管理薬剤師(薬局長)の悩み・不満・ストレス解消法【うまく手抜きを】
menaseru

悩みやストレスで押しつぶされそうな管理薬剤師

調剤薬局の管理薬剤師になったばかりなのですが、仕事が多すぎてストレスです。

うまくいかないこともあって悩んでいます。

本社からは指示がバンバン飛んできますし、スタッフは仕事をしてくれないし・・・。

もうどうしたらよいのでしょうか。

一般薬剤師から管理薬剤師になると仕事量が大幅に増えます。薬の管理だけならかんたんにできても、人の管理が難しくて悩んでいる管理薬剤師がとても多いです。

本社や上司からは指示がたくさん出てくるだけで、サポートが無く丸投げ状態。

上から言われるだけでなくスタッフからもいろいろ言われます。さらには間接部門からも口出しされることもあるでしょう。

全部聞いていたら頭がおかしくなってしまいます。

あなたも管理薬剤師の仕事で悩んではいませんか?

pharma

私は管理薬剤師を15年以上続けていて、多くの薬剤師・事務と仕事を一緒にしてきました。

その時の経験をもとに、悩みやストレスの解消法を解説していきます。

 本記事の内容
この記事では次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
管理薬剤師は一般薬剤師の10倍くらいストレスがかかる仕事。全部真面目にやっていたら倒れます。適当にやることも大切です。

【管理薬剤師の悩み・ストレス解消法関連記事】

≫管理薬剤師を辞めたい・やりたくない

≫管理薬剤師になりたくない【断り方】

≫初めて管理薬剤師になったら【うまくいく薬局運営のコツ】

薬局のスタッフに対する不満・悩み解決法

管理薬剤師がもつ悩みで一番多いのがスタッフに対するもの。

スタッフ間の人間関係の問題や仕事ができないスタッフへの対応など、管理薬剤師はいろいろと悩まされます。

新人薬剤師に関する悩み

新入社員研修は本社・本部で行う薬局がほとんどでしょう。しかし、その後の研修の大部分は薬局で行うことになります。

薬局で教えるウエイトの方が断然大きいでしょう。新人薬剤師への教育がかなりの負担となります。

専門的な内容を教えるレベルまでに到達しない人も少なくありません。なぜ人事はこんな人を採用したのかと疑いたくなることもありませんか?

こんな新人薬剤師が入社してくると大変

  • そもそも敬語が使えない。
  • 電話を取れない
  • 社会人としての基礎の基礎が教えてもできない
  • ちょっと注意しただけですぐ泣く
  • 仕事の手を抜く
  • 頼まれたことをやらない
  • 話が通じない
  • 何を言っているのかわからない
  • 頼んでいたことをやらない
  • すぐ忘れる
  • 覚えていてもほかのだれかがやってくれるからいいやと放置する
  • 挨拶ができない
  • メモをとらない
  • 復習しない
  • 教わったことをまとめない
  • 自分の都合の良いように解釈するのはものすごく得意

新人薬剤師の育て方については別記事にまとめてあります。

≫失敗しない新人薬剤師の育て方

カリキュラム通りに教育をしても直らない、覚えない、できるようにならない薬剤師は一定数存在します。

もしそういう薬剤師があなたの薬局に配属されてきたら、早めに上司に相談しましょう。頑張って『普通』の薬剤師にしようとするとものすごい労力とストレスがかかります。

採用した人事部が悪いということにして、早めにあきらめることも必要です。

≫仕事ができない新人薬剤師のせいで薬局崩壊の危機

 新人薬剤師に対する悩み解決法

普通の教育をしてもできるようにならない時には、あきらめる。

ベテラン薬剤師に対する悩み

新人薬剤師は教育でなんとかすることができても、ベテラン薬剤師は教育ではどうにもなりません。

こんなベテラン薬剤師が薬局にいると大変

  • すぐ帰ることしか考えていない
  • 休むことしか考えていない
  • その割に余計な残業だけはする
  • パートだからと重要な仕事を受けたがらない
  • 他のスタッフのことを考えず自分勝手
  • すぐ薬を間違える薬剤師
  • すぐレセコン入力を間違える事務
  • 何度言っても同じ間違いを繰り返す薬剤師・事務
  • 叱られると怒られるの違いがわからず、怒られたということしか覚えておらず反省がない

