【薬剤師辞めたいと思ったらやるべきこと】不満・理由別の対処法6選
jimu1 bad

今すぐ辞めたい思っている薬剤師

薬剤師辞めたいです。もう疲れました。

先輩から怒られるし、プレッシャーがすごくて。

薬剤師になんてならなきゃきょかったです・・・。これからどうしたらよいでしょうか。

pharma

私も同じことを思ったことがあります。新卒・新人の時はよくそう思っていました。

私の場合は、なんとか環境を変えることで、解決できました。

今回は、薬剤師辞めたいと思った時の解決策を解説していきたいと思います。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
私が薬剤師採用のために連絡を取っている、≫おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

このサイト内の記事は『過去2回の転職経験』と、『現在の薬剤師採用業務の経験と知見』を基に全て私が1人で書いています。

≫詳しい自己紹介

結論
薬剤師を辞めたいと思ったら、まずは今の環境を変えるべき。

薬剤師を辞めたいと思ったら辞めるのも一つの選択肢です。一度辞めてみて、またやりたくなったらやるのも良いでしょう。

ただ、一つ知っておいて欲しいのは、薬剤師を辞めなくても、『環境を変えたら薬剤師を辞めたいという気持ちが消えた』という人が非常に多いという事。

まずは今の環境を変えるということを考えてみましょう。

今の職場を辞められなくて困ってる、今すぐに辞めたい薬剤師はこちらが参考になります。

≫【薬剤師の転職】引き留められて辞めさせてくれない時はどうすべきか?

≫薬剤師が退職代行サービスを使って薬局を辞めたら【利用時の注意点も】

新人薬剤師で辞めたいと思っている方はこちらをどうぞ。

≫【薬剤師1年目で辞めたいと思ったら】不安・悩み解消法

≫病院薬剤師を辞めたい方はこちら

薬剤師辞めたいと思ったらまずやるべきこと

冷静な判断をするためにまずは、心身ともに健康な状態を取り戻す
薬剤師を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのかを知る

薬剤師はミスが許されないというプレッシャーが大きい仕事をこなしています。

患者さんからのクレーム、上司や先輩からのお叱りなどが重なって薬剤師を辞めたいと思った方も多いでしょう。

pharma

薬剤師以外の人にはわかってもらえないかもしれませんが、薬剤師は日々大きなプレッシャーとの戦いをしていますよね。

私の経験上、薬剤師を辞めたいと思うのは心身ともに疲れている時が多いです。

あなたもそうではないでしょうか。

薬剤師を辞めたいと思ったらまずやった方が良いことは次の2つです。

 薬剤師を辞めたいと思ったらまずやった方が良いこと

  • 冷静な判断をするためにまずは、心身ともに健康な状態を取り戻す
  • 薬剤師を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのかを知る

冷静な判断をするために心身ともに健康な状態を取り戻す

気持ちが落ち込んでいる薬剤師

気持ちが落ち込んでしまっていて何もやる気が起きない。

そんな薬剤師がまずやるべきことは、ゆっくり休むこと

体を壊してまでやるべき仕事なんてありません。

まずは心も体も休めましょう。

「いやいや、休みなんて忙しくて取れない」という方は、こちらが参考になります。

≫【調剤薬局が忙しすぎる!】休みが取れない薬剤師がやるべきこと4選

≫休みが多い薬剤師と休みが少ない薬剤師【ポイントは年間休日数】

怒りで頭がカーッとなっている薬剤師

怒りで気持ちが高ぶっている。イライラしてしかたがない。

そんな薬剤師がまずやるべきことは、落ち着くこと。

怒りの原因となった理由を紙に書き出してみましょう。客観的に物事を見ることができて自然に落ち着けます。

また、怒りを紙に書き出すことで頭がスッキリするという効果もあります。

今後の事を正しく判断するためには、心身共に健康な状態であることが重要。まずは元気な状態を取り戻しましょう。

薬剤師を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのかを知る

心も体も回復したら、次は、薬剤師を辞めたいのか、今の職場をやめたいのかを考えてみてください。

薬剤師の仕事が嫌で辞めたい?

それとも今の職場環境や人間関係などが嫌で辞めたい?

