薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧
jimu1 bad

今すぐ辞めたい思っている薬剤師

薬剤師辞めたいです。もう疲れました。
これからどうしたらよいでしょうか。

pharma

このような薬剤師の悩みに答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師辞めたいと思ったらまずやるべきこと
  • 薬剤師辞めたいと思う理由・きっかけとその対処法
  • 今の職場を辞めたいと思ったら
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回のチェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:薬剤師辞めてもOK!やりたくなったらまたやれば良い。ただ後悔しないよう、行動する前には冷静によく考えて。

今の会社(薬局・病院・ドラッグストア)を辞められなくて悩んでいる薬剤師は

薬剤師辞めたいと思ったらまずやるべきこと

  • 冷静な判断をするために心身ともに健康な状態を取り戻す
  • 薬剤師を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのかを知る

冷静な判断をするために心身ともに健康な状態を取り戻す

 気持ちが落ち込んでいる薬剤師
気持ちが落ち込んでしまっていて何もやる気が起きない。そんな薬剤師がまずやるべきことは、ゆっくり休むこと

体を壊してまでやるべき仕事なんてありません。

 怒りでカーッとなっている薬剤師
怒りで気持ちが高ぶっている。イライラしてしかたない。そんな薬剤師がまずやるべきことは、まず落ち着くこと

怒りの原因となった理由を紙に書きだしてみましょう。
それだけでも客観的に物事を見ることができますので自然に落ち着きます。

紙に書きだすことで頭がすっきりするという効果もあります。

薬剤師を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのかを知る

次にすべきことは、薬剤師を辞めたいのか今の職場をやめたいのかを考えること

薬剤師そのものを辞めたいのか、今の職場を辞めたいのか。


転職や異動によって今の職場から離れることができれば解決できるのか、薬剤師自体辞めないと解決できないのか。


どちらでしょうか。

ほとんどの悩みは今の職場から離れることで解決することができます。

薬剤師そのものを辞めたいのか、今の職場を辞めたいのかどちらなのかは、薬剤師を辞めたいと思ったきっかけでわかります。

薬のことなんてもう覚えられない。過誤を起こしてしまいそう。こんなプレッシャーには耐えられない。
こういう場合は「薬剤師を辞めたい」ということでしょう。

薬剤師辞めたいと思ったきっかけが、これから書く内容に当てはまっていれば間違いなく「今の職場を辞めたい」ということです。

薬剤師辞めたいと思う理由・きっかけとその対処法

薬剤師なんてもう辞めたい。こんな薬局辞めてやる!こんな病院でもう働けない。ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。

薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。

薬剤師が転職を考えるきっかけとなった不満はいろいろあると思います。あなたが転職をしようとしている最も大きな理由・原因はこの中にあるでしょうか?

 薬剤師辞めたいと思った理由

  • 職場の人間関係の不満
  • 職場環境(調剤室)への不満
  • 残業時間(忙しさ)
  • 休日(休暇・連休)
  • 給料(年収・ボーナス)
  • スキルアップ
  • 会社への不満
  • 薬局の立地

職場の人間関係に対する不満

パワハラを受けている薬剤師向け

人間関係が原因で薬剤師を辞めたいと思った時の解決策

薬局の残業時間・忙しさに対する不満


休日(休暇・連休)を取れないことに対する不満

  • 休みが取れなくてもう嫌になる
  • 定休日が決まっているので連休が取れない⇒連休が取れる薬局に転職したい
  • 薬剤師が不足していて、定休日以外に休みが取れない⇒休みが取れる薬局に転職したい
  • 休日にも呼び出される
  • 電話当番が辛い(薬局が休みでも電話が転送されてきて対応しなくてはいけない)
  • 風邪をひいても休めない

