薬局で怒られて「うつ」になりそうな新人薬剤師へ【やりすごせば大丈夫】
NEWq

薬局に配属された新人薬剤師

薬局に配属されてから怒られてばかりです。

確かにまだわからないことはたくさんあるのに、あんなに怒らなくたって・・・。

どこの薬局もこんな感じなのでしょうか。もう辞めたくなります。

pharma

このような薬剤師の悩みに答えていきます。

 本記事の内容
この記事を読むと次のことがわかります。

  • 怒られると叱られるの違い
  • 新人薬剤師が怒られやすい理由
  • 新人薬剤師が怒られないためにすること
  • 薬剤師1年目で転職しても大丈夫
自己紹介

pharma_di(ファマディー)
私は、全国に300店舗以上運営している大手調剤薬局チェーンの大型店舗で管理薬剤師をしています。

管理薬剤師歴は15年以上。現在は転職サイトの担当者と連絡をとりつつ、中途薬剤師の採用活動にも携わっています。
⇒私が薬剤師採用のために連絡を取っている、おすすめの薬剤師転職サイト

面接をした中途薬剤師は軽く20人を超えました。

私は過去2回転職をしていて、1回目は大失敗。ブラック薬局で過ごした数年間は地獄そのもの。

ブラック薬局に入らない方法、そこから脱却した方法を他の薬剤師にも役立ててほしいと思い、当サイト「薬剤師のための転職ブログ・ファマブロ」を始めました。

転職に失敗してしまう薬剤師がゼロになるまで書き続けます。

詳しい自己紹介

少し前にこんなツイートをしました。

いいねが少ないのは気にしないでください(>_<)

このページを読んでくれているということは、あなたはすでにこの中に言われた言葉があるのではないでしょうか?

でも気にしなくて大丈夫です。

その理由を書いていきます。

怒られると叱られるの違い

あなたが、怒られているのか叱られているのかを区別しましょう。

あなたは、怒ると叱るの違いがわかりますか?