≫薬局にいるお局様の特徴と撃退法

≫仕事ができない薬剤師の対処法

できない人をできるようにしようとする努力ほど、無駄なものはありません。仕事ができないベテラン薬剤師には何をしても、何を言っても仕事ができるようにはならないからです。

仕事ができない薬剤師にはできることだけをやってもらいましょう。仕事ができる薬剤師を伸ばすことに注力した方が、薬局全体の力は上がります。

ベテラン薬剤師に対する悩みの解消法

仕事ができない薬剤師は永遠に仕事ができるようにはならない。できない薬剤師に手をかけるのはもったいない。
仕事ができる人を育てて薬局全体の力をアップさせましょう。

薬の管理に関する不満・悩み解決法

在庫月数を○カ月以内に抑えるようにとの指示が棚卸前に出されると思います。

しかし、この指示は薬局の規模や集中率、患者層などを全く考慮されておらず、全薬局一律の指示であることがほとんどです。

こんな数字ぜったいに達成できるわけがないと困ったことがある方も多いのではないでしょうか。

在庫管理が難しい薬局の特徴

  • 集中率が低い薬局
  • 不特定多数の患者が来局する薬局
  • 一包化調剤が多い薬局
  • 散剤やシロップの調剤が多い薬局
  • 薬価改定の時期が繁忙期の薬局

面で広く処方を受けている薬局では在庫品目数が増えてしまいます。一包化が多くてバラ錠を購入しているとPTPとバラ錠の両方を購入しなければならず、在庫が増えてしまいます。

薬局の医薬品在庫管理については別記事で解説しています。

≫薬局の医薬品在庫管理と発注点の設定方法

最近では出荷調整品目が多すぎて在庫を絞ることは難しいでしょう。

注文してもすぐに医薬品が納品されない状況では、欠品を防ぐことを優先して発注していくしかありません。

≫出荷調整医薬品の調べ方と対策

 薬の管理に関する不満・悩み解決法

在庫を絞るのは高薬価の医薬品だけにしましょう。出荷調整が多発している時期は欠品を防ぐことを最優先に。
発注や在庫管理は事務さんの協力が不可欠です。優秀な事務さんを育てましょう。

会社に対する不満・悩み解決法

管理薬剤師は中間管理職です。上からの指示と下からの突き上げの板挟みになることもあるでしょう。

現場の状況を全く理解していない指示が本社から出されることもあるでしょう。

現場を預かる者としては、かなり不満やストレスとなります。

薬局の業績(数字)に関する悩み

薬局の業績について上からしつこく言われることも悩みやストレスの原因になります。

あなたも以下のような指示で困ったことがあるのではないでしょうか。

  • 在宅を獲得しろとうるさい
  • 地域支援体制加算を算定しろとうるさい
  • 各種加算の算定を増やせとうるさい
  • 後発医薬品使用体制加算を上げろとうるさい
  • 残業減らせとうるさい

かんたんにできたら苦労しません。がんばってやっている結果が今の数字です。

pharma

残業を減らせと言うなら、その前に人を寄こせと何度思ったことか・・・。

薬局の業績(数字)に関する悩み解決法

≫【薬剤師でもかんたんにできる】薬局の経費削減方法10選│赤字脱却&利益確保で経営改善!

本社のサポートが無い不満

本社は基本的に指示を出すだけ。その指示に対するサポートなく、結局現場まかせ。負担ばかりが増えていく。

このように感じている管理薬剤師も少なくないでしょう。

本社・本部には最初から期待してはいけません。本社とはそういうところなのだとあきらめると気が楽です。

新型コロナウイルスが流行したとき、本社からサポートはあったでしょうか。緊急で本社に電話をしたら、「在宅勤務だからメールで」と怒られた方もいるのではないでしょうか。

