40代女性薬剤師の転職
ppq

転職を考えている40代薬剤師

40代での薬剤師転職って難しいでしょうか?

そもそも40代の薬剤師って需要あります?

年収下がりますよね・・・

pharma

このような薬剤師の疑問に答えていきます。

 本記事の内容
 この記事を読むと次のことがわかります。

  • 40代薬剤師の転職は難しい?
  • 40代薬剤師に必要なスキル・能力
  • 40代薬剤師が転職するときの注意点・ポイント
自己紹介

1313495085_749
pharma-di
私は転職経験2回の大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師です。
1回目は転職大失敗。2回目の転職活動では薬剤師転職サイトのコンサルタントの方に大変お世話になりました。そのおかげで転職に成功し、転職1年目の年収は600万円超。現在の年収は880万円です。⇒薬剤師になってからの年収推移公開

薬剤師や薬局事務の採用活動にも携わっています。自らの体験談を基にしてこの記事を書いています。

結論:20代や30代と比べると転職は難しいと言わざるを得ないが、40代薬剤師で調剤経験・知識が豊富なら薬局やドラッグストアで必要とされるはず。さらに管理薬剤師や在宅、教育の経験があれば年収アップも比較的簡単。

40代薬剤師の転職は難しい?

40代で転職することに不安な薬剤師はこんなことを考えていると思います。

  • 転職したいが、採用される?
  • 転職したいが、年収が下がってしまうと困る・・・
  • 環境が変わってもやっていけるかなぁ・・・
  • 体力が最近落ちてきたから忙しい職場だとちょっと・・・
  • 学校の都合で休まないといけない日もあるけど融通利かせてくれるだろうか・・・

全部大丈夫です。

調剤薬局や調剤併設のドラッグストアでは、40代薬剤師でも応募可能な求人がたくさんあります

薬学知識が豊富でコミュニケーション能力が高い薬剤師はどの薬局でも欲しい薬剤師像の上位に入っています。

患者さんとだけではなく、他のスタッフ(薬剤師・事務)ともしっかりコミュニケーションが取れ、かつ協調性のある薬剤師であれば間違いなく採用されるはず。

年収ダウンを心配するかもしれませんが、豊富な調剤経験、教育の経験、管理薬剤師経験があれば年収維持もしくは年収アップも期待できます

特に、管理薬剤師経験があり、部下を育成した経験のある40代薬剤師は厚遇されます。

管理薬剤師になりたくないという薬剤師が多いことからも、その経験はとても貴重と言えます。

そのほかの条件についても、正しい手順でしっかり探せば希望の職場が見つかります。

転職市場において40代薬剤師は非常に価値が高いとされているにも関わらず、転職しようとしない薬剤師が少なくありません。


不満や悩みを持ちながら今の職場で働き続けていて、他を全く知らないなんてもったいないと思いませんか?

40代薬剤師に必要なスキル・能力

次のような経験やスキル・能力がある40代薬剤師は薬局にとって喉から手が出るほど欲しい人材です。

 40代薬剤師に必要なスキル・能力

  • 豊富な薬学知識
  • 教育経験
  • 管理薬剤師経験
  • 部下の育成経験
  • マネジメントスキル
  • 在宅経験
  • コミュニケーションスキル

40代の薬剤師がもしうちの薬局(調剤チェーン)に転職を希望してきたら、面接で確認するのはこの項目です。

40代の薬剤師の採用判断は、人柄とスキル・能力を重視します。

40代薬剤師が転職するときの注意点・ポイント

正しい手順に沿って転職すれば薬剤師としてのスキルアップ、年収アップをすべて得ることができます。

参考までに、あなたなら大丈夫だと思いますが、こんな薬剤師だと採用されにくいです。

こういう40代薬剤師は採用されない

 こういう40代薬剤師は採用されない

  • 1~2年ごとに転職して転々としている薬剤師
  • 仕事をしていない期間が長い薬剤師
  • 転職の理由が不明瞭(はっきりしない)
  • 新卒から調剤薬局に勤めていたのに管理薬剤師の経験が無い

転職回数が多くても、例えば「夫の転勤により転職せざるを得なかった」という、明確な理由があれば転職回数が多くても敬遠されることはありません。


転職回数よりもその理由の方が大事です。
転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です

出産や育休、時短勤務によって管理薬剤師を経験できなかった薬剤師もいることと思います。明確な理由があるなら、管理薬剤師経験が無いという事はそれほど問題にはなりません。

40代薬剤師の面接での注意点

 面接での注意点
面接で転職理由を次のように語ってしまう人は敬遠されますので注意しましょう。

  • 前の職場の人間関係が悪い
  • 前の職場の上司が悪い
  • 給料が安い
  • 休みが取れない

長年薬剤師としての経験があり、薬剤師の年収相場もわかってきているでしょうし、自身のスキルについてもどの程度か把握しているはずです。


20代薬剤師ならまだしも40代にもなって面接でそんなことを言ったら確実に落とされることでしょう。


薬剤師経験が長いだけに比較をしたり、募っていた不満ばかりをついつい言いがちですが、面接で余計なことを言う必要はありません。


それを面接で言ってしまうと、『この薬剤師が入社したとしても、どうせまた文句ばかり言って辞めてしまうだろう。』と思われることでしょう。

40代薬剤師におすすめの働き方は正社員です。しかし、家庭の事情などでフルタイム勤務が難しい薬剤師はパート薬剤師や派遣薬剤師という選択肢もあります。


正社員薬剤師としてでなく、パート薬剤師、派遣薬剤師の可能性があるなら、派遣薬剤師も取り扱っている薬剤師転職サイトへの登録が必須です。

 派遣も大丈夫な薬剤師転職サイト

40代薬剤師が転職しても大丈夫

40代薬剤師が転職しても大丈夫

スキルや知識、経験をたくさん持っている40代薬剤師は市場価値が高く、厚遇で迎え入れてくれます。
とはいえ、20代、30代の若い薬剤師を優先的に採用するという薬局もありますので、転職の際には薬剤師転職サイトに登録して専任のコンサルタントをつけることをおすすめします。

薬剤師転職サイトに登録して転職活動をすれば、専任のコンサルタントが給与交渉を代行してくれます。よほど法外な金額を要求しない限り、40代薬剤師の年収アップは難しいものではありません。

自分のスキルや経験をしっかり伝えることができれば待遇アップも期待できます。このあたりの相談もコンサルタントとしっかりしておきましょう。
面接での細かいテクニック等はコンサルタントが教えてくれますので安心です。
転職理由や職歴のアピールポイントを上手に伝える方法などを身につければ、「20代の薬剤師なんかよりも採用する価値があるな」と採用側に思わせることができますね。
薬剤師転職サイトのコンサルタントを味方につければ、転職成功の確率がアップ!

 40代薬剤師におすすめの薬剤師転職サイト