薬剤師の転勤・異動は多い?頻度とその理由【全国転勤の薬局も】断っても大丈夫
q

異動や転勤が心配な薬剤師

同じ薬局の先輩薬剤師が異動になります。わたしもいつか異動することになるのでしょうか。

今の薬局に特に不満はないのですが、異動の話って断っても大丈夫なのでしょうか。

異動や転勤は薬剤師にとっても不安なこと。

いつ声がかかるのかと、年度末は不安という方もいるのではないでしょうか。

pharma

実は、異動や転勤の話があっても断れます。

断っても大丈夫ですが注意点もありますので、今回は薬剤師の異動や転勤について解説していきます。


 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師の転勤・異動の頻度
  • 薬剤師の主な異動理由
  • 異動は断っても良い?
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

結論:異動理由はいろいろ。表向きの理由も真の理由もいろいろあって様々です。異動理由について深く考えることにあまり意味はありません。もし自分が異動することになったら、何がどう変わるかを良く調べ、不利になる可能性があるなら断ることも選択肢に入れておきましょう。

 異動と転勤の違い
異動とは、勤務地が変わること。薬局の薬剤師なら、○○店から▲▲店へ勤務地が変わるということです。


転勤とは、転居を伴う異動のことです。


異動なら通勤経路が変わるだけですが、転勤となると引っ越しの準備が必要です。

薬剤師の転勤・異動頻度

大手チェーン薬局では3年から5年に1度程度の割合で異動が行われていましたが、異動自体が最近減少しています。


転勤・異動が減少している理由は『かかりつけ薬剤師』です。

「当該薬局に12カ月以上在籍していること」という、かかりつけ薬剤師の算定要件が異動を減少させています。


かかりつけ薬剤師をしっかりと算定していくには同じ薬局に長く勤務することが重要だからです。


当チェーン薬局では、定期的な異動はほとんどなくなりました。

ですが、薬剤師の異動が完全になくなったわけではありません。


どういった場合に薬剤師は異動するのでしょうか。


薬剤師の主な異動理由について見ていきましょう。

薬剤師の異動理由

薬剤師が異動する理由はいろいろあるのですが、主に以下の通りです。

 薬剤師の主な異動理由

  • 新規開局
  • 閉局
  • 薬局の人員適正化
  • 管理薬剤師への昇進
  • 一般薬剤師への降格
  • 薬剤師の成長のため
  • 薬局内の人間関係

新規開局のための異動

薬局の新規開局が決まると近隣店舗から転勤・異動で人を集めてくることになります。


新規開局のスタッフを新人薬剤師や中途採用の薬剤師だけにすることはまずありません。


自社の方針をある程度理解していて経験のある薬剤師が送り込まれます。


新店舗への異動は期待されていることの現れと思って良いと思います。

閉局による異動

医師が高齢や病気を理由に診察を辞めてしまうと、門前薬局はやっていけません。


病院の建て替えに伴う移転による閉局もありますね。


閉局予定の薬局の薬剤師は近隣の他店舗へ異動となります。


近くに異動できるような店舗が無い場合は、『会社都合による退職』となることもあります。

会社都合の退職だと、失業給付金(失業手当)を早く、長期間受け取れることができるというメリットがあります。


『門前医療機関閉院に伴う閉局で、異動先が近隣に無かった』というしっかりした理由での会社都合による退職であれば、転職活動に支障を来すことはありません

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトにすぐに登録して、速やかに次の薬局探しに取り掛かりましょう。

薬局の人員適正化のための異動

○○店は処方せん受付が増えてきたが、××店は減ってきているので人員に余裕が出てきた。


この場合、××店から○○店へ薬剤師が異動になります。


調剤薬局は利益が出にくい構造ですから、人員の適正化は今後ますます厳格に行われていくものと予想できます。

管理薬剤師への昇進

一般薬剤師が管理薬剤師に昇進するには2パターンあります。

  • 現在勤務している薬局で管理薬剤師に昇進する
  • 異動先の薬局で管理薬剤師に昇進する

どちらが良いということはありませんが、それぞれの薬局の規模などを考え、新任の管理薬剤師にふさわしい薬局での昇進となります。

pharma

新規開局した薬局への異動で管理薬剤師が抜けると、その薬局の薬剤師がそのまま昇進することが多いです。

一般薬剤師への降格

管理薬剤師が一般薬剤師へ降格する事に伴い、薬剤師の異動が発生することが結構あります。


管理薬剤師の降格理由で最も多いのは、ストレスなどによる体調不良。


続いて、結婚や出産などの生活環境の変化によるものと続きます。


普通に仕事をしていれば管理薬剤師を外されるということはまずありません。


横領や不祥事を起こした場合は降格だけで済むことはなく、懲戒解雇となります。

薬剤師の成長のため

薬剤師の異動理由としてよく聞くのではないでしょうか。


特に若い薬剤師に対しては成長のためという理由で異動することがあります。


いろいろな薬局を経験することで成長につながるからです。


ですが、この成長のためという異動理由は注意が必要です。


便利な言葉ですから、表向きの異動理由として使用されることがかなり多いです。


この場合の真の異動理由はおそらく人間関係の問題解消でしょう。

薬局内の人間関係

『人間の悩みは、すべて対人関係の悩み』とアルフレッド・アドラーも言っているように、人間関係の悪化が原因の異動が一番多いです。


異動する薬剤師が人間関係悪化の原因というわけではありません。


むしろ、『この薬剤師なら問題無いので向こうの薬局に行ってもらう』ということの方が多いでしょう。


異動先に合わない人がすでにいる場合には、玉突き異動という形で全く関係のない薬剤師を含めた3薬局間で薬剤師がグルっと異動するということもあります。

異動や転勤は断っても良い

異動や転勤の話が来たら即答せずにまずは数日よく考えましょう。

 異動先の薬局について確認すべきこと

  • 転居を伴うのか
  • 異動先の薬局の特徴
  • 勤務時間
  • 休日
  • 通勤時間
  • 通勤経路
  • 地域手当の増減
  • 断った場合の給与減額の有無

異動や転勤は結構なストレスを伴います。


よく考えた結果、異動を断っても大丈夫

但し、異動や転勤を断わると給与が減額されてしまうような給与体系の薬局もあります。

その点だけはよく確認しておきましょう。



異動を断ったことで何かグチグチ言ってくるようなら、そんな薬局辞めてしまえば良いだけです。

マイナビ薬剤師ファルマスタッフ薬キャリなどの薬剤師転職サイトに登録済みであれば、こういった異動の話が出た時の相談も可能です。


異動したほうが良いのか、しない方が良いのか、いっそのこと転職をしてしまったほうが良いのか。


職場環境や通勤時間、勤務時間や残業代、諸手当によって収入がどのくらい変わるのかを総合的に考えたうえで結論を出しましょう。

pharma

会社の言いなりになってばかりではだめですよ。

今後も簡単に使われてしまいます。