薬剤師にも10年目の薬剤師にも支払われます。薬剤師手当の額が経験年数によって差がついていない場合にはこの職能手当で差をつける場合があります。

役職手当

管理薬剤師などの役職に就いた場合に支給される手当です。月額10,000円から100,000円と会社によって額に幅があります。

通勤手当

通勤に必要な交通費が支給されます。上限が決められている場合もあります。タクシーはほとんどの場合認められません。

地域手当

薬剤師が不足している地域には地域手当が支給されることがあります。月額10,000円~100,000円など様々です。薬局・地域によって幅があります。

寒冷地手当

地域手当に含まれている場合もあります。月額5,000円~30,000円程度の場合が多いです。対象地域は主に北東北や北海道で冬期間のみ支給されます。

時間外手当(残業手当)

時間外手当は通常、1日8時間(週40時間)を超える勤務をした場合に支給されます。


休日手当や当直手当が別に設定されている場合もあります。

住宅手当

住んでいる地域、持家か賃貸かによって額が決まります。


会社の命により転勤した場合には地域によって借り上げ社宅制度がある場合もあります。

金額や制度の有無は会社によって大きく異なります。


家族手当

配偶者の有無、子供の有無により額は異なります。


これらの手当が毎月支給され、給料となります。


呼び方や額は会社(薬局)によって様々です。


転職の際には総支給額や手取りの額だけで決めず、これらの手当も考慮に入れましょう。

薬局のホームページからエントリーする直接応募にメリットはほとんどありません。


薬剤師転職サイトのコンサルタント・エージェントに給与交渉を代行してもらいましょう。


転職で年収アップをさせる最短ルートです。


マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイト経由での転職なら、聞きづらい給与や各種手当の事もあなたの代わりにすべて確認してもらえます。