転職や異動で今の職場から離れれば解決できるのか、それとも薬剤師であることを辞めないと解決できないのか。

あなたはどちらでしょうか。

先ほども書いたように、環境を変えれば、薬剤師を辞めたい気持ちは消えることがほとんどです。

  • 薬のことなんてもう覚えられない
  • 過誤を起こしてしまいそう
  • こんなプレッシャーには耐えられない

こういう場合は「薬剤師を辞めたい」ということでしょう。

≫薬剤師として働きたくないと思った方はこちら

薬剤師辞めたいと思ったきっかけが下記の項目に当てはまっていれば間違いなく「今の職場を辞めたい」ということ。

環境を変えることでかんたんに解決できます

  • 怒られすぎて嫌になった
  • 先輩や上司からのプレッシャーが辛い
  • お局様から嫌味を言われる
  • 仕事ができないレッテルを貼られた
  • 仕事を教えてくれない
  • 忙しすぎてついていけない
  • 残業が多すぎる
  • 休みが取れない
  • 給料が安い

薬剤師を辞めたい気持ちを消したいなら環境を変えてみる

薬剤師を辞めたい気持ちを消したいなら環境を変えてみる

jimu1 bad

環境を変えれば解決できるとのことですが、どうやって環境を変えれば良いのでしょうか?

pharma

環境を変える方法は3つあります。

環境を変える方法(薬剤師を辞めたい気持ちを消すために)

  • 今の職場の環境を変える
  • 異動で環境を変える
  • 転職で環境を変える

今の職場の環境を変える

1つ目は、今の職場にいながら環境を変えていく方法です。

但し、この方法は一番難易度が高いです。というのも、自分ではなく周りを変えていかなければならないから。

他人を変えることは、自分が変わることの何十倍、何百倍も難しい事です。すぐ怒ってくる先輩を怒らないように変えることができるでしょうか。

嫌味を言ってくるお局さんを変えることができるでしょうか。難易度は高いですが、やり方はこちらにまとめました。

≫薬局にいるお局様対処法

≫薬局の人間関係を良くする方法

jimu1 bad

人を変えるなんて、私には無理です・・・。

pharma

では、2つ目の方法に進みましょう。

異動で環境を変える

2つ目の環境を変える方法は、異動です。

同じ会社であっても、職場が変われば人も変わります。

これが同じ会社なのかと思うほど、職場の環境は違います。

異動で環境を変えたら薬剤師の仕事が好きになったというのも良くある話。

チェーン薬局に勤務しているなら異動はそう難しくはないでしょう。

異動の希望を出せば異動は可能なはずです。

jimu1 bad

確かに人間関係が変われば薬剤師としてやっていけそうな気がしますけど・・・

転職で環境を変える

環境を変える3つ目の方法は転職です。

近隣に異動可能な店舗が無い、個人薬局や病院に勤務しているなど、異動ができない場合には転職をするという選択になります。

また、薬剤師を辞めたい理由が会社制度に関するもの(例えば休みが取れないことや給料が安いことによる不満)の場合も、転職して環境を変える必要があるでしょう。

転職の始め方の手順はこちらの記事で全て解説しています。

大事な事なので繰り返しますが、薬剤師を辞めたいと思っても環境を変えることでほぼ解決します

大学で頑張って勉強してせっかく取った薬剤師免許。今の職場環境が悪いというだけで、薬剤師を辞めてしまうのはもったいないと思いませんか?

だったら環境を変えて、あなた自身がもっと輝ける場所を見つけたほうが良いのではないでしょうか。

そして薬剤師としてさらに成長していきましょう。

環境を変えてもう一度頑張ってみたいというあなた。初めの一歩は、薬剤師転職サイトに登録すること。

ここからあなたの人生が一気に好転していきますよ。

本当にオススメできる薬剤師転職サイトランキング

≫マイナビ薬剤師の詳細
≫ファルマスタッフの詳細
≫アポプラス薬剤師の詳細
≫薬キャリエージェントの詳細

無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。

※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。
≫複数の薬剤師転職サイトに登録するのは今では常識

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイトの利用は必須。利用しないで転職すると、こんなはずじゃなかったと転職で後悔することになります。プロのコンサルタントの力を借りて、後悔の無い転職をしてください。

≫薬剤師が転職で後悔しないための8つの注意点

※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。『後でやろう』、『明日やろう』と思っていると、目の前の幸運は逃げていきます。

好条件の求人を逃さないためにも登録は本日中に!