土日休みの薬剤師求人の探し方

年間休日120日以上の薬剤師求人

薬剤師の給料(年収・ボーナス)に対する不満

正社員薬剤師、派遣薬剤師、パート薬剤師の高収入求人を探す方法

会社への不満

  • もっとスキルアップできる環境で仕事をしたい
  • 在宅業務をやりたい
  • 社内研修が全くない
  • 新人研修が現場に丸投げ

いろいろな処方せんが来る薬局に転職したい

研修システムがしっかりしている薬局に転職したい

研修が充実した薬局の探し方

在宅業務を行っている薬局への転職方法

  • 薬剤師に課されるノルマがきつい(調剤報酬やOTC売上など)
  • 社長が薬剤師を道具としか見ていない
  • 監視されている
  • 上司の言うことに反発すると左遷させられる、またはクビになる
  • 本社が使えない
  • 在宅の処方せんを取ってこいと言われる
  • かかりつけ薬剤師とれとれとしつこい
  • 薬の在庫を減らせ、欠品はするなと言われる
  • ジェネリックをもっと使って後発医薬品調剤体制加算を取れと言われる
  • 会社指定のジェネリックを使え使えと言われる
  • 就業規則がない
  • 就業規則を見たことない
  • 労働組合がない
  • 体育会系でついていけない
  • 経営が下手
  • 売上が落ちている
  • 患者数が減っている
  • 門前医療機関が閉めた
  • 病院が移転してしまった
  • 将来性がない会社
  • 勤怠管理がされていない
  • 算定をベタ取りしている
  • 会社ぐるみで不正を行っている(処方せん付け替え、不正請求など)
  • 薬剤師の名義貸しが行われている
  • 退職した薬剤師が登録されたままになっている
  • 常勤薬剤師を水増しして報告している
  • 残業代がつかない
  • 残業代に上限がある
  • サービス残業が横行している

上記コンプライアンス違反の会社に勤務してしまった場合の対処法はこちらから⇒薬局のコンプライアンスとCSR 不正請求事例について

薬局の立地に対する不満

いかがでしょうか。人間関係が原因で転勤を考える薬剤師が多いですが、最近では会社ぐるみで不正を行っていた薬局からの転職者が増えています。

上からの指示で不正に関与させられたくないですよね。その会社にいたくないと思うのは当然の事です。

では、採用する側の薬局はどのように考えているのでしょうか。

薬局はこんな薬剤師を採用したがっている

 

 

今の職場を辞めたいと思ったら

薬剤師を辞めなくても、今の職場を辞めて離れれば解決できるということがわかったのではないでしょうか。

今の職場を離れたい、辞めたいと思ったら、次の手順で進めていけば大丈夫です。

  • 転職のメリット・デメリットを知る
  • 薬剤師転職サイトに登録する
  • 薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう
  • 紹介してもらった求人に応募して見学や面接に行く
  • 内定をもらう
  • 今の職場に退職を申し出る
  • 新しい職場へ出勤

転職のメリット・デメリットを知る

転職にはメリットもあればデメリットもあります。まずはそこを知ってください。

薬剤師転職サイトに登録する

薬剤師転職サイトに登録して希望を伝えます。

薬剤師転職サイトに求人を紹介してもらう

希望条件に合った求人を紹介してもらいます。
気になる求人があったら薬局見学をしたい旨を薬剤師転職サイトの担当者に伝えましょう。薬局見学の日程調整をしてくれます。

紹介してもらった求人に応募して見学や面接に行く

良い求人があれば実際に見学に行って面接を受けます。比較検討をするここが一番大切です。

内定をもらう

内定をもらったら次は退職の手続きへ移ります。

退職を申し出る

今の職場に退職を申し出て退職日を決定します。

新しい職場へ出勤

これで薬剤師辞めたいと思っていた頃の悩みはすべて解決です。

このような流れで進んでいけば大丈夫です。
詳しい転職の流れはこちらにまとめましたのでご覧ください。

pharma

私も何度も薬剤師なんて辞めたいと思いました。でも結局薬剤師は続けています。
薬剤師辞めたいではなく、今の職場を辞めたいということがわかって2回転職をしましたが・・・。
一度きりの人生なのですから、別に薬剤師に固執することはないと個人的には思います。もっと自由に生きたいものです。