『怒る』はただ自分の感情を相手にぶつけているだけ

『叱る』相手が成長するためのアドバイス

この違いを良く知っておきましょう。

相手(怒っている方)が何か言ってきたら、『怒っている』のか『叱っている』のかの区別をしましょう。

初めのうちは何か言われてドキドキしてしまうと思います。

でも大丈夫。話の内容を聞けば怒っているのか叱っているのかすぐわかります。

相手がただ感情をぶつけてきているだけの『怒る』なら聞き流してOK

相手が感情をあなたにぶつけてすっきりしたいだけですから聞いているふりをしていれば良いです。

それに対して、『叱る』はあなたへのアドバイス。成長の種ですからしっかりと聞きましょう。

感情をぶつけてこなくても、内容が無いものは『叱る』ではなく『怒る』ですから気にする必要はありません。

先ほどのツイート内の言葉は、全て『怒る』の部類ですから聞いているふりして無視していて大丈夫です。

そしたら、次の日にこんなニュースが出ました。

新人薬剤師だと配属先を選べないことが多いのでかわいそうです。

変な薬局に配属されたばかりに自殺してしまうなんて。

もし、あなたに対しての言動がひどすぎれば録音をして証拠を残しておきましょう。

小型の良い商品あります。

バックの中に入れたまま録音もできますし、胸ポケットに入れておいても録音できます。

キャップをはずすとUSBが付いているのでそのままPCにつないで本社へデータで送れます。

イヤホン端子もついていますので多少の雑音も聞き取れますし、ノイズキャンセルシステムもついてます。

ペン型タイプでおすすめです。

もっとマシな薬局は世の中にたくさんありますから、怒ってくる人に付き合っている場合ではありません。

証拠を本社に提出し、異動でも転職でもどんどん進めましょう。

石の上にも三年という言葉がありますが、変な薬局に三年もいたら身も心もおかしくなってしまいます。


新人薬剤師が怒られる理由

新人薬剤師が怒られる理由です。

あなたに非は無いのに怒られる場合です。

相手(怒っている側)期待値が高すぎる

あなたに対する怒っている側の期待値が高すぎるのかもしれません。

相手のあなたに対する期待>あなた

6年制を出ているのだからすぐできるはず
このくらいは知っているはず
薬局実習に行っているのだからできるはず

こう考えているのかもしれません。

別の記事にも書きましたが、実習と本番は似ているようで全く別です。

別にあなたが悪いわけではありません。

期待しすぎている相手が悪いのです。

相手(怒っている側)が新人の頃と比べている

相手(怒っている側)があなたと自分の新人の頃と比べているのかもしれません。

怒っている側は「自分が新人の時にはもっとできた」と思っているのでしょう。

でもそれは本当でしょうか?

おそらくできていなかったと思います。

当時の上司が近くにいたらぜひ聞いてみてください。

最初からバリバリできる新人薬剤師なんていません。

相手(怒っている側)が新人の頃のことを忘れている

相手(怒っている側)は自分が新人の頃のことを忘れているのでしょう。

自分の頃はどうだったとか覚えていないのかもしれません。

だから怒ってくるのではないでしょうか。

教える方が教え方を教わっていない

教え方を教わっていない場合もかなりあります。

これは会社としての問題ですね。

指導の仕方を理解していない人があなたの指導者だったとしたら・・・。

教え方がわからないから怒っているのでしょう。

教える側が何か悩みを抱えている

教える側が何か悩みを抱えていて怒っているということもかなりあります。

家庭で何かあった。

嫌なことがあって期限が悪い。

ただ、ムシャクシャしている。

ジャイアンみたいですね。

触らぬ神に祟りなしです。

そおっと遠くに離れましょう。

覚えが悪いとか、できが悪いという理由で怒られることはあってはいけないことです。

だから、気にしなくて大丈夫です。

でも、叱られたことに対してはしっかりと反省して二度と起こさないように気を付けましょう。

新人薬剤師が怒られない・叱られないためにすること

新人薬剤師が怒られない・叱られないためにどうすればよいか。

教わったことをとにかく復習することと、悪い情報は早く伝えること。

初めのうちはこの2点をしっかり守っておくだけで怒られることは減るはずです。

一度教わったらノートにまとめるなどしてしっかり理解しましょう。

頭に入っているだけではだめです。

同じ状況に遭遇したら前回のことを思い出して同じように動けるようにしておくことが大切です。

それでもよく怒られるのだとすれば、変な言葉遣いをしてはいないでしょうか?

上司からの指示に対して「了解です」は完全にアウトです。

「了解しました」でもアウトです。

同僚ならまだしも、目上の人に対しては絶対だめ。

「わかりました」で及第点。

「承知しました、かしこまりました。」が正解です。

他にも注意すべき言葉遣いはたくさんありますので気を付けましょう。

1年目で転職しても大丈夫

怒られすぎて心身に異常をきたしているのであれば早めの休息が必要です。

絶対に無理をしてはいけません。

おかしい先輩や上司ばかりだったら異動を申し出ても良いし、転職したっていいのです。

新卒のあなたを雇ってくれる薬局はたくさんあります。

心身共に疲弊しているときの転職活動は冷静な判断ができないことも。

転職サイトに登録してアドバイスをもらいましょう。

まとめ

  1. 怒られているのか叱られているのかを区別しましょう。
  2. 怒られているのであれば聞いているふりを、叱られているのであれば全力でメモを取って理解しましょう。
  3. 怒られない・叱られないようにするには、復習することと悪い情報はすぐに伝えることです。
  4. 1年目でも転職して良いという事は理解しておく

怒られたり叱られたりで最初はストレスが溜まると思います。

でも大丈夫。

みんな似たような道を通ってきています。

ただ、心身共に疲れてしまう、心を折ってくるような職場からは一刻も早く去るべきなのは間違いありません。

ハッキリ言って、そんな職場で頑張る必要無いですね。

あなたがもっと輝ける職場がありますよ。