感染対策として本社だけテレワークや在宅勤務となっているが薬局は通常業務。薬局に対しての感染予防対策は講じられることはなく薬局独自で対応。

≫本社機能が弱い薬局は今後衰退します

本社のサポートが無い不満の解消法

本社のサポートは無いものとして考えておく。本社機能が弱い薬局は今後衰退しますので、今のうちに脱出しておくことも考えておきましょう。

必要な調剤機器を導入してくれない不満

軟膏の混合調剤が多いのに、軟膏練り機を買ってくれない。

一包化が多いのに自動錠剤分包機を導入してくれない。

散剤の調剤が多いのに、ダブル円盤の分包機を買ってくれない。

現場で必要と思っていることと本社で必要と思っていることには大きな隔たりがあります。

本社を動かすには数字。とにかく数字です。

調剤機器を導入するメリットを数字で提示しましょう。

  • 残業がどのくらい減るのか
  • 調剤時間がどの程度短縮できるのか
  • それによる効果は何円分に値するのか

導入されるまで何度も言い続けましょう。しつこく稟議書を上げ続ければいつかは通るはずです。

一度に複数の調剤機器を導入することは予算上難しいことがおおいです。そのためにも1年に1機種ずつ導入していくなど、長期的な計画を立てましょう。

必要な調剤機器を導入してくれない不満解消法

とにかく数字でメリットを提示してください。導入されるまで何回も稟議を出し続けましょう。
pharma

業績が良い時には稟議が通りやすくなります。
計画を前倒しして無理を承知で翌年導入予定の調剤機器の稟議をも一緒に出してみてください。意外と通りますよ。

人事評価制度に対する不満

忙しく仕事をこなしていても管理薬剤師の評価は業績次第。そういう薬局も多いでしょう。

暇なのに利益が上がる薬局の管理薬剤師の評価が高くて、忙しいのに利益が少ない管理薬剤師の評価が低い。

これではやってられません。

≫【薬剤師の人事評価制度まとめ】年功序列・能力別評価・目標管理による評価

目標管理制度を導入している会社では、目標のための仕事を作り出してしまう悪影響も出ているのではないでしょうか。

暇な薬局では目標に関することに手をつけられるが、忙しい薬局では目標に関することに手をつけられない。

結局暇な薬局で働いている人の方が高評価を得ている。

これもやってられませんね。

人事評価制度に対する不満

評価制度の中でうまく工夫してやるしかないです。人事評価制度の変更時期になったらしっかりと意見しましょう。それまでに現在の不都合な点を書き留めておきましょう。

≫人事制度が変更される目的

≫人事制度を知りつくして年収アップさせる方法

謎の社内ルール・薬局ルール(調剤内規)に関する不満・悩み

いつ誰が決めたかわからない謎のルール。あなたの薬局にもありませんか?

もし謎の社内ルール、薬局ルールがあるなら、本当に必要かどうか考えてみましょう。思考停止で謎ルールに従い続けるのは止めましょう。

謎ルールが正しいと思い込んでしまう危険があるからです。もしその謎ルールが法令に違反しているものだったらどうなるでしょうか。

知らなかったでは済まされません。

≫一つの会社しか知らないのは大きなリスク!転職をしたことが無い薬剤師は要注意!

謎の社内ルール・薬局ルール(調剤内規)に関する不満・悩み解消法

本当に必要なルールや決まり事なのか一度考えてみましょう。思考停止で従い続けるのは危険です。不要なルールは廃止しても全く問題ないです。

薬剤師の採用に関する不満

毎年予定の新人を集められない人事部。そのため一向に薬剤師不足が改善されない。

せめて新卒の初任給を高くして学生を集めれば良いのにと思っていてもやらない。

薬剤師の採用に関する不満解消法

新人が入らない会社は近いうちに衰退します。被害にまきこまれないうちに脱出できるよう準備をしておきましょう。

≫新卒薬剤師を採用できない薬局はダメな3つの理由

管理薬剤師(薬局長)の悩み・不満・ストレス解消法【うまく手抜きを】まとめ

管理薬剤師(薬局長)の悩み・不満・ストレス解消法【うまく手抜きを】まとめ

上からの指示を真面目に全て聞いていたらパンクしてしまいます。重要度、優先度が低いと思われる指示は後回しにするなどして上手く手を抜きましょう。

全てのことを全力でやっていては体がもちません。

無理なものは無理と早めに上司に伝えてください。なんとかやろうと頑張りすぎるのは体調悪化のリスクが高まります。

くれぐれも無理はしないでください。

薬剤師の長時間労働問題【残業・休日出勤・夜勤】デメリットしかない

管理薬剤師求人の探し方│管理薬剤師・薬局長の転職注意点10選