あなたの薬局の管理薬剤師には残業代が支払われていますか?
men?

残業代をもらっていない管理薬剤師(薬局長も兼任)

うちの会社は管理薬剤師(薬局長)に残業代は支給されません。

えっ!?管理薬剤師でも残業代ってもらえるんですか!!

  • うちの会社は管理薬剤師には残業代がつかない・・・
  • 管理薬剤師になると残業代は10時間で固定されてしまう・・・
  • 管理薬剤師になると残業がつかないから、管理薬剤師手当をもらっても一般職の方が手取りが多い・・・

あなたもこのようなことで悩んでいませんか?

pharma

実は、調剤薬局チェーンの管理薬剤師なら残業代は支給されるはずです。よほど重要な権限や責任は与えられていないのが普通だからです。

本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 管理薬剤師にも残業代が支払われるべき理由
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
管理薬剤師であっても、労働基準法上の「管理監督者」に該当しなければ残業代は支払われるべきです。

残業代が支払われていない管理薬剤師のあなた、大損をしていますよ。

一般薬剤師の残業についてはこちらをご覧ください。

≫一般薬剤師の残業時間

管理薬剤師に残業代が支払われるべき理由

men?

うちの会社は管理薬剤師には残業代が支給されません。

管理者だからもらえない。管理薬剤師手当がその代わりのようなものだと言われています。

そんなことはありません。

大部分の調剤薬局の管理薬剤師は、残業代をもらえる要件を満たしていると考えられます。

『労働基準法における管理監督者の範囲の適正化のために』という、厚生労働省作成のパンフレットがあります。

労働基準法における管理監督者の範囲の適正化のために

その本文中には、次のように書かれています。

「管理監督者」は労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者をいい、労働基準法で定められた労働時間、休憩、休日の制限を受けません。

「管理監督者」に当てはまるかどうかは、役職名ではなく、その職務内容、責任と権限、勤務態様等の実態によって判断します。

企業内で管理職とされていても、次に掲げる判断基準に基づき総合的に判断した結果、労働基準法上の「管理監督者」に該当しない場合には、労働基準法で定める労働時間等の規制を受け、時間外割増賃金や休日割増賃金の支払が必要となります。

管理薬剤師=管理者だから残業代を支払う義務は会社にはないというのは、間違いです。

役職名だけで判断するものではなく、仕事内容で判断すべきということです。

管理監督者の要件

管理監督者の要件については以下のように書かれています。

労働時間、休憩、休日等に関する規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な職務内容を有していること

労働条件の決定その他労務管理について、経営者と一体的な立場にあり、労働時間等の規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な職務内容を有していなければ、管理監督者とは言えません。

労働時間、休憩、休日等に関する規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な責任と権限を有していること

労働条件の決定その他労務管理について、経営者と一体的な立場にあるというためには、経営者から重要な責任と権限を委ねられている必要があります。

「課長」「リーダー」といった肩書があっても、自らの裁量で行使できる権限が少なく、多くの事項について上司に決裁を仰ぐ必要があったり、上司の命令を部下に伝達するに過ぎないような者は、管理監督者とは言えません。

現実の勤務態様も、労働時間等の規制になじまないようなものであること

管理監督者は、時を選ばず経営上の判断や対応が要請され、労務管理においても一般労働者と異なる立場にある必要があります。

労働時間について厳格な管理をされているような場合は、管理監督者とは言えません。

賃金等について、その地位にふさわしい待遇がなされていることがなされていること

管理監督者は、その職務の重要性から、定期給与、賞与、その他の待遇において、一般労働者と比較して相応の待遇がなされていなければなりません。

調剤薬局の管理薬剤師は名ばかり管理職であることがほとんど

管理薬剤師=店長として、薬の管理以外にも薬局の運営業務を行っている管理薬剤師も多いことでしょう。

「管理監督者」と認められるような権限が与えられているのであれば、残業代は支払われません。

しかし、労働基準法上の「管理監督者」に係る判断基準からみて、十分な権限もなく、相応の待遇等も与えられていないと判断される場合には、薬局の管理薬剤師は「管理監督者」には当たらないため、残業代が支払われるべきということです。

2008年の日本マクドナルドの残業訴訟では、店長の労働実態では管理監督者の条件を満たしておらず、残業代の支払い義務があるとされ、大きな話題になりました。

あなたが勤めるの会社(薬局)の管理薬剤師には残業代は支払われていますか?

経営陣の順法意識は高いですか?

 まとめ

  1. 残業代が支払われるかどうかは役職名で決まるものではない
  2. チェーン薬局の管理薬剤師はほぼ全員が残業代支給の対象と思われる
  3. 残業代をもらっていない管理薬剤師は大損している可能性あり

あなたは残業代がもらえる会社の薬局と残業代がもらえない会社の薬局のどちらに勤務したいですか?


管理薬剤師にもしっかりと残業代が支給される薬局の方が良いですよね。

年収が高いと思って転職したのに、まさか管理者には残業代が支給されないなんて・・・そんなこと知らなかったと言っても後の祭り。


転職をする前に細かいことをしっかり確認しておきましょう。

でも、薬局見学や面接ではこういった問題はちょっと聞きづらいですね。


自分ではちょっと聞きづらいことはすべてコンサルタントに確認してもらいましょう。



調剤薬局への転職に強い転職サイト・転職エージェント4選

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|薬局大手の日本調剤のグループ会社。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師におすすめです。
  • アポプラス薬剤師|クオール薬局グループが運営。出張面談対応だから地方在住の薬剤師でも安心して転職活動ができます。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。薬剤師登録者数No.1 の転職サイトです。
  • 無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。
    ※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。
    ※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

    ≫どこに登録すればよいか迷ったら薬剤師転職サイトランキングへ