\薬剤師の保有求人数最大/

\薬局見学にも同行してくれる!/

\出張面談対応だから地方在住の薬剤師におすすめ/

\メールと電話で簡単に転職できる/

薬剤師採用担当管理薬剤師が選んだ

pharma

どの薬剤師転職サイトに登録したら良いのか迷ったらマイナビ薬剤師ファルマスタッフの2つに登録してください。これであなたは転職に成功できます。

pharma

私は転職をすることで一気に好転しました。今までの環境がいかにひどかったのかが、転職をして改めてよくわかりました。
悩んでいないでもっと早く転職をしておけば良かったと今でも思います。

ここからはさらに具体的な不満の解消法を挙げていきます。

それぞれの不満に対する解消法がありますので参考にしてみてください。

薬剤師辞めたいと思った理由・きっかけとその対処法

薬剤師なんてもう辞めたい。

こんな薬局辞めてやる!

こんな病院でもう働けない。

ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。

薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。

薬剤師1年目で辞めたいと思ったら。

薬剤師辞めたいと思ったきっかけや不満はいろいろあると思います。

 薬剤師辞めたいと思った理由

  • 職場の人間関係の不満
  • 職場環境(調剤室)への不満
  • 残業時間(忙しさ)
  • 休日(休暇・連休)
  • 給料(年収・ボーナス)
  • スキルアップ
  • 会社への不満
  • 薬局の立地

職場の人間関係に対する不満

職場の人間関係による不満は薬剤師の転職理由の第一位です。

多くの薬剤師が職場の人間関係で悩んでいます。

パワハラを受けている薬剤師はこちら。

≫【薬剤師のためのパワハラ対処法】そんな薬局で頑張る意味はありますか?

人間関係が原因で薬剤師を辞めたいと思った時の解決策です。

≫薬剤師が薬局の人間関係を理由に転職しても大丈夫な理由【注意点も】

薬局の残業時間・忙しさに対する不満

薬局の就業環境に対する不満が薬剤師の転職理由の2位です。

自分の時間を簡単に作る方法があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

≫【調剤薬局が忙しすぎる!】休みが取れない薬剤師がやるべきこと4選

≫【残業なし薬剤師求人の探し方】残業の少ない薬局に転職するかんたんな方法

休日(休暇・連休)を取れないことに対する不満

休みが取れなくて困っている薬剤師もかなりいます。

  • 休みが取れなくてもう嫌になる
  • 定休日が決まっているので連休が取れない⇒連休が取れる薬局に転職したい
  • 薬剤師が不足していて、定休日以外に休みが取れない⇒休みが取れる薬局に転職したい
  • 休日にも呼び出される
  • 電話当番が辛い(薬局が休みでも電話が転送されてきて対応しなくてはいけない)
  • 風邪をひいても休めない

≫土日休みの薬剤師求人の探し方

≫年間休日120日以上の薬剤師求人

薬剤師の給料(年収・ボーナス)に対する不満

年収の低さによる不満で転職する人は少ないですが、転職するなら年収アップをさせたいですよね。

≫正社員薬剤師、派遣薬剤師、パート薬剤師の高収入求人を探す方法

会社(本社)への不満

会社組織への不満も転職理由の上位に入っています。

  • 研修が全くない
  • 新人研修が現場に丸投げ
  • 在宅業務を受けようとしない

≫いろいろな処方せんが来る薬局に転職したい

≫研修システムがしっかりしている薬局に転職したい

≫研修が充実した薬局の探し方

≫在宅業務を行っている薬局への転職方法

  • 薬剤師に課されるノルマがきつい(調剤報酬やOTC売上など)
  • 社長が薬剤師を道具としか見ていない
  • 監視されている
  • 上司の言うことに反発すると左遷させられる、またはクビになる
  • 本社が使えない
  • 在宅の処方せんを取ってこいと言われる
  • かかりつけ薬剤師とれとれとしつこい
  • 薬の在庫を減らせ、欠品はするなと言われる
  • ジェネリックをもっと使って後発医薬品調剤体制加算を取れと言われる
  • 会社指定のジェネリックを使え使えと言われる
  • 就業規則がない
  • 就業規則を見たことない
  • 労働組合がない
  • 体育会系でついていけない
  • 経営が下手
  • 売上が落ちている
  • 患者数が減っている
  • 門前医療機関が閉めた
  • 病院が移転してしまった
  • 将来性がない会社
  • 勤怠管理がされていない
  • 算定をベタ取りしている
  • 会社ぐるみで不正を行っている(処方せん付け替え、不正請求など)
  • 薬剤師の名義貸しが行われている
  • 退職した薬剤師が登録されたままになっている
  • 常勤薬剤師を水増しして報告している
  • 残業代がつかない
  • 残業代に上限がある
  • サービス残業が横行している

