薬剤師が土日(週末)だけを使って転職をする方法【平日は使わない】
q

転職したいけど平日は休めない、そんな時どうすればいいのか悩んでいる薬剤師

月曜から金曜まで仕事で忙しいので転職活動はできません。

土日だけで転職活動をすることはできるのでしょうか。

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 薬剤師が土日だけを使って転職活動をするための5つのポイント
  • 土日も相談可能な薬剤師転職サイト
  • 土日休みの薬局見学はどうすればよいか
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:土曜日や日曜日も相談可能な薬剤師転職サイトに登録すれば、土日だけを使って転職をすることも十分可能です。ただし、土日休みの薬局見学だけは有給休暇を使わないとどうにもなりません。

土日だけを使って転職活動をすることはできますが、転職活動の進捗が遅くなってしまう不安が出てきます。


そんな不安も、これから書くポイントを参考にしていただければ土日だけ(土日メイン)で転職活動が十分可能です。

薬剤師が土日だけを使って転職活動をするために必要な5つのポイント

 薬剤師が土日だけで転職活動をするときの注意点

  • 土日も対応可能な薬剤師転職サイトに登録をする
  • 土日に面接や薬局見学ができるよう日程調整をしてもらう
  • 土日休みの薬局の見学には調整が必要
  • 土日だけでなく、平日夜の利用も検討
  • 平日もメールでの連絡や書類作成の時間を確保

土日も対応可能な薬剤師転職サイトに登録をする

土日だけを使って転職活動をするなら、土日も対応可能な薬剤師転職サイトに登録することが必須条件です。


平日しか対応していない薬剤師転職サイトに登録してしまうと、やり取りがすべて平日夜に集中してしまいます。


仕事で疲れた後に電話やメールでやりとりをするのはしんどいですね。

土日も対応可能な薬剤師転職サイトは以下の通りです。

 土日も対応可能な薬剤師転職サイト


ファルマスタッフ
<営業時間>
・平日 9:30-20:00
・土日 10:00-19:00
おすすめしている薬剤師転職サイトの中で日曜日も通常営業しているのはファルマスタッフだけ。土日のみを使って転職活動をしたい薬剤師にとって、日曜日も普通にやっているファルマスタッフは心強い存在です。



薬キャリ
<営業時間>
・平日 9:30-20:00
・土 9:30-19:00
日曜日こそ営業していませんが、土曜日は営業していますので、無理なく転職活動を進めることができます。



マイナビ薬剤師
<営業時間>
・平日 9:30-20:30
・土 9:30-17:30
日曜日は営業していませんが、日曜日もオンラインで相談可能(予約制)となっています。



リクナビ薬剤師
<営業時間>
・平日 9:30-21:00
リクナビ薬剤師は平日のみの営業ではありますが、この中で一番遅い夜9時までの営業となっています。平日の夜遅くなら時間を取れるという薬剤師にとってはリクナビ薬剤師が良いでしょう。


薬剤師転職サイトに登録する際、連絡希望時間を記載しましょう。

初回は原則電話で連絡が来ますので、電話に出られる時間をあらかじめ伝えておきます。


『平日は仕事のため電話に出ることはできません。土曜日もしくは日曜日の連絡を希望いたします。メールならいつでも可能です。』


こんな感じで書いておけば大丈夫です。

土日に面接や薬局見学ができるよう日程調整をしてもらう

土日も対応可能な薬剤師転職サイトに登録をすると専任の転職コンサルタント・エージェントがついてくれます。

希望を伝えて求人を探してもらうことになりますが、薬局見学や面接は土日で日程調整をしてもらうようにお願いしましょう。

土曜日も日曜日も開局している薬局なら、薬局見学も面接も土日で対応してくれるはずです。

q

土曜日も日曜日も開局している薬局には転職したくないです。
じゃあ土日休みの薬局見学はどうすればよいでしょうか?

pharma

確かにそこが一番のネックです。

土日休みの薬局希望の場合は次で説明しますね。

土日休みの薬局見学と面接を受ける方法

土日だけを使って土日休みの薬局を見学をするのはちょっと厳しいです。


土日はその薬局はお休みですから見学が不可能です。

閉局している薬局を見学することもできますが、それでは雰囲気はつかめません。


実際に薬局が開局している状態を見学しないと無意味です。

同じ会社で土曜日も開局している薬局の見学を提案されることもありますが、これもあまり参考にはなりません。


同じ会社の薬局であっても店舗が違えば雰囲気も全く異なります。


土日休みの薬局見学は、平日に有給休暇を取ることをおすすめします。

土日だけでなく、平日夜の利用を検討する

薬局の開局時間にもよりますが、17時半や18時からの見学なら対応してくれるところがほとんど。


閉局前に薬局見学をして、その後面接という流れで対応してくれるはずです。


これなら、1日有給休暇を取らなくても、午後半休を取るだけで、薬局見学から面接までできて無駄がありません。

こういった日程の調整はすべて薬剤師転職サイトのコンサルタント・エージェントが代行してやってくれますので安心です。

平日もメールでの連絡や書類作成の時間を確保

土日メインで活動をすることは可能ですが、平日も使う場合と比べて進捗が遅くなるのは事実です。


平日もメールのやり取りや、応募書類の作成をする時間を30分でも確保できると、進捗スピードが大幅にアップします。

 土日だけを使って薬剤師が転職活動をするなら(まとめ)

土日も営業しているファルマスタッフなどの薬剤師転職サイトに登録し、連絡可能な時間は土日に指定します。


薬局見学や面接は土日で調整してもらいますが、土日休みの薬局見学は有給休暇の取得が必要な場合もでてきます。


平日夜に薬局見学から面接まで対応してくれる薬局もあるので平日夜の時間の利用も検討しましょう。

薬剤師が土日だけを使って転職活動をすることは十分可能です。土日も営業している薬剤師転職サイトに複数登録して、効率的な転職活動をしていきましょう。

 土曜日や日曜日も対応してくれる薬剤師転職サイト