上記コンプライアンス違反の会社に勤務してしまった場合の対処法はこちらから

≫薬局のコンプライアンスとCSR 不正請求事例について

薬局の立地に対する不満

最初はよくても通勤に時間がかかるとだんだん仕事に行くのが嫌になります。

転職理由で最も多いのは人間関係が原因ですが、最近では会社ぐるみで不正を行っていた薬局からの転職者が増えています。

pharma

上からの指示が不正なもので、それ従わざるを得ず、板挟みになっている薬剤師がかわいそうです。

上からの指示で不正に関与させられたくないですよね。

そんな会社にいたくないと思うのは当然の事です。

今の職場を辞めたいと思ったら

薬剤師を辞めなくても、今の職場を辞めて離れれば解決できるということがわかったのではないでしょうか。

今の職場を離れたい、辞めたいと思ったら次の手順で進めていけば大丈夫です。

≫失敗しない薬剤師の転職方法マニュアル

  1. 転職のメリット・デメリットを知る
  2. 薬剤師転職サイトに登録する
  3. 薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう
  4. 紹介してもらった求人に応募して見学や面接に行く
  5. 内定をもらう
  6. 今の職場に退職を申し出る
  7. 新しい職場へ出勤

転職のメリット・デメリットを知る

転職にはメリットもあればデメリットもあります。

≫薬剤師が転職するメリットとデメリット

薬剤師転職サイトに登録する

下記のいずれかの薬剤師転職サイト・エージェントがオススメです。

オススメ薬剤師転職サイト・転職エージェント4選

  • マイナビ薬剤師|20代から40代の正社員薬剤師の転職に強い転職サイト。派遣薬剤師でなければまずはここに登録しましょう。
  • ファルマスタッフ|薬局大手の日本調剤のグループ会社。派遣やパートの求人も豊富に持っているので女性薬剤師におすすめです。
  • アポプラス薬剤師|クオール薬局グループが運営。出張面談対応だから地方在住の薬剤師でも安心して転職活動ができます。
  • 薬キャリ|エムスリーグループが運営している薬剤師転職サイト。薬剤師登録者数No.1 の転職サイトです。
  • 無料の転職サポートは薬剤師限定。転職後も費用はかかりません。登録しても転職を強要されることは無いので安心です。
    ※どの薬局も求人枠には限りがあります。登録を後回しにすると好条件の求人は他の薬剤師のものに。登録は本日中に済ませましょう。
    ※オススメは2社以上への登録。転職活動がより効率的に進みます。

    ≫どこに登録すればよいか迷ったら薬剤師転職サイトランキングへ

薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう

あなたの希望条件に合った求人を紹介してもらいます。

気になる求人があったら薬局見学をしたい旨を薬剤師転職サイトの担当者に伝えましょう。

薬局見学の日程調整や条件交渉をしてくれます。

紹介してもらった求人に応募して見学や面接に行く

良い求人があれば実際に見学に行って面接を受けます。

転職先の決定には十分比較検討をしましょう。

≫薬局見学で見るべきポイント

内定をもらう

内定をもらったら次は退職の手続きへ移ります。

退職を申し出る

転職先が決まったら今の職場に退職を申し出て退職日を決定します。

≫退職の切り出し方・伝え方

新しい職場へ出勤

転職に成功したあなたは、薬剤師を辞めたいと思っていた頃の悩みはすべて解決しています。

pharma

私も何度も薬剤師なんて辞めたいと思いました。でも結局薬剤師は続けています。

薬剤師を辞めたいのではなく、環境が悪かったのが最も大きな要因でした。

≫もし転職を迷っているなら一歩踏み出して。人生が変わります!